Contents

毎日に溶け込むようなリラックスして着られるブランド

――今回のTGCもオンラインでの開催になりましたが、有観客と見せ方は変えていますか?

藤田 お客さんがいるときは、行きはかっこよく、帰りはファンサをするのが鉄板でした。オンラインだとカメラの向こう側にお客さんがいるので、ずーっとカメラを見るようにしています。

――オンラインならではの良さはありますか?

藤田 今回バーチャルTGCというのをやっていて、バーチャル上で自分のアバターを作って、お客さんがアバターを操ってTGCの会場を見に行けるっていうのは、オンライン開催を重ねたこそのアイデアだと思います。

――様々なファッションショーがある中で、TGCが特別だなと思うところはありますか?

藤田 ちゃんとファッションを見せられる場だと思います。他にも人気者たちが出るショーはあるけど、TGCはファッションを軸にしていて。その時々の流行りを伝えられるのも楽しいし、今回は自分がディレクションしている新ブランド「CALNAMUR(カルナムール)もショーに参加したので嬉しかったです。シンプルにお洋服を見せられる場があるのはいいですよね。

――過去にニコルさんは「NiCORON(ニコロン)」というブランドをやっていましたが、「カルナムール」との大きな違いは何でしょうか。

藤田 「ニコロン」は19歳のときに作ったブランドで、そのときの好きと今の好きは変化しているし、女の子にとって10代と20代の境目って好きなものもががらっと変わります。「カルナムール」は今作りたいものを作るっていうコンセプトです。20代になって、ちょっと大人っぽくシンプルなものだったり、素材感が良かったり、そういうものを気にし始めたので、それを作ろうっていう感じでやっています。

――着用された「カルナムール」の洋服のポイントを教えてください。

藤田 裏地までこだわりたかったので、裏地にもしっかり柄があって、わりとリラックスして着られるのがポイントです。今日のショーの服は全て私が選んだんですけど、他のモデルさんが着ていた服も同じテーマです。無理にオシャレをするというよりは、毎日に溶け込むような、リラックスして着られるお洋服を心がけています。

――おうち時間が推奨されている今の時代にぴったりですね。今回は3ブランドのショーに出演しましたが、ブランドごとに意識って変わるものですか?

藤田 お洋服に合わせてテイストを変えます。毎回TGCはいろんな自分に出会わせてくれるので、すごく楽しいです。見た人から反響があったときに、こういうのが好きって言われるんだとか気づけたりもするので、新しい発見ができる場です。たとえば普段は甘い格好をしないのに、甘いブランドだから甘い自分に寄せていったら、すごくバズったりして。何がバズるかわからないから、そこも毎回楽しみにしています。

――この秋冬でニコルさんが挑戦したいファッションは?

藤田 冬になると暖かみのある色を着がちですけど、今年はあえて寒い色がいいかなと。水色みたいにパステル味のあるお洋服がすごく気になってます。と言いながら、今はめっちゃ深い色を着てるけど(笑)。「冬なのに寒そうだね」って言われるような色の服を着たいです。

――おススメのアイテムはありますか?

藤田 毎年、冬は一緒ですけどニットをたくさん着たいですし、今年はレザーパンツなどを合わせて素材感を見せていきたいです。

――冬服は体のラインを見せにくいコーディネートになりがちですけど、細く見せるコツみたいなのはありますか。

藤田 デカ目のコートの下にピタっとしたニットワンピースなど、メリハリをつけるとスタイルが良く見えると思います。コートを脱いだときにギャップがあるというか。今日私が着ているロングコートやモコモコしたコートの中に、ピタピタのワンピースでギャップ見せみたいなのは、よりスタイルが良く見えます。

根本的なものは何も変わってない

――先ほど10代から20代で自然とブランドのコンセプトも変化したと仰っていましたが、モデルとしての意識の変化はありますか?

藤田 根本的なものは何も変わってないです。年齢を重ねたら、みんな成長しますよね。それだけかな。軸は全然変わってないし、モデルとしてもそうだし、芸能界での立ち位置もそうです。

――バラエティとモデルで変えている部分はありますか?

藤田 特にないです。モデルのお仕事は基本的に喋らないですけど、それがバラエティでは喋っているだけの違いです。変に媚びることもなければ、面白いことを頑張って言おうみたいな意識もなく、常に素の感じでいます。

――飾らない素の自分のままで、ずっとバラエティの第一線でやられているのもすごいことです。

藤田 自分でも不思議ですね。バラエティに出始めた頃は、「2年くらいかな」と思ってたので、まだ呼ばれるのはありがたいです。

――自然体だからこそ続けられるという面もありますか?

藤田 そうですね。「頑張ってる!」ってよりかは、いつも自然体でいたい。

――お仕事で新しく挑戦されたいことはありますか?

藤田 車の免許を4月に取ったので、車に関するお仕事をやりたいです。あと、字が汚いから字の練習するとか、また新しい何かを習得したいです。車の免許も番組の企画で取ったんですけど、忙しい中でも何かを習得したいっていう気持ちが強いです。同じ仕事ばっかりしてたらファンの子たちもツマらないと思うので、新しく提供できるものを常に探してます。

――「W online」読者には、将来の進路に検討しているティーンも多いので、メッセージをお願いします。

藤田 私は自分がやりたいことを突き通して、全部やりたいことを叶えていくスタイルの人間なので、迷ったときも誰にも相談しなかったです。だって迷ってる時点で、もうやりたい訳じゃないですか。そんな自分を信じてあげたほうが、目標への近道な気がします。悩んでいる時間がもったいないし、まだまだティーンは時間があるんだから動いた方が絶対にいい。それで失敗するかもしれないけど、やってみなきゃわからないので、まずは動くことですね。

藤田ニコル

モデル

1998年2月20日生まれ。ニュージーランド出身。2009年、「第13回ニコラモデルオーディション」グランプリ。『nicola』(2009年~2014年)専属モデル。『Popteen』(2014年~2017年)専属モデル。『ViVi』(2017年~)専属モデル。レギュラーに『藤田ニコルのあしたはにちようび』(TBSラジオ)、『ヒルナンデス!』(日本テレビ)など。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Takahiro Iguchi