Contents

吉沢亮さんが2年ぶりにTGCのステージにカムバック

「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに開催されている史上最大級のファッションフェスタ「東京ガールズコレクション(TGC)」。今回の「マイナビ TGC 2021 A/W」は、TGCの世界観を3Dバーチャル空間に再現した「バーチャルTGC」という、好みのアバターになりステージエリアとブースエリアを行き来し、リアクション機能による出演者へのレスポンスや、アフタートークといった限定イベントへの参加ができるVR空間アプリの導入など、新たなエンタメ文化・ガールズ文化を提案している。

今季のトレンドとして「アタラシイ日常着~ニューリアリティ~」を提案。コロナ禍でファッションの在り方が多様化している今、トレンドも「自分らしく」を軸にしたニューリアリティへと変化しており、日常を“イベントごと”化して、自分らしく演出をしていくというものだ。

オープニングを彩ったのは、リアルな映像と照明演出×最新XR技術を活用したスペクタクルショー。今回のTGCを象徴するクリスタル⼥性像を3DCGで再現し、出演者の映像とともにダイナミックに演出。光を表現した美しいCGと会場の照明とが連動し、疾⾛感と没⼊感あふれる実際の映像と、そのカメラワークに合わせたリアルタイム3DCGが⼀体となった最先端のステージングとなった。

きらびやかな幕開けに続くのは、名だたるファッション媒体で活躍するスタイリストの倉田強氏が表現する「TGCCOLLECTION」。中条あやみさんから、⼭﨑天(櫻坂46)さん、三吉彩花さんたち8人がウォーキング。モノクロを基調とした装いで世界観を体現する姿はクールそのもので、これから始まるショーへの期待値を高めていく。

オープニングステージでは、前回と同様にMCを務めるEXITのりんたろー。さんと兼近大樹さん、鷲見玲奈さんの3人が登場。オープニング映像の振り返りや参加型SNS企画の紹介を交えたトークの後、新型コロナウイルスワクチン接種担当大臣である河野太郎氏からのビデオレターを公開。コロナウイルスワクチンの副作用の説明に加え、若者の接種の必要性を訴えた。

そして恒例の点灯式には、吉沢亮さんが2年ぶりにTGCのステージにカムバック。吉沢さんの「第33回 マイナビ TGC―!」という宣言に合わせて、会場が最新のXR技術でブルー一色に包まれると、兼近さんは「これも綺麗ですけど、横にいる吉沢亮がより綺麗!」「みなさんと違う景色見れてます!」と声を上げた。

EXITが最新XR技術で新曲『SUPER STAR』をパフォーマンス

新川優愛さんやトラウデン直美さん、福原遥さん、⼭下美⽉(乃⽊坂46)さんたちがモデルを務めた「TGCサステナSTAGE」では、“脱炭素”をテーマにRe:EDITとEnter the Eが参画し、スタイリスト・沢⽥結⾐氏によるスタイリングショーでサステナブルファッションを提案。ペットボトルやプラスチックをリサイクルした素材や再⽣ポリエステル、オーガニックコットンを使⽤したアイテムを披露した。新川さんはトークコーナーで、「みんながファッションを楽しみながら環境について考えられることは素敵なことだし、どんどん広まってほしい」と語り、りんたろー。さんも「ファッションでも背景を知ることは大事」「新川さんたちのような発信力のある人が可愛く着てくれることで、そういう意識も広まる」とうなづいた。

リアルとバーチャルを融合させたバーチャルスタジオには、TGCオフィシャルサポーターの広海さんと深海さんが、ファーストフェイスを務めた中条さんをはじめ、ランウェイを歩いたばかりのモデルとインタビューを交えたトークを展開。SNSで届いたコメントを紹介するなど、視聴者と距離感の近い掛け合いで盛り上げる。

媚びない強さとしなやかな⼥性らしさが共存し、バランス感のある着こなしにこだわった新しいカジュアルスタイルを提案する「LAGUA GEM」のステージには、みちょぱこと池田美優さんや、齋藤⾶⿃(乃⽊坂46)さん、加藤ナナさんなど8人が登場。遊び心のある、堅くなりすぎない“FORMAL STYLE”は着飾ったモデルたちの魅力を存分に引き出していた。

「CALNAMUR」のステージは、ブランドをディレクションしている藤田ニコルさんが大きなカバンを開くという遊び心のある演出からスタート。ウォーキングする紺野彩夏さんやマギーさんたちの、どこか可愛くてセクシーでありながら、着こなしやすいスタイリングは、ディレクターのニコルさんの提案したいリアルが反映されているようだった。

「マイナビ×EXIT SPECIAL PERFORMANCE STAGE」は、7月にアーティストデビューを果たしたEXITの二人が、白いTシャツに短パンという装いで新曲『SUPER STAR』を全力で披露。さらに、最新XR技術であるボリュメトリックキャプチャによりEXITの分身がランウェイ上に現れるなど、TGCならではの演出で曲名通りスーパースターのパフォーマンスで、全体の空気を一段階上へと引き上げる。

アバターによる世界初のメタバースファッションショー

女性目線のストレートな歌詞が10~20代を中心に支持を得ているシンガーソングライター・もさを。さんによるライブは、代表曲の『ぎゅっと。』と新曲『恋色』を披露。顔を出さず、アコースティックギターの手元だけを映す演出ながら、聴くものに寄り添うような温もりのある声でしっとりと歌い上げた。

吉川愛さんや井上咲楽さん、福⼠リナさんたちモデルと、国内No.1のアバター着せ替えアプリ「ポケコロ」のアバターによる世界初のメタバースファッションショーとなった「TGC METAVERSE COLLECTION co-produced by “cocone” STAGE」。モデルとアバターがANNA SUIやKEITA MARUYAMAのブランドの服を着てランウェイで共演するという試みで、福士さんは「世界的にも様々なブランドがアバターファッションに参加して流行っているので、ショーに出られて光栄です」とコメントした。

すでに開催が決定している令和時代のスター発掘オーディションプロジェクト「DUO presents TGC AUDITION 2022powered by 17LIVE STAGE」には、昨年開催された「DUO presents TGC AUDITION 2021」のグランプリに輝いた寺島季咲さんと、準グランプリの千葉紀佳さんが登場。二人ともTGC初舞台の緊張を感じさせず、堂々とした足取りでランウェイを闊歩。トークにて今後のことについて聞かれると、寺島さんは「鷲見さんのようなTGCのMCを務められるような大女優を目指します!」と意気込む。鷲見さんも「私も負けないように45歳くらいまで頑張ります」と応えた。また、ゲストの田鍋梨々花さんもオーディション参加を検討している人に向けて、「エントリーすることが夢に近づく大きな一歩になると思うので、ぜひ勇気を出して頑張ってください」とエールを送った。

「TGC公式メディア「girlswalker」STAGE」では、テレビ朝⽇×ABEMA共同制作のホラードラマ『⾔霊荘」に出演するキャストによるスペシャルコラボステージが展開。独特のホラーテイストな演出の中、主演の西野七瀬さんをはじめ、この場で解禁となった追加キャストの三吉彩花さん、中村ゆりかさん、堀田真由さん、森田望智さん、石井杏奈さん、内田理央さんたち豪華な面々が勢ぞろい。作品紹介を交えたトークの後、テレ朝ドラマ初主演となる西野さんは「怖いものが好きな方はもちろん、苦手な方はお昼に観てもらってもいいので、ぜひ楽しんでもらえる作品を頑張って作っていきたいと思います」と語った。

Denim・Standard・Vintage・Cultureという4つのキーワードで、人それぞれの「芯」を際立たせることがコンセプトの「MOUSSY」のステージでは、茅島みずきさん、安藤ニコさんたちが登場。XR技術によって表現された神秘的な森の舞台と、自分らしさを纏ったようなスタイリングの融合は、観る者のイマジネーションをかきたてるにふさわしい空間を生み出していた。

Creepy NutsがTGCで圧倒的存在感を見せつける

「SDGs TALK STAGE」は、トラウデン直美さんをゲストに呼び、世界で注目され、TGCも新たなトレンドとして推進している「SDGs(Sustainable Development Goals=持続可能な開発目標)」に関するトークを展開。ここでは環境省の「つなげよう、⽀えよう森⾥川海」プロジェクトとのコラボレーションとして「#わたしになるごはん」をテーマに、野菜ソムリエの中島早貴さんがバックステージのケータリング現場からレポート。Kayu Package(カユーパッケージ)という木製容器の使用など、地球にも身体にも配慮している様子を伝えた。

「DHL STAGE」は、「ポジティブファッション」をテーマにしたジェンダーレスとボーダーレス、そしてサスティナビリティをファッションと融合させたプログラムのステージとなっており、若⽉佑美さん、ロイさん、ブリッジマン遊七さん、よしあきさん、ミチさんが、XR演出で両サイドにDHLロゴが浮かび上がったランウェイを彩った。

New Classical & Rough Beautyをコンセプトに芯の強さと、柔らかな柔軟性を兼ね備えた⾃然体の美しさを表現した「Re:EDIT」のステージには渡邉理佐(櫻坂46)さんや、TGC初出演の志田彩良さんが登場。志田さんはトークにて「(TGCは)実際に会場で観させていただいたこともあったので、自分が歩いている感覚がとても不思議だったんですけど、楽しかったです」と感慨深そうに語った。

年齢にとらわれない、アクティブな⼥性のためのブランド「lanan」のステージでは、ABEMAの最新オリジナルドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』に出演する俳優の野村周平さんがシークレットゲストとして、共演の藤井夏恋さんと登場。野村さんはブラウン、藤井さんはパープルのジャケット姿で、ランウェイのトップでは二人そろって笑顔をみせた。

きちんと感と華やかさを兼ね備え、トレンドを程よく取り⼊れたスタイルの「M.deux」のステージではMCの鷲⾒さんが初めてファッションモデルとしてランウェイを歩き、エレガンスとカジュアルをMIXしたスタイリングで、終始笑顔を絶やさずステージを後にした。

Creepy Nutsによるスペシャルショーでは、DJ松永さんがNAGAOKAのレコード針を使ったパフォーマンスで圧巻のテクニックを披露すると、R-指定さんは『かつて天才だった俺たちへ』『のびしろ』など人気曲を畳みかけるようにシャウト。ヒップホップ界で進撃を続ける彼らが、TGCでも圧倒的存在感を見せつけた。

ファッションとエンタメの未来を見据えたアタラシイTGC

「TGC SPECIAL COLLECTION 2」は、洋服のみならず、国内外で幅広く活動をしている⻑瀬哲朗氏がスタイリング。歌手のNOAさんやヴァサイェガ渉(少年忍者/ジャニーズJr.)さんたち16人が、アップデートされたクラシックかつファンキーなブラックファッションで、ランウェイに輝きを放つ。

ストリートシーンから様々な要素を取り込んだ、”REAL GIRLʼS CLOTHING”を掲げる「X-girl」のステージでは、⽣⾒愛瑠さん、鈴⽊愛理さんなどが90年代をベースに、メンズライクとガーリーがミックスされたスタイルで、その魅力をアピールした。

今年春から新チーム体制となったブランド「rienda」のステージは、ダンサーやモデルとして活躍中の楓さんをはじめ、櫻坂46の渡辺梨加さんや⼟⽣瑞穂さんたちが「couleur」という、riendaらしい多様な色を楽しめる今シーズンのコレクションを見事に表現。

アニメ化もされた⼤⼈気漫画『GALS!!』とTVアニメ『PUI PUI モルカー』とのコラボレーションステージとなった「FANDOM8 STAGE」。大好き×ファッションを盛り上げていくという「FANDOM8」のブランドコンセプトらしさが詰まったアイテムの数々は、可愛らしさ満載。また、ランウェイにはゆうちゃみ(古川優奈)さんや、久間⽥琳加さんたちと一緒に『モルカー』の人気キャラクター・ポテトが登場し、視聴者と出演者に癒しを振りまいた。

メンバーの新型コロナウイルス感染により活動休止していた楽器を持たないパンクバンド”BiSH”が活動再開後初のステージ。ブランクを感じさせないアイナ・ジ・エンドの力強い歌声をはじめ、全身全霊のステージングで『プロミスザスター』『BiSH-星が瞬く夜に-』を熱唱し、最高潮の盛り上がりを構築した。

終盤の「TGC SPECIAL STAGE」には、Snow Manのラウールさんが登場し、ジャケットからショートブーツまで全身に黒を纏ったスタイリングで、自身が振り付けた踊りを披露。しなやかに伸びた手足を生かした、静と動が絡み合うようなキレのあるパフォーマンスでTGCを自分の世界観に染め上げ、その卓越した表現力と圧倒的なカリスマ性を見せつけた。

アーティストライブのトリを飾ったLittle Glee Monsterは、開放的なハモリが重なるミディアムナンバー『VIVA』や、全編英語歌詞の『Waves』のほか、ヒット曲である『世界はあなたに笑いかけている』と、タイプの違う三曲を歌い上げる。五人の透き通るような歌声が紡ぎだす唯一無二ハーモニーが会場全体を心地よく包み込み、アーティストライブを華々しく締めくくった。

ダイナミックに進化を遂げたリアルとバーチャルの融合で、新境地を切り開いた今回のTGC。テーマに掲げていた「アタラシイTGC」の通り、これからのファッションとエンタメの可能性を提案する形となった。2022年開催予定の「マイナビ TGC 2022 S/S」についても、更なる進化が期待される。

Information

第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER
開催:2021年9月4日
主催:東京ガールズコレクション実行委員会
後援:環境省、観光庁、東京都、さいたま市、国連の友 Asia-Pacific
特別協力:beyond2020プログラム
協力:株式会社IMAGICA EEX
企画・制作:株式会社W TOKYO

公式サイト

公式YouTube

公式Instagram

公式Twitter