Contents

うどんの魅力を届ける新しいグルメドラマ

9月7日からMBS/TBSドラマイズム内で放送が始まったオリジナルドラマ『トーキョー製麺所』。

トラブル続きでピンチに陥っていたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」。そこにポマードヘアーに蝶ネクタイ、元ホテルマンという風変わりな新店長・赤松(吉野北人)がやってくるところから物語が始まる。

「一通り仕事の内容は覚えてきた」と胸を張る赤松だが、ホテルマンならではの丁寧すぎる接客で仕事にならない。

バイトリーダーとしてお店を切り盛りしていかなければならない青井(栁俊太郎)は苛立ちを隠せずにいる。パートの黄本(江上敬子)、学生バイトの緑川(奥野壮)と桃田(秋田汐梨)たちも、赤松の尻拭いをさせられるかのように新たな仕事を押し付けられてしまう。

それでも赤松は意に介さず、自らの感性と直感に従って、唐突に新メニューを提案。

「早い・安い・美味い」とシステマティックにうどんを提供していくチェーン店が舞台だが、「うどんで日常を豊かにできる」という信念から、従来の枠にとらわれない型破りのサービスを次々と行っていく赤松。

そんな赤松にバイトリーダーの青井をはじめ、緑川、桃田、黄本は終始振り回されっぱなし。果たしてこのお店に平和は訪れるのか――?

讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」全面協力のもと、実際の店舗を借り切って撮影が行われたので、「トーキョー製麺所」の店内は臨場感たっぷり。

うどんという身近な食べ物を題材に、個性的な5人の主人公たちのやり取りが時にコミカルに、時にシリアスに描かれていく。ちょっと笑えて、最後に心に響いて、さらに深夜の時間帯にシズル感溢れるうどんで「飯テロ」まで誘う、まったく新しいグルメドラマだ。

地上波連続ドラマ初主演の吉野北人が胸の内を告白

完成披露トークイベントには主演の吉野北人を始め、栁俊太郎、奥野壮、秋田汐梨、江上敬子が、実際に撮影で使用した「トーキョー製麺所」の制服姿で登壇。

物語の中心人物となる赤松店長を演じる吉野は本作が地上波連続ドラマ初主演で、「赤松は癖のあるキャラクターで、最初はどのように演じていいのかという不安や葛藤がありました」と胸の内を明かすも、「けれど、演じていくうちに赤松に対してリスペクトする部分が出てきて、楽しめて芝居をすることができたと思います。何より赤松は今まで自分が演じてこなかった人物で、自分の幅を広げてくれたと思います」と笑顔を見せた。

第1話の時点では赤松に対して、苛立ちや不信感を抱く青井、緑川、桃田、黄本の4人だが、ステージ上に登壇した彼らは終始笑顔を見せて舞台裏での仲の良さを感じさせた。

バイトリーダーで「トーキョー製麺所」の大黒柱的存在である青井を演じる栁俊太郎は、「実際に第1話では店長に対してすごく怒っていましたけど、夢を追いかけている中で単純に生活費を稼ぐためにバイトをしていたらリーダーになっていたというだけで、実はそんなにちゃんとした人物ではないんです」と、キャラクターの背景を明かす。

そして、「そこに変な店長がきて、そういった中で青井は店長と向き合いながら店を直していく役柄で、実際の現場でも皆さんに支えられて楽しく演じることができました」と、共演者たちに感謝を述べた。

元ヤンキーで関西弁を話すヤンチャな緑川を演じる奥野壮は、「もともと関西出身の人間なので、関西弁というところではそのままの自分を出していきました」と語るが、「緑川は絶妙に抜けているところがあって、素の自分は『違うだろ』と本心で思っているんだけど、本気で抜けている人物だと見せなきゃいけないと、常に意識しました」と、役作りにおいて難しかったところを挙げる。

秋田汐梨は緑川と同じバイトの桃田役だが、今まで実生活でアルバイトの経験がなかったため、「桃田はレジ打ち担当なので、お金を数えるところなどはすごく練習して『慣れていますよ』感を出していきました」と、忙しい職場に慣れているふうに見せるために苦労したという。

また、桃田はどちらかというとツッコミ側だが「普段の私は人にツッコまれやすいタイプなんです」と秋田。そして「実際に私からツッコミを入れることはあまりないので、ドラマではツッコミを入れるトーンが難しくて、地声で演じるよう努力しました」と語った。

今回連続ドラマ初出演であり、普段は芸人として活躍するニッチェの江上敬子は、「私だけが本業は俳優ではないので、今日はみんなの緊張をほぐせたらいいなと思います」と前置きして会場を盛り上げた。

江上が演じる黄本はバツイチ、子持ちという役柄で、「私、実生活でも結婚して子どももいるので、バツイチ以外はすんなり受け入れられて、実生活の江上と演じる黄本の境目があるような、ないような感じで参加させていただきました」と語り、他のキャストたちより年が一回り上ということもあって、「舞台裏でも『ちょっと秋田ちゃん、ご飯の前にラムネ食べ過ぎじゃない?』と、つい声をかけてしまった」という。

秋田は笑顔で「私、ラムネが大好きで、いろんな種類のラムネを持っているんですよ」と相槌を打ち、江上が舞台裏でもみんなのお母さん的な存在だったことを伺わせる。

「みんなから『うるさいな』と思われていなければいいな」と心配する江上に、吉野は「いや、本当に江上さんには僕も初めての主演で不安も大きかったんですけど、江上さんが現場を明るくして盛り上げてくださったので、本当に感謝しています」と感謝の言葉を送る。

その言葉に江上は笑顔を見せながらも、「記者の皆さん、そこはちゃんと書いてくださいね」と笑いを誘った。

うどんにちなんだトークで会場のボルテージは上がりっぱなし

話題は撮影現場でのエピソードに移り、さらに弾んだトークで会場のボルテージを上げていった。

宮崎県出身で柔らかい九州うどんに慣れ親しんだ吉野は、「今回、丸亀製麺さんのお店で撮影させていただいて、休憩時間に丸亀製麺さんの釜玉うどんを初めて食べる機会があったんですけど、コシがあるうどんで本当に美味しくて、丸亀製麺さんの魅力を改めて実感しました」と笑顔を見せた。

江上は「本当に目をキラキラ輝かせて『これが釜玉か!』という感じで、すごく感動してましたよね」と、その時の吉野の様子を振り返る。

現場ではうどんがお腹いっぱい食べられるとばかり思っていたという秋田だが、「実際に現場に入ると私たちの役は作る側なので、エキストラの方々がうどんを美味しそうに食べている姿を、『お腹すいたね』とか言いながら羨ましく眺めていました」と思惑が外れたことを明かした。

司会者から「自分が店長になったつもりでオリジナルうどんを考えてください」というお題がキャストたちに振られると、吉野は宮崎県の郷土料理にちなんで「チキン南蛮ぶっかけうどん」を提案。

柳は「実在するメニューからオススメを選んでしまった」と笑いながら「釜玉うどん&天ぷら」と書いたフリップを見せて、周りから「全然オリジナルじゃないじゃん!」とツッコミを受ける。

油そばにハマっているという奥野は「油うどん」、秋田は中華料理が大好きで餃子や春巻き、さらにエビチリをトッピングした「中華うどん」、大食いを見るのが好きだという江上は大胆にも「6kgうどん」と、聞いているだけでよだれが出てきそうなオリジナルメニューが続々と発表されていった。

またアニメっぽく描かれたキャストたちのイラストが入ったアクリルキーホルダーをはじめ、ポスターカードやクリアファイル、オリジナルTシャツなどの番組オリジナルグッズが発売されることがアナウンスされた。

どれもカラフルでポップな可愛らしく、それでいて日常に違和感なく溶け込んだデザインでキャストたちからも好評。江上も「特にTシャツが可愛いですね。街でこのTシャツを着ている方に気づいたら、絶対に声をかけるという約束をしましょうか」と大胆にも提案。番組への関心をさらに高めるアイデアで会場を湧かせる。

イベントの最後に改めてドラマの見どころを聞かれると、吉野はキャストを代表して「オープニングで、みんなでダンスを踊っているんですけど、MVみたいな感じに仕上がってクオリティが高いです」とアピール。

「ちょっと笑えるコミカルなシーンを随所に挟みつつ、胸を突くようなドラマがこれからどんどん展開されていくので、本当に楽しんで観ていただければと思います」と、熱い口調でイベントを見事に締めた。

今までになかった新しいタイプのグルメドラマで、個性あふれる5人の主人公たちが織り成す青春群像劇は最終的にどのような結末を迎えるのか。ぜひうどんを用意して視聴しよう。

Information

『トーキョー製麺所』
MBS 毎週火曜 24:59~/ TBS 毎週火曜 25:28~

出演:吉野北人 栁俊太郎 奥野壮 秋田汐梨 江上敬子
監督:近藤啓介(「直ちゃんは小学生」ほか)/脚本:宮本武史、下亜友美
オープニング主題歌:GOOD ON THE REEL「SUNRISE」(lawl Records)
エンディング主題歌:THE RAMPAGE from EXILE TRIBE「OFF THE WALL」(rhythm zone)
制作プロダクション:ROBOT
製作:「トーキョー製麺所」製作委員会・MBS
配信:TVer、MBS動画イズム 見逃し配信1週間あり

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

公式TikTok