うどんの魅力を届ける新しいグルメドラマ

9月7日からMBS/TBSドラマイズム内で放送が始まったオリジナルドラマ『トーキョー製麺所』。

トラブル続きでピンチに陥っていたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」。そこにポマードヘアーに蝶ネクタイ、元ホテルマンという風変わりな新店長・赤松(吉野北人)がやってくるところから物語が始まる。

「一通り仕事の内容は覚えてきた」と胸を張る赤松だが、ホテルマンならではの丁寧すぎる接客で仕事にならない。

バイトリーダーとしてお店を切り盛りしていかなければならない青井(栁俊太郎)は苛立ちを隠せずにいる。パートの黄本(江上敬子)、学生バイトの緑川(奥野壮)と桃田(秋田汐梨)たちも、赤松の尻拭いをさせられるかのように新たな仕事を押し付けられてしまう。

それでも赤松は意に介さず、自らの感性と直感に従って、唐突に新メニューを提案。

「早い・安い・美味い」とシステマティックにうどんを提供していくチェーン店が舞台だが、「うどんで日常を豊かにできる」という信念から、従来の枠にとらわれない型破りのサービスを次々と行っていく赤松。

そんな赤松にバイトリーダーの青井をはじめ、緑川、桃田、黄本は終始振り回されっぱなし。果たしてこのお店に平和は訪れるのか――?

讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」全面協力のもと、実際の店舗を借り切って撮影が行われたので、「トーキョー製麺所」の店内は臨場感たっぷり。

うどんという身近な食べ物を題材に、個性的な5人の主人公たちのやり取りが時にコミカルに、時にシリアスに描かれていく。ちょっと笑えて、最後に心に響いて、さらに深夜の時間帯にシズル感溢れるうどんで「飯テロ」まで誘う、まったく新しいグルメドラマだ。