Contents

4年間の集大成として卒業制作でドキュメンタリーを撮る

――長瀬監督は、どういう経緯で東京藝術大学先端芸術表現科に入られたのでしょうか。

長瀬 もともと美術系の高校に通っていて、「進学をどうするか」と考えたときに、映像学科があるムサビ(武蔵野美術大学)に行きたいなと思ったんです。ただ高校には映像学科がなくて、映像に興味があっても具体的にどうしたらいいか分からなかったので、結局受験はしなかったんです。それで、もう一つの志望校だった東京藝術大学に2浪して入りました。

――どうして東京藝術大学を選ばれたんですか?

長瀬 通っていた高校は、絵画、彫刻、デザインといった、本当に「美術」って感じのところを目指す人が多かったんです。ところが、たまたま東京藝術大学を卒業した先生が来て、そういう道もあるんだと思って選びました。

――実際に映像に関わるようになったのは何年生のときですか?

長瀬 大学2年のときです。私の学科は、あるテーマを与えられて作品を作るのがメインなんですが、表現方法に決まりはなくて、初めて映像作品を撮影してみたら自分の考えと表現がしっくりきて、もっと撮ってみたいと思いました。

――もともと映画は好きだったんですか?

長瀬 映画は好きですが詳しくはないです。大学の友人にそう言ったら、「別に詳しくなくても好きって言っていいじゃん!」と言ってくれたんです。

――卒業制作で今回の『酔いどれ東京ダンスミュージック』を撮られたということですが、それまでドキュメンタリー映画に接することはあったんですか?

長瀬 ドキュメンタリーには良いイメージがなくて、あまり興味はなかったです。どうしても撮影対象の一部しか見られないので、そうすると出演者の意図してない部分がきっと出てくる。もちろん作品は監督のものですから、それで構わないんですが、「これでいいのかな」って思ってしまうようなドキュメンタリーにしか触れてこなかったので。選り好みせずいろいろ見ればよかったなとは思っています。

――『酔いどれ東京ダンスミュージック』の主人公、大槻泰永さんと出会うまではドキュメンタリーを撮ろうと考えたことはなかったんですか?

長瀬 そうですね。フィクションを撮りたかったんですけど、撮影を手伝ってもらう友達がいなかったんですよ(笑)。自分だけで撮れる作品と考えたときに、モノローグで、一人で作れる範囲の短編映画を3本ほど撮っていました。でも卒業制作は4年間の集大成なので、それまでとは違ったものを撮りたい。それでフィクションを撮ろうかなと思っていたんですけど、たまたま大槻さんと出会って、この人は面白いし、ドキュメンタリーを撮ってみようと思って声をかけました。

――どういうきっかけで大槻さんと知り合ったんですか?

長瀬 大学3年生のとき、大槻さんが主催してるライブに足を運んだんです。ゲストで「たま」の知久寿焼さんが出ていらっしゃって、知久さんのファンだったので見に行ったんです。そしたら、大槻さんのライブが酔っていてうろ覚えだったのですが印象に残っていて。そのときは、それで終わったんですけど、その1か月後ぐらいに、たまたま最寄り駅で大槻さんを見かけたんです。私は酔っぱらっていて、その勢いで大槻さんに声をかけて、「ライブ行きました」と伝えたのをきっかけに意気投合しました。

――出会いもタイトル通り、お酒が絡んでいたんですね(笑)。大槻さんを主人公にドキュメンタリーを撮ることになったきっかけは?

長瀬 ある日、大槻さんから連絡をもらって、酔っぱらってない大槻さんと初めてお話したときに、酔っ払ってない方が面白かったんです(笑)。飲んでるときと飲んでないときで、全然違う感じの人で、シラフの大槻さんに興味を持ったんです。それまでは大槻さんの歌の魅力って、酔っぱらって「わー!」ってなって、ぐちゃぐちゃした感じが面白いと思っていたんです。でも本当はそうじゃなくて、もともと大槻さんが持っている人生観のようなものが根底にあるからいいんだと気づきました。酔ってないと謙虚だしシャイなんですけど、冷めてるわけじゃないのに、妙に淡々としているところも良くて、撮りたいなと思ったんです。

――なかなか若くて、大槻さんのように肩の力が抜けた人っていないですよね。

長瀬 そうですね。それまで私が生きてきた世界は、競争心が強くて、他人に認められてないとダメみたいな部分を少なからず持っている人が多かったんです。学校の先生などに対しても、息苦しいなと感じることもありました。それが当たり前だと思っていたんですけど、大槻さんは「ああ、このままでもいいんだな」と思わせてくれたんです。

ドキュメンタリーは大変なのでこりごり

――結末の分からないドキュメンタリーですが、卒業制作なので提出期限もあります。それに間に合わせるための段取りなどはあったのでしょうか?

長瀬 本当に何もなくて、「とりあえず回してみよう」だったので、大槻さんにも心配されたくらいです。

――撮影はどのくらいかかりましたか?

長瀬 大学4年生の5月ぐらいに撮影を始めて、提出期限ぎりぎりの12月までカメラを回していたので、半年以上ですね。

――ドキュメンタリーにあまりいいイメージなかったということですが、主観を入れずに客観的にカメラを回そうなど、気をつけた部分はありますか?

長瀬 あまり意識はしてなかったんですけど、大槻さんが気を遣って、いろいろ話しかけてくれて、「ここ撮って!」とか言ってくれたので、ずっとカメラを回しながら大槻さんの近くを歩いているような感じでした。

――先ほどお話に出た知久寿焼さんや、曽我部恵一さんなど、長いキャリアを誇るミュージシャンが多数出てきますが、その中に入っていくのは緊張しませんでしたか?

長瀬 あんまりなかったかもしれないです。もちろん会う前に大槻さんから「明日誰々さんがゲストで来るから」と聞いて、そのときは緊張するんですけど、会ってみると普通に話してくれるので緊張はしなかったです。

――知らない人とコミュニケーションを取るのは得意なほうですか?

長瀬 基本的に人と接するのは苦手です。でも大槻さんの人柄が大きくて、自然と私も輪に入って行けたのかもしれません。普段はできるだけ知らない人と話したくないので、大槻さんがいなかったらうまくコミュニケーションをとれなかったかもしれないです。

――撮影した素材を編集する上で意識したことはありますか?

長瀬 最初に編集した時点では20分ぐらいの尺で、ただ大槻さんが酔って歌って、ライブ映像を繋げただけの取り留めのないものだったんです。それを観た大槻さんから、「それで大丈夫なの?」と言われたので、改めて撮った素材を見直すうちに、1つテーマを決めようと。大槻さんの「酔いどれ東京ダンスミュージック」という楽曲を軸に構成しようと考えました。

――最終的な尺は57分ですが、そのうち大槻さんがお酒を飲んでない時間はどのくらいなんですか。

長瀬 ほぼないんじゃないかな(笑)。大槻さんはお仕事をしてるときと、寝ているとき以外はお酒を飲んでるタイプなんですよ。インタビューのときすらそうですからね。

――完成した映画を観た大槻さんの反応は?

長瀬 そんなに面白い反応はありませんでした(笑)。ただ「自分が出てる映画だから良いか悪いかは分からないけど、ゲストの方が出てくださったライブが映像として残ったのは嬉しい」と言ってもらえました。

――卒業制作の時点では、完成形じゃなかったそうですね。

長瀬 自分としては「これでいいのかな」みたいなところで出しちゃったんです。卒業制作は確かナレーションが入ってないバージョンで、もともとナレーションは入れたくないと思っていたのですがなんかイマイチだなって。それで改めて編集をし直して、最終的に完成したのは大学を卒業した年の7月です。

――「東京ドキュメンタリー映画祭」にはご自身で出品されたんですか?

長瀬 はい。大槻さんからいろいろ言ってもらったのもありましたが、自分としても「せっかく作ったんだから応募してみてもいっか」という感じで出品しました。

――今回、劇場で公開に至るまでの経緯を教えてください。

長瀬 東京ドキュメンタリー映画祭で上映されたときに、配給の方が見てくれたみたいで、大槻さんに連絡があって、それがきっかけで話が進んでいきました。初めて聞いたときは信じられなかったですし、嬉しさと恥ずかしい気持ちがありました。

――東京ドキュメンタリー映画祭の出品から劇場公開まで2年以上経っていますよ。

長瀬 配給の方からお話をいただいた後、しばらく連絡がなかったので、これは消滅だなと思っていたんです。そのときに大槻さんから「YouTubeに上げないか」と提案されたんですが、それを断ったタイミングで連絡があって、具体的に劇場公開の話が進んでいきました。

――どうしてYouTubeに上げたくなかったんですか?

長瀬 YouTubeって消費されるイメージで、たくさんの人に観てもらうという意味ではいいのかもしれないですけど、興味もないのにオススメ動画として流れてきたら、パッと観てピって飛ばされそうな感じがして嫌だったんです。自分としては、多くの人に観てもらいたい気持ちもありつつ、そうやって飛ばされてしまうのが、あまりにも悲しいなと思ったんですよね。

――また映画を撮りたい気持ちはありますか?

長瀬 あります。ただドキュメンタリーは大変なのでこりごり(笑)。撮りたいなと思う人が現れたら撮るかもしれないですけど、やっぱり当初の目標だったフィクションを撮りたいですし、構想もあります。

――具体的に動き出しているんですか?

長瀬 脚本は書いているんですけど、コロナ禍で人を集めて撮ることに踏み切れない部分はあります。ただ映像制作は、ずっと続けていきたいです。

東京藝大はどんな表現も尊重してくれる

――東京藝大の魅力はどこにあると思いますか?

長瀬 普通の4年制大学がどういうところかは分からないんですけど、藝大はどんな表現も尊重してくれます。学生も先生もいろんな専攻の方がいるので、自分の作品を「良くない」と言う先生もいれば、「良い」と言ってくださる先生もいます。必ずしもすべてが拒否されるわけではないですし、私は「ノー」と言ってくれる先生の意見も自分にとって大事だと思ったら取り入れたいとは思っていました。

――学生の皆さんはいかがでしたか?

長瀬 藝大って変な人が多いってよく言われますけど、全然そんなことはないです。年代にもよると思うんですけど、自分の学年は穏やかなタイプが多かったです。私は集団行動があまり得意じゃないんですが、藝大は各々が自分の時間を大切にするところがあるので過ごしやすかったです。

――確かに中学・高校のような集団行動の煩わしさは少なそうですね。

長瀬 あまりないですね。あと、それぞれの良さを認め合っています。大学生だから多少精神年齢が上がっているからかもしれないですけど。

――改めてティーン世代の多い「W online」読者に『酔いどれ東京ダンスミュージック』の見どころを教えてください。

長瀬 私の兄弟は勉強やスポーツができるタイプなのに、自分は何にも得意なことがないなと、たくさんのコンプレックスを持って生きてきました。でも大槻さんは長く音楽活動をやっているのに、あまり特別な感じがしないんです。もちろん歌は素晴らしいですけど、特別じゃなくても普通に生きてるだけでいいんだというのが大槻さんの姿から伝わるといいですね。人生はうまくいかないときがあってもいいし、ずっと完璧でいる、ずっと普通でいるなんて無理なので、自分を甘やかすことがあってもいい気がします。そんな映画になっていると思います。

――最後に将来の進路を検討しているティーンにメッセージをお願いします。

長瀬 私は兄弟が優秀だったこともあって、高校時代の進路選びは悩みました。周りにいろいろ言われることもあると思うんですけど、なるようになる気がしています。なので自分が今したいことをしていたらいいんじゃないかな。それでダメになっちゃったり、飽きちゃったり、つまらなくなったりしたら、そのときにまた別のことをしても十分間に合います。そういうスタンスで気楽に考えたらいいのではないでしょうか。

Information

東京ドキュメンタリー映画祭 正式出品作品
『酔いどれ東京ダンスミュージック』
9月17日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開中

出演:大槻泰永 真黒毛ぼっくす
石川浩司(パスカルズ/ホルモン鉄道/ex.たま)
大木温之(ピーズ) 曽我部恵一(サニーデイ・サービス)
知久寿焼(知久寿焼ちんどん楽団/パスカルズ/ex.たま)
中川五郎 ロケット・マツ(パスカルズ)

撮影・編集・監督:長瀬由依
配給宣伝:アルミード
2018/日本/カラー/57min/16:9/モノラル
© Yui Nagase

バンド・真黒毛ぼっくすの大槻泰永は上京してから32年、会社員として働きながら音楽活動を続けてきた。かつてはテレビ番組”イカ天”こと『三宅裕司のいかすバンド天国』にも出場し、同世代や憧れのミュージシャンとも共演してきた大槻は今、仕事中と睡眠中以外はだいたい傍にお酒がある、そんな生活を送っている。ライブの最中に飲んだり、はたまた二日酔いだったり、時にはライブの前に飲みすぎて怒られたりと、その様に周囲の人々は最初は驚き振り回されながらも気がつけば渦の中に巻き込まれていく。

公式サイト

公式Twitter

公式FACEBOOK

長瀬由依

1993年生まれ、神奈川県出身。東京藝術大学先端芸術表現科卒業。大学の卒業制作として真黒毛ぼっくす・大槻泰永を撮影した『酔いどれ東京ダンスミュージック』が2019年の東京ドキュメンタリー映画祭で入選。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi