「アニメをきっかけに好きになりました」というコメントが嬉しい

――8月18日にリリースされた3rdシングル『ダブル・スタンダード』がアニメ『魔法科高校の優等生』のエンディング曲に起用されました。今までとは違うファンの方が増えた実感はありますか?

十束おとは(以下、十束) 「アニメから入って、フィロソフィーのダンスを好きになりました」という声がたくさん届いています。私もアニソンからアーティストさんを好きになることがたくさんあったので、そういうきっかけでファンになってもらえたことはすごく嬉しいです。

日向ハル(以下、日向) SNSでも、「エンディングテーマを歌っているのはフィロソフィーのダンスっていう人たちなんだと、今まで私たちのことを知らなかった方たちの声をたくさん目にしました。新たな層にアプローチできた実感があります。

佐藤まりあ(以下、佐藤) 「エンディングがカッコいい」とか、「フィロソフィーのダンスってグループ名?」みたいな感じで、映像の中で一瞬名前が出るだけなのに、ちゃんと見てくださっている方がいるんだなっていう驚きと嬉しさでいっぱいです。他の曲もぜひ聴いていただけたらなと思います。

奥津マリリ(以下、奥津) YouTubeでも「エンディング聴きました」といったコメントを見るとすごく嬉しいです。YouTubeって関連で動画がたくさん出てくるので、「ダブル・スタンダード」以外の曲も聴いてもらえたら嬉しいです。

――エンディング映像のノンクレジットバージョンが「アニプレックス」の公式チャンネルに上がっていますが、「深雪の気持ちを歌ってくれている」というコメントが多いですよね。

十束 そうなんですよ! 歌詞の意味に気づいてくださって感激しました。

――アニメの内容とエンディングの曲がきちんとマッチしているのって素晴らしいです。皆さんも放送の前後で「#魔法科高校の優等生」をつけてツイートされています。

佐藤 今回、エンディングを担当させていただくことになって『魔法科高校の劣等生』(※シリーズ前作)も観ました。これまで戦うアニメはあまり観たことがなかったんですけど、「劣等生」はお兄さんがメインで戦いのシーンがカッコいいなと思いました。「優等生」の方は深雪の心が描かれていて、また違った楽しみ方ができるなと思いましたし、毎週癒されています。

奥津 「劣等生」はタイアップのお話を頂いてすぐに全部見ました。私はもともとバチバチやりあっているバトルものが好きだったこともあって、すぐにハマってしまって。戦闘シーンがカッコいいし、その中にキュン!みたいなシーンもあって面白かったです。

日向 登場人物たちのシスターフッド感(※女性の絆)が好きです。どんどん結束が増していくというか、深雪のために裏でこそこそ3人が動いていく女の子の友情がたまらなく好きです。

十束 私はもともと作品の大ファンで、プライベートで深雪ちゃんのコスプレをしていたこともあります。好きでやっていたことだったので、エンディング曲を歌うことになるとは思ってなかったので本当に嬉しかったです。多くのヲタクが通る道であろう「電撃文庫」の中でも人気作品なのも嬉しいです!