それぞれの個性が活かされたソロ曲を別メンバーが紹介

――みなさんは豪華作家陣を迎えたソロ曲を次々とリリースされています。それぞれの曲について、メンバーの曲を聴いてみた感想をお聞きしたいです。佐藤まりあさんは十束おとはさんの「捕まえて♡So♡To♡Heart♡」をお聴きになっていかがでしたか?

佐藤 はすぴょんにしか歌いこなせない、はすぴょんのいいところが前面に出ていると思います。歌詞にハートがいっぱいついている曲で、はつらつとした発声が多いフィロソフィーのダンスでは歌えない、ソロならではの見せ方だと思います。いい意味で力の抜けた歌を聴けたので、もっとソロを聴きたいなって思いました。

▲佐藤まりあ

十束 昔から大好きな清竜人さんに曲を作っていただいて、我が人生悔いなし!幸せな時間を過ごしました。私は竜人さんの作るラブソングが好きなので、歌詞の方向はラブソングで、とお伝えし、竜人さんからは「ハート入れる?入れない?」みたいなことを聞かれました。「生クリームかけますか?かけませんか?トッピングは?」みたいな感じですね(笑)。アレンジもTom-H@ckさんとKanadeYUKさんというとてつもなく豪華な皆さんに作っていただきました。感謝です。

――リリースしてみて反響はいかがですか?

十束 私や私たちの曲を今まで聴いてくれていなかったような、竜人さん、Tom-H@ckさん、Kanadeさんを好きな方が聴いてくれたりして、それが引っかかってツイートに出てきたりするのを見るととても嬉しいです。普段フィロソフィーのダンスではあまり表現できない事をこの曲に詰め込んだのでぜひ皆さん聴いてください!

――おとはさんは、奥津マリリさんの「花をください」を聴いてみていかがでしたか?

十束 曲を作ったスカート・澤部渡さんの世界観に、マリリが入ったという感じがしました。澤部さんの音楽は、クリームパンみたいな、やわらかくて優しい膜が張っているみたいな印象があるんです。そんな澤部さんが持っている膜みたいなものと、マリリが持っている声の膜みたいなものが交わってすごく良い雰囲気の曲だなって思います。

奥津 実際に「澤部さんの世界観に、私がお邪魔したい」って言ったんです。澤部さんの曲は「元気出しなよ」と言われるわけじゃないんだけど、穏やかな気持ちになれたり、「風が気持ちいいな」みたいな気持ちになれるなと。今の時期、「頑張れ!」「ファイト!」「好き」「愛している」っていうよりも、力が抜けるような、良い意味でリラックスできる曲がいいなと思って。歌詞も「メッセージ性というよりは、ぼんやりと考えているようなことが歌いたいです」とお伝えした結果、ちゃんと世界観を作ってくださり、レコーディングでは「好きなように歌ってください」と言ってくれました。もちろんところどころでアドバイスはいただいたんですけど、リラックスして歌えたし、マリリ節も普段よりも多めに入れて挑んだので、澤部さんの世界観に共存できている曲に仕上がってるんじゃないかなと思っています。

――では、マリリさんが聴いた、日向ハルさんの「目隠し」はいかがですか?

奥津 ハルちゃんの100%濃縮ですね。曲調でいうなら、フィロソフィーのダンスだったら色々な味がある中で、ハルちゃんのどデカいカツがあって、みたいな。色々なおかずがあってメインのカツがあるのが普通だけど、「今日は贅沢してカツ3枚だけ食べちゃうぞ」みたいな感覚です。キャベツもいらない、今日はカツだけを食べるぞみたいな。

日向 胃もたれしそう!

奥津 そんな贅沢に凝縮されたハルちゃんの強さと、でも歌詞は優しくてっていう、本当にハルちゃんをぎゅって詰め込んだような曲だなと思います。ソロ曲の良さというか、普段は感じられない濃さを感じました。

日向 制作当時自分が伝えたかったことが歌詞になっています。自分自身が土岐麻子さんの歌詞に救われましたし、絶対にこの人なら私が言いたいことを理解してくれるっていう、根拠のない自信があって。ダメもとで歌詞をお願いしたら、「お力添えしたいです」って力を貸してくださいました。土岐さんが書いてくれた歌詞が、私が思っていた通りの内容で、すごくシンパシーを感じました。歌詞だけじゃなくて、土岐さんに出会えたことが自分にとってすごく大きかったです。最近はなかなか会えてないんですけど、土岐さんは常に見守ってくれる神様みたいな存在です。携帯の待ち受けも土岐さんとのツーショットにしていて、いつも元気をもらっています。

▲日向ハル

――佐藤まりあさんも9月にソロ曲のリリースが発表されました。

佐藤 山崎あおいさんが、私のやりたいことをたくさん実現させてくれた曲になりました。ソロ曲を作るにあたって、ファンの方の見たい私と、私自身がやりたい私って違うのかなと思ったりして、すごく葛藤がありました。前日までは王道アイドルソングをお願いするつもりだったんですけど、お風呂に入ってるときに、ふと自分の好きなハウスでやりたいなって。応援してくださったファンの方も、多分私が主役になることを一番喜んでくださるって思ったんです。私は今年アイドル活動10周年になるので、自分をお祝いする1曲にしたい気持ちもあって、あおいさんが考えてくれた「Decade」(10周年)っていうタイトルも、とても気に入っています。歌詞はお願いして、共作にさせてもらって、あおいさんが書いてくださったワンコーラスを受けて、私もワンコーラス分書いてお返ししてという感じで、私が伝えたい事を込めた良い歌詞になったと思います。