ギャルのてっぺんを取るのが目標

――小さい頃にEXPG STUDIOに通われていて、EXILEのバックダンサーを務めたこともあるそうですね。

ゆうちゃみ ママがEXILEさんのファンで、その影響もあって幼稚園から「ダンサーになりたい!」って言ってて。その夢を叶えたんです。「モデルをやりたい!」というのも、ずっと周りに言ってたので、言霊って大事やなってめっちゃ思います。全部口に出す!私って「目立ちたい」から始まってるので、それが一生続いているんです。

――モデルのやりがいはどんなときに感じますか?

ゆうちゃみ 「私服を真似したよ」とか、私が発信した服を買ってくれたりとか、「ゆうちゃみに憧れている」とか、みんなの嬉しい意見を聞けたときです。あと、今はコロナ禍でTGCもオンラインですけど、ファッションショーに出たときはファンの方が「キャー!」って言ってくれて、その声が生きがいです。

――ファンの声以外で、モデルを続けるモチベーションって何ですか?

ゆうちゃみ なんでも”てっぺん”を取るの大好きなんですよ。なので今はギャルのてっぺんを取るのが目標で、それがモチベーションになっています。そのためにはモデルだけじゃなくバラエティーも頑張っていきたいです。

――数々のバラエティーに出られていますが、緊張はしますか?

ゆうちゃみ めちゃくちゃしますね。胃が痛くて痛くて。でもしゃべるのは大好きで、「テレビに出たい」って小さい頃から思ってたので、もっともっと頑張っていきたいです。

――SNSで発信するときに意識していることはありますか?

ゆうちゃみ ファンの方が大好きなので、SNS上で積極的にファンの子と交流をするように心掛けてます。めっちゃ「いいね」したり、エゴサしたりします。

――エゴサをするとネガティブな意見も入ってきませんか?

ゆうちゃみ ちょっと凹むときもありますけど、それだけゆうちゃみに興味を持ってくれてるんやなって思うし、「だから?」ぐらいの気持ちで見ています。そうしないとメンタルも持たないんで。

――今後どんな番組に出演したいですか?

ゆうちゃみ もうすぐ20歳になるので、新しいゆうちゃみを見せるために、お酒を交えた企画がギャルっぽいかなって思います。あと、まだドッキリをかけられたことがないので、かかってみたい気持ちもあります(笑)。

――「W online」読者にはティーンも多いので、最後にメッセージをお願いします。

ゆうちゃみ いつも前向きでいるには、友達を選んだ方がいいと思ってて。周りの友達が元気だと自分も元気になるし、逆にマイナス発言する子と一緒だと自分もマイナスになる。だから私の友達はめっちゃ明るい子ばかり!ぜひ皆さんも、周りにいる元気な子と関わってほしい!悩んでも時間の無駄やし、新しいことを始めるときに迷ったとしても、とにかく実行してみよう!っていうのが自分からのアドバイスです。

ゆうちゃみ(古川優奈)

モデル

2001年9月8日生まれ。大阪府出身。2011年と2013年、「EXILE LIVE TOUR」にバックダンサーとして帯同。2014年7月、「東京ガールズオーディション」ファイナリストとなりモデル活動を始める。『ピチレモン』専属モデル、『ラブベリー』読者モデル、『Popteen』レギュラーモデルなどを務め、2019年5月より『egg』専属モデル。バラエティーでも活躍、幅広い世代から支持を集める。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer::Takahiro Iguchi