再始動後、初のシングルの“顔”千鳥・大悟は満場一致でオファー

――再始動後、初のシングルの表題曲「エール」には、どのような思いを込めましたか?

ファンキー加藤 「ファンモン・イズ・バック!」の一言です(笑)。令和の時代に僕らはどんなメッセージを送ればいいのか。それを軸に再始動後の初シングルをどうするべきかとだいぶ頭を悩ませたし、曲ができあがるまでは、モンちゃん(モン吉)やスタッフと何度もミーティングを重ねました。その過程で、音楽サブスクリプションのチャートを見たら、ストレートに「がんばれ」とメッセージを送る応援歌はあまりないなと思って。その時に改めてそうした声が響きにくかったり、言いづらい時代なのかと感じたんです。それならあえて、「ど真ん中に投げかけよう!」と考えながら、作っていきました。

モン吉 ファンちゃん(ファンキー加藤)の言っていたことに近いけど、「ザ・ファンモン」を思いっきりやりたいなと思って。でも、解散から数年経った今、当時のままを出すのはちょっと違うなと思ったんです。新旧ファンモンのバランスを考えながら「応援歌で行こう」と決まってからは、閉塞感のある世の中で、わずかでも力になれればいいと思いながら曲づくりに打ち込みました。

――有名人が登場する“顔ジャケット”はファンモンの代名詞です。再始動後の初シングルで、千鳥の大悟さんにオファーした理由は?

ファンキー加藤 何といっても、時代をときめく人気者ですから!昔から僕らのジャケットは「多くの人たちから注目を浴びたい」という思いから、有名な方にお願いしていまして。まあ、他力本願ではありますけど(笑)。当てもないままお願いしたい方々をリストアップして、ダメ元でビッグネームにオファーさせていただき、解散前は明石家さんまさんにまでたどり着いたんです。そして、再始動後初の今回は、令和を代表する芸人さんにお願いしようと。それに、僕もモンちゃんもシンプルに千鳥さんの大ファンだったんです。2人とも、千鳥さん出演の『相席食堂』を全部見ているほど好きだったし、スタッフ含めて満場一致で大悟さんになりました。今、とてもお忙しいだろうからお願いして大丈夫かと不安もあったけど、まさかのオッケーでビックリしましたし、めちゃくちゃ嬉しかったです。

▲ファンキー加藤

――ジャケットだけでなく、野球少年だった大悟さんが大人になり、生まれ育った地元の商店街を守ろうと奮闘するMVもグッと来る仕上がりですね。

ファンキー加藤 本当、大悟さんにお願いできてよかった。間違いじゃなかったなって。僕らの泥臭さ、人間臭さみたいなものを、大悟さんならしっかりと表現してくださるんじゃないかと考えてましたし。バッチリ体現してくれました。

モン吉 この時代、大悟さんほどかぶいてる感じの男性もなかなかいないから。

ファンキー加藤 芸人としての大悟さんはバラエティ番組で見られるし。それとは違うレアな表情を見られるのも、今回のMVならではですね。

――まさに今、青春時代を過ごしている人たちにはどう聴いてほしいですか?

モン吉 中学生や高校生であれば、部活とか何かへ打ち込んでいてくじけそうなときに、聴いてもらえればいいなと思います。

ファンキー加藤 あとやはり、このご時世もあるので。コロナ禍で生きる10代の子たちをみると、かわいそうだなと思うんですよ。青春時代の思い出って一生ものだから。僕自身、20代をどう過ごしたかは忘れているけど、10代の頃に味わった体育祭や修学旅行とかの思い出は、今も鮮明に残ってるんですよね。大切な青春の日々を奪われてしまったのは悲しいと思うけど、今回の「エール」には、この先続いてく未来だったり、希望という1ページがあるという思いを込めているので、くじけずに進もうとする気持ちが10代のみんなにも届くなら、僕らもうれしいです。