Contents

憧れだったランウェイを歩けたのは大きな一歩

――今回TGCに初出演されてみていかがでしたか?

井上 ランウェイ自体が初めてだったんですが、お客さんを生で感じることに憧れがあって、無観客とはいえオンラインを通してそれが実現できて大きな一歩になりました。

――実際にランウェイを歩いてみて、どう感じましたか?

井上 思ったよりも堂々と歩いていいんだなって思いました(笑)。カメラの存在も変に意識することなく、自然に歩くことができました。

――豪華なモデルが大勢出演する中で緊張はされましたか?

井上 芸能界に入る前から見てきた方々がたくさんいらっしゃったので、ものすごく緊張しました。

――今日着た洋服の感想を教えてください。

井上 スウェットパンツが可愛くて、プライベートでもこの冬に履いてみたいです。普段から大きいTシャツにダボッとしたパンツというスタイルが多いので、今日のコーデも自分に合っているなと思いました。

――服を選ぶ際に参考にしているものはありますか?

井上 最近だとAcne Studiosだったり、NEEDLESだったりと好きなブランドで買うことが多いです。ショップに行って買うこともあれば、ネットで見て可愛いなと思って買うこともあります。

芸能活動一本に打ち込めて毎日ワクワクして楽しい

――井上さんはお父さんの影響で、3歳からテニスを始めて、大学までテニスをされていたと伺いました。大学の勉強とスポーツの両立はいかがでしたか?

井上 高校までは大丈夫だったんですが、大学時代は、勉強とテニスと芸能活動を全部一緒にやっていたので、そのときはキツかったですし、時間の配分も大変でした。今は芸能活動一本に打ち込めているので、毎日ワクワクして楽しいですし、人生が豊かになったなと思います。

――大学時代にテニス関連のカタログモデルになったことがきっかけで芸能界入りされましたが、芸能界に入る際に葛藤はありましたか?

井上 めちゃくちゃありました。まず、この世界で生きていけるかっていうことがあり、あとは20年間やってきたテニスを辞めることも思い切りがいるものでした。

――ご家族は芸能界入りにどう思われていましたか?

井上 最初はあんまり良くは思ってくれなかったんですけど、今はすごく応援してくれています。

――2020年に俳優デビューして以来、数多くのドラマに出演されていますが、昔から演技に興味はあったのでしょうか?

井上 かっこいいなと憧れるぐらいでしたがいろいろな現場を経験していくうちに、俳優の奥深さを感じるようになりました。今は、もっとお芝居に触れたいというのが一番です。いろんな種類の役をもっともっとやりたいです!

――8月20日に発売したデジタル写真集「つな×そら」の見どころを教えてください。

井上 今日一緒にランウェイを歩いた綱啓永と一緒に撮影した写真集なんですけど、わちゃわちゃしていたり、キメてたり、いろいろな表情が見られると思います。写真はあまり得意じゃないのですが、いろんな人の写真を見て、こういうのカッコいいなと見よう見まねで撮影に臨みました。

――9月10日から、同じく綱啓永さんとW主演しているTwitterドラマ「いただけば、尊し」(おいしい共同生活)も公開されています。
井上 「いただけば、尊し」は仲の良い僕たちの関係性が垣間見える内容です。自然なお芝居で、僕たちを感じられるようなドラマになっていますので、ぜひ見てほしいですね。

――「W online」読者には、将来の進路に検討しているティーンも多いので、メッセージをお願いします。

井上 チャンスって限られていると思うんです。だから、こういう道が開けるかもって思ったときは、時間を惜しまずに、悩んでみた方がいいのかなって思います。学生時代はテニスに打ち込んでいたのに、今はランウェイを歩いている僕みたいに、人生が急に変わることもあります。どっちが楽しいかというと、僕は今が一番楽しいし、テニスを辞めたことは後悔してないんです。だから時間をかけて悩んで、後悔しない道を選んでください。

井上想良

俳優

1998年8月12日生まれ。大学時代、スポーツブランドのモデルを経験したことをきっかけに芸能界入り。2020年、NHKBSプレミアムドラマ「ファーストラヴ」で俳優デビュー。2021年2月~5月放映の「恋とオオカミには騙されない」(AbemaTV)に同じ事務所の綱啓永と出演して話題となる。以降、「お耳に合いましたら。」(テレビ東京系列)などドラマを中心に活躍。

Photographer:Atsushi Furuya,Interviewer:Takahiro Iguchi