前歯4本を折ったのがお笑い芸人を目指したきっかけ

――コンビ結成したきっかけについてお伺いします。卓也さんは一度就職してからお笑い芸人を目指されたと伺いました。

卓也 簡単に言うと、会社のバーベキューですごくはしゃいで転んで前歯を4本折ったんです。医者に行ったら「死ぬかもしれませんでした」みたいなことを言われて。だったら自分がやりたいことをやろうと。もともと芸人になりたい気持ちもあったので、会社を辞めて、ワタナベコメディスクールに入りました。

有輝 当時、お兄ちゃんから写真が送られてきたんですけど、前歯がなくて丹下段平みたいな見た目だったんですよ。

卓也 だから2か月間ステイホームしていました。

有輝 そんな奴から「お笑い芸人になろう」と誘われたんですけど、その見た目で誰が笑うんだよって話で。

卓也 誰も笑えないよな。

――どうして有輝さんを誘おうと思ったんですか?

卓也 小学校の頃から先生のものまねなんかをして、昔から客観的に見て面白かったっていうのもありますし、ちょうど高校を卒業するタイミングだったので一緒にやらないかと。

有輝 本当いいタイミングで誘われたので、やっちゃうかって。

――卓也さんがお笑い芸人を目指すのも普通に受け止めたんですか?

卓也 そうですね。クラスでも人気者タイプだったし、性格も明るいので、お笑いやらないのかなぁって感じで思っていました。

――ワタナベコメディスクールで、他の生徒よりも存在感を示すために意識していたことはありますか?

有輝 ものまねだったり、兄弟だったりと、しっかりした武器を持って、自信を持ってやっていけば自ずと道が開けるんじゃないかみたいな感覚でやってました。

卓也 人がやらないようなネタをやろうとか、俺らしかできないようなことをやろうみたいなことは考えていましたね。

――ブレイクするまでへこたれることはなかったんですか?

卓也 そういう気持ちはお互いに持ってはいたと思うんですけど、あまり口に出さずに、ポジティブにやってましたね。

有輝 いつか売れてみせるって思ってましたから。

卓也 すごい自信だ(笑)。

有輝 サボらずに毎日何かを頑張っていればいつか行けるだろうって気持ちでした。