こうやって運転できたらきっと気持ちいいだろうな

――映画『僕と彼女とラリーと』では主人公・北村大河を演じられています。作品に出演することになったときのお気持ちを教えてください。

森崎 映画の撮影は去年だったんですけど、その一年前くらいに「(愛知県)豊田市をメインにしたラリーの映画を作る」ということでお話をいただきました。そこまで詳しい方ではないですが、もともと車も好きですし、楽しみという感じでした。ストーリーも、ラリーのお話というよりはヒューマンドラマが中心。自分の地元に帰ったことで、新たな発見があるという内容で僕自身もミャンマーという母国を出て日本で活動させてもらっているので、重なる部分もありました。そして、主人公の北村くんも役者を目指しているという、リアルなマッチ感もあって、これはやるべくしてきた作品なんだとすごく感じました。

――ご自身との共通点もあったということですが、役作りはいかがでしたか?

森崎 北村くんが自分の父親に対してコンプレックスを持っていたり、幼いころに父親と過ごした思い出がなかったり、そういった点ではあまり重なる部分はないんですけど、家族の問題というものは誰しもが持っていると思っています。そういう意味では自分の中でリンクするものを探しつつ、北村くんを僕自身にも近づけていくという感覚でした。

――ラリーという題材についてはいかがでしょうか?

森崎 ラリーって「この区間はこのタイムで走らないといけない」というように、相手を抜かすレースとは違って自分との勝負なんです。それこそ自分次第で物事が変えられる、人生を自ら導く感覚にも近いので、惹かれる部分はありました。また、劇中で「ラリーとは行って帰ってくることなんだ」というセリフがあるんですけど、この「帰る場所がある」ことも強みなのかなとも思います。自分の生まれた場所にいずれは帰って何か恩返しをする、ということにも繋がっているような気もしますし、それも含めていろんなことを連想できるのがラリーなのかなと感じました。

――劇中ではトヨタの「GRヤリス」にも乗られています。

森崎 現場に入る前に練習用のサーキットでプロの方が運転されている車の助手席に座らせてもらったんですけど、迫力が違いましたし、すごくわくわくしたのを覚えています。(体にかかるGが)気持ちよかったですし、楽しくてずっと叫んでいました(笑)。こうやって運転できたらきっと気持ちいいだろうなと。