Contents

こうやって運転できたらきっと気持ちいいだろうな

――映画『僕と彼女とラリーと』では主人公・北村大河を演じられています。作品に出演することになったときのお気持ちを教えてください。

森崎 映画の撮影は去年だったんですけど、その一年前くらいに「(愛知県)豊田市をメインにしたラリーの映画を作る」ということでお話をいただきました。そこまで詳しい方ではないですが、もともと車も好きですし、楽しみという感じでした。ストーリーも、ラリーのお話というよりはヒューマンドラマが中心。自分の地元に帰ったことで、新たな発見があるという内容で僕自身もミャンマーという母国を出て日本で活動させてもらっているので、重なる部分もありました。そして、主人公の北村くんも役者を目指しているという、リアルなマッチ感もあって、これはやるべくしてきた作品なんだとすごく感じました。

――ご自身との共通点もあったということですが、役作りはいかがでしたか?

森崎 北村くんが自分の父親に対してコンプレックスを持っていたり、幼いころに父親と過ごした思い出がなかったり、そういった点ではあまり重なる部分はないんですけど、家族の問題というものは誰しもが持っていると思っています。そういう意味では自分の中でリンクするものを探しつつ、北村くんを僕自身にも近づけていくという感覚でした。

――ラリーという題材についてはいかがでしょうか?

森崎 ラリーって「この区間はこのタイムで走らないといけない」というように、相手を抜かすレースとは違って自分との勝負なんです。それこそ自分次第で物事が変えられる、人生を自ら導く感覚にも近いので、惹かれる部分はありました。また、劇中で「ラリーとは行って帰ってくることなんだ」というセリフがあるんですけど、この「帰る場所がある」ことも強みなのかなとも思います。自分の生まれた場所にいずれは帰って何か恩返しをする、ということにも繋がっているような気もしますし、それも含めていろんなことを連想できるのがラリーなのかなと感じました。

――劇中ではトヨタの「GRヤリス」にも乗られています。

森崎 現場に入る前に練習用のサーキットでプロの方が運転されている車の助手席に座らせてもらったんですけど、迫力が違いましたし、すごくわくわくしたのを覚えています。(体にかかるGが)気持ちよかったですし、楽しくてずっと叫んでいました(笑)。こうやって運転できたらきっと気持ちいいだろうなと。

映像を観るだけでも映画館に足を運ぶ理由になる

――豊田市と岐阜県恵那市が舞台となっていますが、撮影中に印象に残ったことはありますか?

森崎 豊田市では地元の方が家を貸してくださったり、休憩をしていたら「頑張ってね」と声を掛けてくださったりして、そういった方々の支えがあってこの作品が完成したんだっていうことを毎日感じながら撮影していました。あとは家が燃えるシーンがあるんですけど、だいたいCGとかになりがちなところを、消防の方々のご協力もあって、「本当に燃やしていい」と特別に許可をいただきました。燃えている火の近くまで行って撮影をしたんですけど、これまでにない体験でしたし、一発しか撮れないということでかなり緊張しました。

――本作の監督である塚本連平さんとはどういったことを話しましたか?

森崎 今回は台本も塚本監督がご自身で書いてくださっているんですけど、最初の顔合わせや本読みのときから、「僕は脚本家じゃないし、みんなで作っていきたいから、キャラクター目線で思うことがあったら言ってね」とお声がけいただいて。最初の段階から台本の意図も含めて監督と綿密に話し合うことができたのは、役者として得たことも大きかったですし、そういう環境を作ってくださった塚本監督には本当に感謝しています。

――自分から監督に適度にアプローチされたのでしょうか?

森崎 「僕が思うにこのセリフは今言えないと思うんですけど、どうですか?」とか。みんな当たり前のようにやっているかもしれないんですけど、主演ということもあって、今まで以上に一歩踏み込んだところに行けたかなと思います。

――映画の見どころを聞かせてください。

森崎 ヒューマンドラマですし、ストーリーももちろん素晴らしいです。それに加え、天気にも恵まれて、風景がとにかく綺麗です。それを観るだけでも映画館に足を運ぶ理由になるくらい価値があるものが撮れたのかなと……僕が撮影したわけじゃないんですけど(笑)。でも、そういう合間に映る画がストーリーをよりいっそう盛り上げてくれているので、劇場で「ウィンが言っていたのはこれのことか!」と思いながら観ていただけたらなと思います。

自分に与えられたことを毎回全力で出し切ってやっていくしかない

――ここからは森崎さんのキャリアについてお伺いしていきます。中学生のときにスカウトされたことで芸能活動を始められたんですよね。

森崎 そうですね。最初は週一回のレッスンに行く習い事みたいな感覚でした。高校2年生のときに初めて作品が決まり、テレビにも少し出るようになって、(街中でも)声を掛けられるようになりました。当時は調子に乗っていて、「芸能人ってこういう感じかー」みたいな薄っぺらいことを思っていました(笑)。そのときからすでに解散していますがPRIZMAXとしての活動もあり、「この世界でやっていきたいけど、本当にできるのか」と思っていました。そういう状況で臨んだオーディションが『レディ・プレイヤー1』でした。あの作品が僕の人生を180度変えてくれたんですよね。本当にターニングポイントで、それを機にいくつもオファーををいただくようになりましたし、ようやく日の当たるところに出られるようにもなったという感覚でした。でも、芸能界の面白いところは、やりたくてできる仕事ではないし、こうして求められているうちが華なので。自分に与えられたことを毎回全力で出し切ってやっていくしかないのかなと思っています。

――『レディ・プレイヤー1』への出演が決まるまでは、この仕事を続けていくか悩んでいたのでしょうか?

森崎 続ける覚悟もなかったですし、求められている気がしていませんでした。でも今は、たとえスパッと仕事がなくなって、芸能の仕事だけで生活ができなくなっても、どんな作品でも出られるのならアルバイトをやりながらでも俳優を続けたいという覚悟ができていると思います。

――当時はレッスンを受けながらお仕事もされていたということですが、学業との両立はいかがでしょうか?

森崎 学生時代はすごく仕事をしていたわけではないので、よく「学校に行く時間がなかった」ってみんな言うんですけど、そういう感覚もなくて、普通の学生生活も楽しみながらやっていましたね。

――学生時代は何に熱中していましたか?

森崎 サッカーですかね。でも、高校になってからはサッカーが遊びくらいの感覚になってしまったので、本当に「これだ!」と熱中するものってなかったんじゃないかなと。最近になって自分のやるべきことが見えて、やりたいことがはっきりしているから、今の方が熱中していることは多いかもしれないです。毎回、何かにチャレンジしていくということはすごく楽しいです。

――昨年30歳という節目を迎えてから、約一年が経ちました。仕事に対する意識についてもこの一年で新たに考えることもあったと思いますが、その点はどうでしょうか?

森崎 ガラッと変わりましたね。この一年だけでも本当にいろんな経験をさせてもらって、自分のなかで表現の幅が広がったなと思う部分もあれば、足りないところもはっきり見えてきました。歌手としても活動しているんですけど、今は自分一人で発信していくことも不可能ではない時代だと思います。だけど、マネージャーだったり、音楽の制作プロデューサーチームだったり、その現場ごとに出会うチームだったり、いろんな方に支えてもらって自分というものが成り立っているんだということを、改めて痛感させられた一年でもありました。

――今年は歌手としてワンマンライブ開催など、特に並行して様々なことをされている印象があります。

森崎 僕自身、現実主義的なところがあり、まだまだ知名度もどかんと上がっているわけではないかなと。でも今やっていることって絶対に後で繋がる瞬間がくると思っていて。それまでは本当に一つ一つ丁寧に、全力投球でやっていくという、当たり前だけど難しいことをしっかりと続けていきたいです。何より、続けられる環境があるだけでもありがたいと思っています。

一歩踏み出すだけで世界が違う

――現在、俳優としても歌手としても、それぞれの作品で異なる表情を見せてくれていますが、お仕事として今後挑戦したいことはありますか?

森崎 ゆくゆくは自分の音楽を引っ提げて、ルーツであるアジアでツアーをやることが目標です。そのうちギター一本だけ持って「ちょっと行ってきます」みたいな感じのことも出来たらいいなと思っています。それに加えて、夢の一つでもあるんですけど、エンターテインメントを通して、自分の母国にいる子どもたちに夢を与えられるような活動をしたいんです。しかもそれが現実的に、ちゃんとその子どもたちに行き届くように率先してやっていきたいので、今はそのための力を蓄える時期なのかなと思っています。

――自分の活動を故郷の子どもたちに還元できるように。

森崎 夢を見られる環境を作ってあげることがすごく大事なのかなと。僕の場合は運よく両親や事務所に支えられた部分がたくさんあったので、自分の次の代にも繋げていきたいです。

――お仕事以外ではどうでしょうか?

森崎 やっぱり人生一度きりですし、家族はほしいですね。それがいつ、どういうふうになるのかはまったく未知ですけど(笑)。いつか自分の家族ができるということは、一人の人間として通りたい道ではあるのかなと思います。

――最後に、ティーンの読者にメッセージをお願いします。

森崎 やりたいことがまだ決まっていない方も多いと思うんですけど、若いうちに行動力をつけてほしいなと思います。一歩踏み出すだけで世界が違うということは、全てに共通することだと思うんですけど、本当にやったもん勝ちです。何よりもゼロからイチにすることが一番大変なんですよね。そのゼロをイチにする力のためにも、やりたいことがあるないに関わらず、行動力は大切だと思います。あとは、感謝することを忘れない。僕のおばあちゃんが「何でもいいから小さいことでも感謝できる人間になりなさい」ってよく言うんですけど、その意味がようやくちょっとずつ分かるようになってきて。「こうしているのって、〇〇のおかげだよね」と、そういうことは常に考える。人間は一人では絶対に生きていけないので。だから……感謝をしましょう!

Information

僕と彼女とラリーと
2021年10月1日(金)公開

森崎ウィン 深川麻衣
佐藤隆太 田中俊介 小林きな子 有福正志
小林涼子 よしこ(ガンバレルーヤ) 佐藤一和 大島蓉子
赤間麻里子 大久保運 酒井貴浩 安住啓太郎
五島百花 湊祐 中西縁 上田一颯 大杉達一郎
竹内力 西村まさ彦

早くに母と死に別れた主人公は、ラリーに打ち込む父の身勝手さが母の死を早めたと思い込み、大学入学と同時に東京に出た。俳優を目指しながらも漠然とした不満を感じるなか、突然の父の死の知らせが届く。久しぶりに故郷の豊田市に戻り、自然や地元の人々と触れ合うなかで父の真の姿に気付き、自分の生き方を意識し始める。主人公の父はラリーで数々の栄誉に輝いたメカニック。自動車会社を退職して地元の町外れでガレージをはじめ、関係者の間では名の知れた存在だった。 父が残したガレージで、本当は父と一緒にラリーに関わりたかった自分に気付き、幼馴染に導かれ、この街で夢をかなえようと決意する……。

森崎ウィン

俳優・アーティスト

1990年8月20日生まれ。ミャンマーヤンゴン出身。10歳で来日し、14歳の時に現在の所属事務所にスカウトされ芸能界入り。2008年にダンス&ボーカルユニット「PRIZMAX」に加入。2014年に映画『シェリー』で初主演を務める。2018年にはスティーヴン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』に出演。2020年にPRIZMAX解散、同年アーティスト「MORISAKI WIN」としてメジャーデビュー。2021年5月に1st Album『Fight』をリリース。

Photographer:GENKI(IIZUMI OFFICE),Interviewer:Tetsu Takahashi, Stylist:Akiyoshi Morita, Hair&Make:KEIKO
衣装協力
オールブラックコーデ シャツ ¥25,300(税込)/HBNS(HEMT PR)
ベストコーデ Tシャツ ¥12,100(税込)/KICS DOCUMENT.(HEMT PR) HEMT PR 03-6721-0882