「ハピネス」は自分の声と手を繋いでいるような曲

——デビューシングル『ハピネス』のリリースが決まったときはどんな気持ちでしたか?

岡咲 声優として活動してきて5年目。お仕事でキャラクターソングを歌わせていただく機会はありましたが、岡咲美保として歌を歌えるということに、新しい気持ちになり、また胸が高鳴りました。学生時代から憧れていた声優になるという夢が叶い、歌でも表現する居場所を作っていただけたのは本当にうれしかったです。

——自分の声で歌うのとキャラクターの声で歌うのは違いますか?

岡咲 全然違いましたし、難しかったです。キャラクターソングは、キャラクターを維持しながら楽曲を表現するという難しさはありますが、演じる上で、その子の性格や声の軸、使い所が固定されるので安定する部分があります。一方、自分の素の歌声で表現すると響きも変わってきますし、幅も広がってくるので、その曲に応じて、どう歌えばいいのかを探すところから始まりました。

——表題曲の「ハピネス」はどのように歌うことを心がけたのでしょうか。

岡咲 幸福感があって、明るく元気になれる楽曲だと思ったので、自分の中で明るい表現というのをベースに作っていって、制作スタッフさんや作詞作曲していただいたDECO*27さんに聴いていただきました。皆さんとの話し合いもあり、この曲をより面白くするためにいろんな色付けをしました。可愛く印象に残るような声色で、リズムで遊んでいくような歌い方をしました。逆にDメロはメッセージ性が強いので、言葉をより大切にした、しっとり浸るような歌い方にしました。1曲を通して聴いたときに、深みが出るように意識しました。

——改めて自分の歌声を聴いてみていかがでしたか?

岡咲 歌っているときは必死で、『限られた時間の中でいいものを作りたい!』という気持ちが大きかったです。出来上がった「ハピネス」を改めて聴いてみると、すごく自分の声にマッチしているというか、「ハピネス」という楽曲が、自分の声と手を繋いでいるなという感覚がありホッとして笑顔が溢れました!楽曲に寄り添った歌い方が、自分なりにできたのかなと思います。

——カップリング曲の聴きどころを、それぞれ教えてください。

岡咲 「Popping Moments」は青春感のある恋の歌です。女の子の弾けそうな気持ちを、バンドサウンドに乗せて気持ち良く歌わせていただきました。冒頭の「等身大でいいんだってさ」は歌いやすいところからサラっと入って、サビの「弾けそうな今は」という歌詞に向かって音程が上がっていくんですが、気持ちよく高音を聴かせられる部分はレコーディングでもこだわって表現しました。「MY SPIRAL」はキャッチーでデジタルな曲です。イントロから「なんだこの曲は!」というインパクトのあるサウンドで、歌い方もメロディーに合わせて可愛らしく、ぐるぐるな世界を冒険する本人自身が楽しんでいるような歌い方をしています。3曲の中では一番、声優として培ってきた引き出しの存在を感じる楽曲でした。ライブで歌ったら一体感が生まれる曲だと思うので、みんなと一緒に歌える日を考えるとワクワクします。