今この時が当たり前じゃないということを感じ取ってほしい

――中田さんは映画『マイ・ダディ』で、ムロツヨシさん演じる御堂一男の娘・ひかり役として出演されています。この役に抜擢された時の気持ちを教えてください。

中田 第一にすごく嬉しいという気持ちがありました。でも、時間が経っていくにつれて自分が任された役の責任などを考えるようになって、嬉しい反面、責任感も強く感じました。複雑な気持ちではありましたが、私を選んでくださったのがとにかく嬉しかったので、精一杯がんばろうと思いました。

――牧師の娘という役どころで、映画の中ではオルガンも演奏されていました。

中田 実際に演奏したのですが、撮影で現場に入ったときに弾いてみると全然できないということに気づいて。ピアノはやっていたので練習はしていましたが、オルガンはまた違いますし、特にペダルを踏みながらの演奏が本当に難しくて、現場でもすごく練習しました。また、教会という神聖な場所に入ることができたのも、自分にとっていい経験になりました。

――台本を読んで、ご自身とひかりとで共通している部分はありましたか?

中田 私はひかりのように表面的な明るさみたいなものはあまり持っていないけれど、ひかりの中にある意思の強さや、頑固な面は似ていると思いました。ひかりは友達を大事にする子だし、私も友達を大事にしたいので、そういう面でのギャップというのはあまりなかったかなと思います。ただ、演じた時に心情がだんだんと変化していくところなどはすごく難しかったです。

――中田さん自身はどういったところが頑固なんですか?

中田 自分で決めたことや、相手に対する気持ちみたいなものに対してはけっこう頑固だと思います(笑)。

――本作品でムロさんと初共演となりますが、どういった印象を受けましたか?

中田 ムロさんの存在は本当に大きかったです。間近でムロさんを見て、学ぶことは多く、役に真摯に向き合っている姿は格好よかったです。現場でも存在感があって皆さんとコミュニケーションをたくさん取られていていつも和ませてくださるので、そういう存在に私もなれたらいいなって思いました。

――劇中でひかりは白血病を発症してしまいますが、中田さんはこの役作りのために髪を剃って撮影に臨んでいます。ためらう気持ちはありましたか?

中田 事前にわかっていたことでしたし、なによりこの役を演じるにあたってすごく大事なことだと思ったので、全然抵抗はなかったです。それに撮影に入る前にも、助監督さんたちが白血病についてや、教会のことなどについて資料を作ってくださっていて。その資料を読んだり、白血病の方のインタビューやドキュメンタリーも観たりしながら自分の中でも想像力を働かせるようにしていました。

――そういった面からもひかりに対する理解を深めていったんですね。この作品に出演して変化したと感じることを教えていただけますか?

中田 お芝居に対する向き合い方が変わりました。もっとお芝居に向き合って、本当の意味で役として生きたいなと思うようになりました。これまでは作品に出ることが大事だと思っていたんですけど、それよりもこの役をやりたいと思ってできることが幸せなことだと思うようになりました。スタッフさんや共演者の方とコミュニケーションを取ることやしっかりと準備をすることが大切なんだなと。撮影までに一年あったのですが、できるだけ準備をするという過程を経て現場に臨むことができました。

――改めて本作品の見どころを教えてください。

中田 私としてはひかりが変化していくところを見てほしいです。最初は普通に学生として生きている。それがいろいろと段階を踏んでいって、当たり前だったことが当たり前じゃなくなったり、急にそこにあったものがなくなったり。状況が180度変わってしまったり、立ち直れないようなことがあったとしても、それが人生。特に私みたいな年代の方には、今この時が当たり前じゃないということを感じ取ってほしいです。

――中田さんは現在18歳ですが、同世代の方にも響くものが多い作品なのかなと思いました。

中田 私と同じ年代の方は思春期や反抗期で親との距離がある方が多いのかなと思います。でもそれがずっと続くわけじゃないし、その関係って変わらないようで実は変化しているんです。そうした中でも自分のことをずっと思ってくれている人はいるし、そういう人を大事にしてほしいなと思います。