初主演の映画撮影は怖いもの知らずで臨めた

——大森歩監督・脚本の映画『春』は2018年の作品で古川さんにとって映画初主演作です。主演に抜擢されたときはどのような気持ちでしたか?

古川 嬉しいというか、喜んでいたと思うんですけど、仕事を始めたばっかりだったので、主演ってどういうことなのかまったく分かっていませんでした。なので、いい意味で怖いもの知らずで臨めました。あとは周りの人に追いつくのに一生懸命でした。

——中学・高校と演劇部に所属されていたとのことですが、当時から主役を演じることはあったんですか?

古川 何回かあります。

——その経験は『春』の演技でも活きたのでしょうか?

古川 多少は経験が活きた部分もあると思うんですが、舞台だとスタートした時間軸はそのまま終わりまで流れていきます。でも映像だと必ずしも順番に撮れるわけではないので、ちゃんと自分が切り取って撮られたものがつながっているんだろうかという不安は、当時すごくありました。

——脚本を読んだときの印象はいかがでしたか?

古川 祖父母は北海道に住んでいて、距離が離れていたんです。だから『春』みたいに、おじいちゃんと一緒に暮らすという経験はなかったです。おじいちゃんが認知症で精神年齢が下がったり、一方で私自身の精神年齢は上がっていって交差したり、そういったこともなかったので、分からないことがたくさんありました。でも大森監督が、自分の思い出とかおじいさんとの話を丁寧にしてくださったおかげで、私もその部分を大切に演じようと思いました。

——『春』は大森監督自身の実体験がもとになっている映画ですが、演出方法はどのような感じでしたか?

古川 私が演じたアミは、大森監督の分身でもあるんですが、だからといって監督のキャラクターに寄せる演出などはなかったです。アミというキャラクターに関しては、本当に自由に任せていただいたので、演技で「こうしてほしい」といったようなことはなかったです。ただ、ちょっとした感情の出し具合とかで、演技そのものへの指示ではなく、「おじいさんとはこういう思い出があった」とか、「このシーンでは私はこういうふうに考えている」など、お話を共有してくださいました。

——大森監督自身の経験や思いを具体的に伝えてくださったんですね。

古川 そうです。色々なお話を聞くことによって自然と感情が湧いてきました。もしかしたらそれが大森監督の演出方法なのかもしれません。

——全体的に言葉で説明される部分が少ない映画ですが、演じる上での難しいところはありましたか?

古川 周りの方々や環境が整っていたので、そこに集中すれば自然に湧き上がるものがあったので、それに素直に反応していればいいんだろうなと思いました。だから特に大変とは感じなかったです。