Contents

大学時代から自分のやりたいことが見つかっている人は少ない

――作品のお話を聞く前に、映画『春』は大森監督の実体験が盛り込まれているとのことで、映画を撮るまでのキャリアをお聞きします。いつ頃から映像制作に興味を持ったのでしょうか?

大森 高校生の頃から、アートアニメや映画が好きだったので、将来は映像をやりたいなと漠然と思っていました。大学は多摩美(多摩美術大学)のグラフィックデザイン科に在籍していて、その頃はアニメーションの監督を目指していたんです。ただ就活のときに、アニメーション会社に落ちまくってしまって。そのほかにテレビ局なんかも受けたんですけど、内定したのがCM制作会社だけでした(笑)。その後、今のAOI Pro.に入って、CM監督をやっています。

――なぜ多摩美を進学先に選んだのでしょうか?

大森 多摩美のグラフィックデザイン科にはアニメーションコースという表現コースがあって、私の少し前の世代になりますが、『つみきのいえ』(08)の加藤久仁生監督や、作家でアニメも手掛けている近藤聡乃さんなど、アニメーション監督をたくさん輩出していました。だからアートアニメをやるなら多摩美のグラフィックデザインだなと思って受験しました。あと多摩美出身のゆらゆら帝国とラーメンズの大ファンだったっていうミーハーな理由もあって、絶対に行くぞ!と思っていました。

――受験勉強はいかがでしたか?

大森 多摩美には一浪して入りました。現役の頃は絵の勉強もそんなにしていなかったので全然ダメだったんですけど、もともと絵が得意だったので、そこまでハードルは高くなかったです。でも行ったら行ったで、みんなめちゃくちゃ絵が上手い。それにデザインや広告をやりたいっていう人がほとんどという学科だったので、私みたいにアニメーションをやりたいとか、イラストレーターや作家になりたいっていう人はわりとマイノリティーでした。教授たちも、広告界の大御所の方々が揃っていましたし、ちょっとおいてきぼりをくらっていた感じです。私は広告の授業をまったく取らずに、表現コースでイラストや絵ばかり描いていたので、CMを職業としている今となっては、大学の時にちゃんと広告の授業を受けておけばよかったという後悔もあります。

――『春』には美大生の主人公アミが広告の課題で厳しく講評されるシーンがありますが、これは実体験ですか?

大森 そうですね。実際に私が経験した講評はもっとシビアでした。ちゃんと考えて作ってないと、厳しい教授だと作品を投げたりする事もあったらしいです。パワハラではなくて、多摩グラは職人の世界というか、アートディレクターを育成する職業訓練学科なので、生徒も教授も全員が真剣なんです。意気込みや努力を中途半端にしない、そういう空気が好きでした。実際、社会人になってからも面白くない企画案は、さっと払いよけられたりするので、それぐらいの免疫をつけておけよ、というメッセージかなと思っています。

――在学中はアニメを作ることが多かったんですか?

大森 ほぼアニメしか作っていなかったです。古いアニメが好きなので、ベティ・ブープや初期のディズニー作品の真似をしていました。

――主人公のアミは将来、何をしていいか分からず悩んでいますが、大森監督はいかがでしたか?

大森 アミと同じでした。大学生の頃から自分のやりたいことが見つかっている人って本当に少ないと思います。『春』には橋本さんというアニメーター志望の女の子が出てきますが、橋本さんみたいな子の方が珍しいです。自分は何をやりたいか分からないけど、でも表現はしたいっていう不安を抱えたまま、就活をしながら自分の道を探していく人が多いと思います。

――橋本さんのように、夢に向かって我が道を行くという人は珍しいんですね。

大森 そういう人はすごいなって尊敬します。実際、私の友達でも就活をせずに、バイトをしながら作家になった人がいますが、やっぱり将来の不安ってすごくあるじゃないですか。自分が大成するかわからないし、お金の面の苦労もいろいろある。でも、その人は今や作家として活躍していますし、強いなと思います。

アニメーションの制作経験が役立ち、入社1年目からCM制作を任される

――それまでずっとアニメーションの世界を目指していたのに、いきなりCMの世界に進まれていかがでしたか?

大森 CMの世界では、制作プロダクションの監督ってまず企画をたくさん書くことから始まります。広告会社と一緒に案件を進めながら学ぶというやり方だったので、自分への不安以上に、人の書いたコンテを読むのがおもしろくて、楽しかったです。働いている方たちも、それまで映像をやったことのなかった人が多くて、広告が好きというストレートな理由で入ってきた人ばかりでした。

――プレゼン能力やコミュニケーション能力も求められましたか?

大森 コミュニケーション能力って後からついてくるものだと思います。美大の頃からアイディアや表現に勝るものはないと教えられてきたので、私はAOI Pro.で新卒採用も担当していたのですが、コミュ症の方でも全然大丈夫なのかなと思います。職種にもよりますが、面白いことを考えているかどうかで採用していく部分が大きいので。コミュニケーション能力や「サークルでこんなことしてきました!」みたいなものは関係ないと思っています。

――CMを任されるようになったのはいつ頃でしょうか?

大森 意外にすぐでした。入社1年目で、超低予算でCMを作る仕事があって、私は実写が未経験だったのでアニメで全部やらなければいけない。大学時代、イラストでアニメを描いたりコマ撮りをしたりという作業は一通りやっていたので「全然やります!」みたいな感じで引き受けました。実写は3年目になってからなんですけど、1〜2年目からアニメやコマ撮りのCMはたくさんやっていましたね。

映画製作を決断して会社に直談判

――映画『春』はどういうきっかけで作られたのでしょうか?

大森 CMの仕事を始めて7~8年目の頃、大学時代に一緒に住んでいたおじいちゃんが亡くなって、悲しいというよりも、自分もいつか死ぬんだなと思ったんです。当時は鬱々としながら働いていたこともあって、それを題材にした話を書いてみようと脚本を書きはじめました。CMの仕事は楽しいけれど、自主的に企画を作ることはないし、モノを売ることが一番の目的だったりする。映像が好きでこの世界に入ったけれど、自分のことがどんどん嫌いになっていく諦めもありました。このモヤモヤをどうしようかと悩んでいた時に、自分で映画を作ってみようと思ったんです。

――脚本を執筆したのはいくつのときですか?

大森 書き始めたのは29歳くらいです。脚本を書きたいというよりは、その時は仕事が忙しかったこともあって苦しくて、ちょっと鬱になりかけていました。 なんとなくこなせるようになったけど、自分はこのままでいいのかなと。誰にでもそういう時期ってあると思うんです。自分が腐っていくんじゃないかという不安もあって、90分ぐらいの長編映画を作るために脚本を書きました。会社には「たくさん賞を獲る映画を作るので、予算を少し出してくれませんか」と持ちかけました。

――自主制作ではなく、会社に持ちかけるところがすごいですね。

大森 そういった気持ちに寄り添ってくれる、素晴らしい会社だと思います。CMとは全く関係のない映画なんですけど、「これが後々会社とお前のためになることだったらいいよ」という感じで稟議が通りました。もちろん自分でも半分お金を出したんですけど、お金の面を考えると短編映画が精一杯でした。短編映画でもいいから作らなきゃと思って、フィルムコミッションに脚本を持っていって、ロケ地を貸してもらったりしながら、いろんな人に声をかけて作っていきました。

――かなりスピーディーに進んだんですね。キャスティングはどのように決められたんですか?

大森 映画事業部のプロデューサーが「デビューしたてのいい子がいるよ」と教えてくれて、その時にデビューしたての古川琴音さんの宣材写真を見たんです。それがちょっと異様だったんですよ。ちょっと斜に構えて、こちらを睨んでいるような、めちゃめちゃかっこよくて吸い込まれるような宣材でした。実際に会った時も古川さんに圧倒されました。当時、古川さんは大学生で、舞台演劇をやっていて。事務所に入ったばかりだったんですけど、会った瞬間に「よろしくお願いします!」って私から言いました。撮影現場でも全幅の信頼をおいていました。古川さんにこちらが助けられることが多かったです。

――古川さんに『春』についてインタビューした際、「大森監督は思い出を共有してくださった」と仰っていたのが印象的でした。

大森 CMは2秒単位でカットが変わっていくので、この時はこういう動きで、こういうポーズって細かく決め込むことも多いんです。でも映画は、どう動くか、どうセリフを言うかじゃなくて、どういう念を残すかが大事なんだろうなと。これまでたくさんの映画を観ていく中で、この人が何を思っているのかを、いかに映像で滲ませられるかが映画なんだろうなと思いました。だからおじいちゃん役の花王おさむさんと古川さんには、こう動いてくださいってことは一切言わずに、「このときはこういう気持ちだったけど、古川さんはどうですか?」という風な話を細かくしました。

――映画を撮る上で一番に意識したことを教えてください。

大森 核となるシーンを中心に考えることです。『春』なら最後のシーン、『リッちゃん、健ちゃんの夏。』なら教会でプロポーズするシーンですが、このシーンをこう撮ると決めたら、そこに合わせて、主人公がどういう気持ちになっていくか、どういうロケ地がいいかを考えました。CMの場合は全部が完璧に決められているし、それをスポンサーさんやクライアントさんにも確認して進んでいくんですけど、映画は核のシーンだけ決めて、それに合わせて気持ちをどう作っていくかを大切にしました。

――撮影スタッフもCM制作のメンバーだったんですか?

大森 全員CMの人です。CMをやりながら、映画が大好きで映画をやりたいと思っている人たちばかりだったので、そういう思いが表れて良かったと思います。

――ライティングやカメラの動きなど、あらゆる面でCMとは違いますよね。

大森 そうですね。みなさん映画の経験はそんなになくて、自主映画をちょっとやったことがあるぐらい。でも、いつもCMで一緒に仕事をしている人たちと映画を作れることが楽しくてしょうがなかったですし、どういう風に作っていこうかって考えるのも楽しかったです。これを機に、映画の世界でも活躍するようになった人も多いです。

年齢に応じての紆余曲折は誰にでもある

――『リッちゃん、健ちゃんの夏。』制作の経緯を教えてください。

大森 『春』を撮った後、渋谷TANPEN映画祭の主催者の佐世保映像社さんから佐世保市をPRする短編映画を撮ってほしいという依頼がありました。佐世保市のPR映画で、ロケ地は渋谷区と佐世保市、主演の2人は武イリヤちゃんと笈川健太君というのは、すでに決まっていました。当て書きは難しいなと思ったんですが、その2人だったら教師と生徒ということでイケるのではないかと脚本を書き始めて、シナハン(シナリオハンティング)に行きました。ロケ地の佐世保市の離島の黒島が本当に素敵な場所で、これもできる、あれもできると思うことばかりでした。

――主演の二人にはどのタイミングで会ったのですか?

大森 シナハンに行ったタイミングです。その前に二人の過去作の演技は見ていたので、この二人が得意なことをやろうと思いながら作りました。武さんは感受性豊かで素直なので、演じる相手によって空気がガラリと変わるのが面白かったです。演技指導も特にしていないし、武さんが笑うと嬉しくて、寂しそうな時は悲しい。観る人の鏡のようになって欲しいと思っていました。笈川くんは、佐世保弁を完璧に身に付けてくれたので、アドリブ芝居をお願いする時は、武さんを引っ張ってくれました。スタッフと一緒にカエルを捕まえたり、島の方と飲んだり、あの土地の人や空気を大切にしていたのが、健ちゃんから伝わると思います。

――どちらの映画も映画祭で高い評価を受けましたが、仕事の面でプラスになった部分はありますか?

大森 CMの仕事という面では、今までやってきた仕事とは違う、人間ドラマっぽいようなCMも作らせてもらえるようになりました。今まではアニメや、女性向け商品の仕事が多かったので、仕事の幅は広がりました。

――映画を撮ったことで、ご自身の意識は変わりましたか?

大森 今後、新たな悩みが出てくるんだろうなとは思いますが、仕事をしていて辛いと思うことは一切なくなりました。たぶん年代によって悩みは全然違うんでしょうね。社会人1年目だったら自分ができないことが悔しいとか辛いとか思うし、社会人5、6年目だったら仕事ができるようになって、仕事ができない人を見てムカつく時期もあるでしょうし。私のように仕事に慣れてくると、このまま慣れてしまっていいのだろうかと不安になったりする。そういう紆余曲折はおじいちゃんおばあちゃんになっても、誰にでもあるんじゃないかと思います。

――改めて「W online」を読んでいるティーン読者に、2本の映画の見どころを教えてください。まずは『春』からお願いします。

大森 『春』は大学生の話ですが、高校生の頃から進路に悩むこともありますよね。私の場合はどう生きていこう、どんな職業に就こうかって思ったときに、おじいちゃんが自分の50年後の姿に思えたんです。そのときの想いを映画で描いているんですが、一人の人間に深く関わることは、その後の人生で大きな財産になります。それは友達でも彼氏彼女、家族、先生、誰でもいいんです。サシで人と向き合いぶつかった経験が一度でもあると、人間は強くなれます。それを『春』の主人公アミから感じ取ってください。

――『リッちゃん、健ちゃんの夏。』は?

大森 私は小中高と同級生の男子としゃべるのがなんとなく怖くて、学校の先生しか好きにならなかったんです。異性は大人としかしゃべれなかったんです。小中高の頃って漫画を読んだりドラマを見たりする影響で、この人が好きだってなんとなく勘違いしてしまうことが多いのではないでしょうか。その人自身ではなく、こういう恋愛をしたいという願望もあいまって誰かを好きになると思うんです。そういう「勘違い」は素晴らしいと思いますし、この映画でも、先生との恋愛を「いい勘違い」として描きたかったんです。それって大人になりたいという気持ちの表れなのだと思います。そういう「いい勘違い」をたくさんしてほしいなと思います。

Information

『春』
同時上映『リッちゃん、健ちゃんの夏。』
10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開

[キャスト]
古川琴音
花王おさむ 加藤才紀子

監督・脚本:大森歩

製作:AOI Pro. × 第8回きりゅう映画祭制作作品
配給:アルミード
AOI Pro.  2018/ 日本/ カラー/ 16:9/ DCP/ 27min

祖父(花王おさむ)の家に居候して二人暮らしをしている、美大生のアミ(古川琴音)。いつも満州に行ったことを自慢気に話す祖父を、「衛生兵だったんでしょ。私も戦争したよ、受験戦争」と馬鹿にするアミは、翌年に就活を控えている。アニメオタクの同級生・橋本(加藤才紀子)が我が道を行く一方、アミは、自分の描きたいものを描くのではない”広告”の課題に苦戦し、自信を喪失していく。同時に家では、どんどんボケていく祖父にイライラが募り、アミはとうとうキレてしまうが、ある日、初めて聞く祖父の話に気持ちが動き……。

公式サイト

公式Twitter

『リッちゃん、健ちゃんの夏。』

[キャスト]
武イリヤ 笈川健太
大國千緒奈 藤原隆介

[スタッフ]
脚本・監督:大森歩
主題歌:「あの日」寺尾紗穂 P-VINE RECORDS

©渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2019 AOI Pro.

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 オリジナル短編映画 第3弾
渋谷センター商店街・させぼ四ヶ町商店街プロジェクト 長崎県若者アート「LOVE♡ながさき」創造プロジェクト

配給:アルミード
2019/ 日本/ カラー/ 2Kビスタ/ DCP/ 30min

佐世保市在住の中学2年生のリッちゃん(武イリヤ)は、両親の離婚で、2学期から東京への転校が決まっている。夏休みの間に、恋する国語教師の健ちゃん(笈川健太)を追って黒島にやってきたリッちゃん。迫害された潜伏キリシタンが逃げた黒島で、死んでもいいと思うほど愛する健ちゃんとの淡い恋は実るのか……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

大森歩

1985年10月24日生まれ。東京都出身。愛知県の大森牧場で育ち、実家は骨董屋を経営。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。Club_A所属、CMディレクター。手がけたCMにダイワハウス「かぞくの群像」、ミルボン「美容室の帰り道」、ケアリーヴ「僕は、ばんそうこう」、ラインクリスマス、マンダム・ビフェスタ、など。『春』が映画初監督作となる。2021年公開作に【SSFF & ASIA 2020 クリエイターズ支援プロジェクト】の短編映画『卵と彩子』(出演:剛力彩芽、岡山天音)がある。

Photographer:Seita Andoh,Interviewer:Takahiro Iguchi