主演の森崎ウィンさんとは同い年で境遇も似ている

――映画『僕と彼女とラリーと』はモータースポーツ・ラリーを題材とした物語ですが、どのような気持ちで撮影に臨まれましたか?

深川 それまでラリーというものに馴染みがなかったので、まずは自分で調べたり、撮影前にプロのドライバーさんの助手席に乗せていただいて実際の速さを体感させていただきました。150キロという経験したこともないような速さで、「ひゃー!」と叫ぶことしかできなかったんですけど(笑)。私が演じる美帆という役は普段から車の運転がかなり上手な役だったので、ラリー車の運転についてもしっかりと知識を身につけておかないと、と思って勉強しました。

――深川さん自身、運転免許はお持ちですか?

深川 持っています。ただ自分の車を持っていないので普段運転する機会は滅多にないんです。今回の撮影では撮影の安全上、車を運転するシーンは牽引で撮りましたが、私が持っている免許はAT限定で、撮影で乗った車はマニュアル車だったので、ラリー車を運転するためのレバーさばきなど何から何まで教えていただきました。

――撮影期間を振り返って、感想を聞かせてください。

深川 豊田市(愛知県)、恵那市(岐阜県)の方々の全面協力のもと、約1カ月間撮影させていただきました。地方で1カ月もの長い間撮影をする機会ってあまり多くはないので。その分絆も深まりましたし、自然豊かな環境でとてもリラックスして撮影に臨めました。私は出身が静岡県なのですが、セリフに出てくる方言とかなり似ていたので、地元にいるような感覚にもなりました。

――確かに作中では美しい風景が随所に見られます。

深川 山や湖の景色は本当にきれいでした。水が透き通っていて、そこに山が反射して映っていたり。とても素敵な風景だったので写真をたくさん撮りました。また豊田市美術館にも行かせていただき、すごくきれいな場所で、プライベートでもまた行きたいなと思いました。

――主人公・北村大河役の森崎ウィンさんとの共演はいかがでしたか?

深川 幼馴染という役柄もあってしっかりコミュニケーションを取りたいなと思っていて。とはいえお会いするのは初めてなのでどうなるのかなと想像しながら撮影に入ったのですが、とても気さくな方で初日から現場を引っ張ってくださりました。わりとスッと仲良くなれた気がします。撮影期間もシーンによっては、「ここはどう演じていくか」を相談し合えたので良かったです。

――同い年ということもあり、親近感もありましたか?

深川 そうですね。同い年ですし、(水野一秀役の)田中俊介くんも含めて、グループからソロになったという境遇も似ています。意外とこの世代の人とお仕事で出会うことが少ないので、互いに「この学年、頑張っていこうね!」と言い合ったりしました(笑)。