中学時代の悩みを思い出しながら役作り

――『リッちゃん、健ちゃんの夏。』の撮影は2年前だったそうですが、武さんは当時大学1年生で、中学2年生のリッちゃんを演じるのは大変だったと思います。初めて脚本を読んだときにどう思われましたか?

武 それまで大森歩監督とお会いしたことはなかったのですが、私とW主演の笈川健太君に合わせて脚本を書いてくださったんです。当て書きなのに「中学生でくるんだ!5、6年前の年齢の役を果たしてできるのかな……」って思いました。中学生当時、自分はどういうことに悩んでいたのかを思い出しつつ、探り探りという感じで役作りをしました。

――リッちゃんは笈川さん演じる国語教師の健ちゃんに思いを寄せます。武さん自身、学校の先生に思いを寄せた経験はありますか?

武 私自身はなかったんですけど、中学時代に若い先生のことが好きだった友達がいて、よく相談を受けていたんです。だから脚本を読んだときに、先生を好きになるのも普通にあるよなって思いました。その子には「先生を好きになってくれてありがとう」って感謝しています(笑)。私は中学生のときは塾に通っていたんですが、大学生の先生が多く、ちょっと大人に見えるし、かっこいいなって憧れみたいなものもあったので、友達の気持ちも理解できました。

――リッちゃんと武さん自身に共通している部分はありますか?

武 恋愛に関してはリッちゃんと一緒です。その人のことが好きだって自覚したら、駆け引きとかせずに、ストレートに気持ちを伝えるというか、よっぽど無理じゃない限りは「ワーッ!」って突っ走ってしまいます。自分で行動を起こさないと何も始まらないですからね。

――撮影は長崎県の佐世保市の市街地と、その離島の黒島で行われています。どちらも異国情緒が漂っていましたが、特に黒島は独特の空気感が伝わってきました

武 佐世保の市街地も黒島も初めてだったんですが、黒島は毎朝早くから島の人たちが教会でミサをしていて、日本じゃないような空気感がありました。撮影したのも、実際に島の人たちが使っている場所だったので、異質な雰囲気の中にいるだけで、いつもの自分と違うような気持ちになりました。

――リッちゃんと現地の子どもたちが触れ合うシーンは、すごく自然で微笑ましかったです。

武 島の子たちは天真爛漫で、「いい場所に育ったな。このまま成長していってほしいな」と思いました。最初は緊張していたのか、ちょっとだけもじもじしていたんですけど、一緒に「だるまさんが転んだ」をやったら、すぐに人懐っこく接してくれました。

――リッちゃんと健ちゃんが海中で抱擁するシーンが印象的でした。

武 撮影で一番苦労したのが、そのシーンでした。私は水恐怖症で泳げないですし、息継ぎもできない。脚本に「海に飛び込む」って書いてあったのを読んで、絶望的な気持ちになりました(笑)。5、6回は海に飛び込んだんですけど、そのたびに髪も服も乾かして、髪も長かったからへとへとでした。飛び込んだはいいけど、泳ぎ方も分からない。近くに海女さんが待機してくださっていたんですけど、カットがかかってからじゃないと来られないし。最初に飛び込んだときは、水の中で「がはっ!」ってなっちゃって、これで死ぬんだなって思いました。

――死まで覚悟したんですか(笑)。

武 泳げないから基本、笈川君に任せきりでした。けっこう海も深くて、「手前すぎるところから飛び込むと、貝に当たって血だらけになるから思いきり遠く飛び込め」って言われて余計に怖かったです。今でも、海に飛び込むなんて考えられないです!

――笈川さんの印象はいかがでしたか?

武 いつもニコニコしていて気さくな方です。先生っていつもはニコニコしていても、一瞬真顔になったりするじゃないですか。そんな瞬間が笈川君にもあって、「先生が憑依してる!」って思いました。当て書きだけあって、健ちゃんという役が馴染んでいて、「あんな先生いるよな」って思わせてくれました。

――武さんも映画初主演とは思えないほど自然な演技でした。

武 考えすぎちゃいけないと思いました。もちろん方言なんかはちゃんと言わなきゃいけなかったんですけど、そこまでセリフにとらわれず、その場で思ったように動くしかないなと。中学生の感情になり切って、余計なことは考えず、相手の言葉を聞いて反応するという演技を心掛けていました。

――大森監督の演出はいかがでしたか?

武 基本は委ねてくださって、私たちが演じた後に「ここは違うからこうした方がいい」って伝えてくださるような感じですね。私たちはそれを踏まえて演じていくという風に進んでいきました。

――完成した映画を見て改めていかがでしたか?

武 意外と自分が幼く見えました。髪も年齢に合わせて短くしたということもあると思うんですけど、意外と中学生役もイケてたなと(笑)。