芸能生活に必要なことを大学で学べている

――この世界をめざしたきっかけを教えてください。

武 小学生の頃にスカウトを受けて事務所に入ったんですけど、そのときは単なる好奇心で、本気でやろうと思っていなかったんです。でも中学生のとき、学校から帰ったら、たまたまテレビでドラマ『1リットルの涙』の再放送をやっていて。途中から観たのにめちゃくちゃ大号泣しました。そのとき、ふと人を泣かせることができるってすごい、人の心を動かすことってすごいことだなって思ったんです。それまでは映画を観ても「面白いな」で終わっていたんですけど、そのときに演技のお仕事を本気でやりたいと思いました。

――今は俳優だけでなくモデルのお仕事もされています。

武 モデルを始めたのは1年前ぐらいからなんですけど、俳優とは全然違うジャンルの仕事だと思います。同じ見せる仕事ではありますけど、見せ方は違いますし、どちらも難しいですけど、それぞれやりがいを感じています。

――現在、武さんは現役大学生ですが、大学へ行こうと決めた時期はいつですか?

武 高校生になって、漠然と大学には行きたいなと思っていたんですけど、別に大学でやりたいこともないからいいやと思っていました。でも進学か就職を考える時期に母に「絶対に大学は卒業したほうがいい」と言われて。将来を考えて、興味があった芸術系の大学に行ってみようと。母の「行った方がいい」という念押しは大きかったですね。

――芸術系の学科で学ばれているそうですが、仕事に活きている部分はありますか?

武 正直、現場での経験からのほうが学ぶことは多いですが、演者以外の視点で仕事を見ることができるという点で、芸能生活に必要なことを大学で学べていると思います。

――学業と仕事の両立はいかがでしょうか?

武 めちゃくちゃ難しい!今3年生なんですけどそろそろ楽になると思っていたんです。ところが、ここ1年くらいで、仕事の量がすごく増えたこともあって、単位を取れるか取れないかギリギリの出席率です。移動中に課題をやったり、レポートを毎週のように提出したり、今が一番大変かもしれません。せっかくここまで通わせてくれたので、絶対に卒業はしなきゃなと思っていて。大学卒業という称号をもらうために必死に頑張ってます。

――大学進学を検討しているティーン読者にアドバイスをお願いします。

武 高校生のうちにやりたいことを決めるっていうのはすごく難しいことだと思います。だいたいは決めたほうがいいと思うんですけど、大学に入ってからやりたいことじゃないなって感じたら、無理して通わなくてもいいと思います。ちょっと学ぶことが多くなって大変かもしれないけど、学科を変えてみるのもいいかもしれません。これだけをやっていくって決め込まずに、気軽に視野を広げてみる。他の分野にも興味があるのであれば、手を出してみるのもいいんじゃないかなって思います。

――最後に改めて『リッちゃん、健ちゃんの夏。』の見どころを教えてください。

武 10代の方からしたら中学生の頃の記憶は、ついこの間みたいな感じかもしれません。その記憶の中には、先生を好きになったり憧れを抱いたりした人も少なくないと思います。その当時の感情を思い出して、「甘酸っぱかったな」とかドキドキしてもらえればなと。もちろん、今まさに恋愛中の人は「分かる分かる」とか「こんなこと言われたら辛いよね」とか、深く共感してもらえたら本望です!

Information

『リッちゃん、健ちゃんの夏。』
10月1日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開

[キャスト]
武イリヤ 笈川健太
大國千緒奈 藤原隆介

[スタッフ]
脚本・監督:大森歩
主題歌:「あの日」寺尾紗穂 P-VINE RECORDS

©渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保2019 AOI Pro.

渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保 オリジナル短編映画 第3弾
渋谷センター商店街・させぼ四ヶ町商店街プロジェクト 長崎県若者アート「LOVE♡ながさき」創造プロジェクト

配給:アルミード
2019/ 日本/ カラー/ 2Kビスタ/ DCP/ 30min

佐世保市在住の中学2年生のリッちゃんは、両親の離婚で、2学期から東京への転校が決まっている。夏休みの間に、恋する国語教師の健ちゃんを追って黒島にやってきたリッちゃん。迫害された潜伏キリシタンが逃げた黒島で、死んでもいいと思うほど愛する健ちゃんとの淡い恋は実るのか……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

武イリヤ

モデル・女優

2001年3月23日生まれ。千葉県出身。映画『SUNNY-強い気持ち 強い愛-』(18)、ドラマ「刑事7人」(テレビ朝日)などに出演。雑誌「MAQUIA」(集英社)やアルビオン「IGNIS io」広告に出演するなどモデルとしても活動の幅を広げている。現在カネボウ「KATE」のビジュアルモデルを務めている。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Takahiro Iguchi
衣装協力
JILL by JILLSTUART