映画初主演でセリフの意味を理解することに苦労した

――岡本真希役として『光を追いかけて』で映画初主演が決まった時のお気持ちを聞かせてください。

長澤 鮮明に覚えているわけではないですが、台本を読ませていただいた時に、真希と私は性格や感情の出し方がまったく違う子だと思いました。自分に真希が表現できるのか、不安はすごく大きかったです。

――真希とご自身は真逆とおっしゃいましたが、そうなると役作りも苦労されましたか?

長澤 最初はセリフを覚えることはできても、セリフの意味というか、「真希がなぜその言葉を言っているのか」が、あまり分からなかったんです。でも、撮影に入って演じていくうちに意外と難しい子じゃないことが分かってきて。真希は悲しい時には泣いて、嬉しい時は笑う、喜怒哀楽の激しい子ではあるけど、それは自分とも少し共通しているところだと思いました。

――ロケも作品の舞台である秋田県まで行かれたとうかがいました。

長澤 もともと私がインドア派だということもあって、普段は旅行にも全然行かないんですけど、今回は撮影が始まる前からワクワクしていました。実際に行ってみると、お米はもちろんおいしいし、それ以外の食べ物もおいしい、景色も綺麗なんです。田んぼの稲の中で寝っ転がったりもしたんですけど、初めての経験でした。

――どのくらい滞在されていたんですか?

長澤 2〜3週間くらいです。親元を離れて一人で遠出をするのは初めてだったから最初は寂しかったです。でも、共演の中川(翼)くんや中島セナちゃん、柳葉(敏郎)さんたちもいらっしゃったので、暗くはならなかったですし、撮影が終わった後に「帰らないといけないのか」という寂しさがありました(笑)。

――むしろこのままずっといたいくらい。

長澤 それくらい思っていました(笑)。

――行く前に楽しみにしていたことはありましたか?

長澤 やっぱり食べ物です。食べることも大好きなので、「絶対おいしいだろうな」ってワクワクしていました。撮影中は、お弁当なども地元の方が作ってくださって嬉しかったです。空いている時間に地元の方とも話して、知らなかったこともたくさんあったので、全部が新鮮でした。

――撮影でも印象に残ることがたくさんあったと思います。例えば物語の序盤、真希が自宅の屋根の上に登っているシーン。

長澤 実は、高いところが得意じゃなくて、ちょっと怖かったんです。支えもほとんどなくて自分で立たないといけないから、「もしものことがあったら」ということばかり考えてしまいました。でも、登っているうちにだんだん撮影じゃなくても登りたくなりました(笑)。もちろん危ないから、そんなに登ってはいないですが、真希が屋根の上が好きな理由が少しわかりました。気持ちいいし、一人になれる場所でもあるから、個人的にはそこにいるだけで落ち着くんです。