日本初のバーチャルプロダクション技術を使った撮影

――今回のプロジェクトに参加を決めたきっかけを教えてください。

松本 こういう大変な状況が続いているなかで、みんながいろんな気持ちを抱えていると思います。私はそういう状況に対してネットなどで発信しないタイプなので、こうやって作品という形で届けられるのはありがたいなと思いました。別の映画を1本撮り終えてからすぐの撮影で、時間がない中ではありましたが、こういう状況の中で誰一人欠けることなく作品が作れるのは普通のことじゃないんだなという思いをかみしめて、最後まで撮りました。

――『ユメミの半生』の脚本を読んで、どんな印象を受けましたか?

松本 すごい展開の速さだなと思いましたし、ひとつの短編映画の中でひとりの人生を使って映画の歴史を描くのも面白かったです。今回は日本で初めての技術(バーチャルプロダクション技術)を使っての撮影だったので、本当にやってみないと分からないし、できてみないと分からないという、ワクワクもありました。

――バーチャルプロダクション技術を使った撮影はいかがでしたか?

松本 いろんな場所で撮ろうとしたらすごく時間がかかるものを、ひとつの場所で、1日でぎゅっと撮れるので、これが普通になったらすごいなと思いました。やっぱり自然の中での撮影だと空気を感じられたり、飛んでいる鳥を見たりするという、その場にいることで広がる表現もあると思いますが、今回は技術さんの力を借りて作る部分が多いので、みんなで一丸となって作っている感は強かったです。お芝居する上では、普段とはあんまり変わらないのかなと思いました。

――完成した作品をご覧になった感想も教えてください。

松本 面白かったです。違和感がひとつもないと言ったら嘘になるんですけど、そのちょっとした違和感もいい仕上がりになっているというか。ちゃんと演じている人の表情に目がいったので、技術的にも成功じゃないかなと思います。ラストのシーンは、これから起こることにワクワクできるようなモノ作りをすることで、ネガティブもポジティブに捉えられるかなと思います。

――映画の歴史にならってさまざまな撮影をされていますが、その中でも気に入っているパートはありますか?

松本 今回、初めてカンフーをやりました。やっぱり初めてやることは楽しいなって思いました。あとは風が吹くなかで小関(裕太)くんと見つめ合って、寄り添って抱き合っていたときの格好は印象的です。クルクルと巻いた髪型は普段はやらないし、セリフの言い方とかも面白かったです。

――小関さんとは映画『みをつくし料理帖』でも共演されていますよね。

松本 『みをつくし』のときの役柄とは全然違ったので、「あのときは『食は人の天なり』とか言っていたのに、今度は二人でバイクに乗っているなんてなんか面白いね」と話していました。やっぱり一度共演したことがあるので、すごく自由に撮影ができました。