常にゾンビとの戦いをイメージトレーニング

――今回、「DIVOC-12」プロジェクトに参加しようと思ったきっかけを教えてください。

清野 コロナ禍で撮影が止まるなど、本当に悔しい思いをしている中で、もう一度日本の映画界を盛り上げようという前向きな姿勢に胸を打たれて、私もどんな形であれ、少しでも参加できたらいいなと思いました。中元(雄)監督はアクションに対するリスペクトが強くて、他にない世界観をお持ちの方で、その世界観に浸れるというのもとてもワクワクしましたし、私はゾンビに追いかけられるのが長年の夢で(笑)。その夢も叶えてもらえるんだと、本当にやりたいと思わされる作品でした。

――中元監督とのやりとりで印象的なエピソードを教えてください。

清野 ゾンビだけだったら怖いけど、その中でもクスっと笑えるコメディ要素をちりばめていきたいとおっしゃっていて。基本的には自分でこうしようというのはあまり決めずに、現場に行って、監督と一緒に少しずつ完成させていった感覚がありました。監督は「こういうことをやりたい」というのが明確にある方で、「これってどうなんですかね?」と聞いたら必ず答えをお持ちだったので、とてもやりやすかったです。アクションにしても「今回はブルース・リーっぽく」「次は千葉真一さんっぽく」とか(笑)、監督のやりたいことをやりましょうという雰囲気で撮影をしていて、たくさん笑いがあるすごくいい現場でしたね。

――監督からのリクエストで大変だったこと、難しかったことはありますか?

清野 やっぱり「コォ〜〜」(※千葉真一さんのモノマネ)ですね。あんなにやったのに、カットされちゃったんですけど(笑)。でもブルース・リーをイメージした、ゾンビの手でヌンチャクをするところは入っていてよかったです(笑)。

――たくさんの見せ場がある中で、清野さんのお気に入りのシーンを教えてください。

清野 ゾンビを切り裂いた後に大きなカマを回すんですけど、あそこは何回もNGを出しちゃって、苦戦しながら頑張ったシーンです。あとドリルでゾンビの頭を攻撃するところは、実際はドリルが動いていないけど動いている感じを出さないといけなかったので、刺されるアクションマンの方と一緒に振動を出せるように努力しました(笑)。

――ホームセンターが舞台ということもあって、アクションの中でいろんな道具も登場しました。

清野 そうですね、今まで剣や銃、素手を使ったアクションはやってきましたけど、DIYの道具を使うことはなかったです(笑)。あとはゾンビから引きちぎった手がヌンチャクになる発想もすごく刺激的で面白かったです。でもやっぱり本物のヌンチャクではないのでキレイに回らないし(笑)、そういう苦労はありました。今回のアクション監督が以前何度かお世話になった方たちで、私のよさもアクションの中に入れてくださって。さらに監督が敬愛しているブルース・リーやジャッキー・チェンの要素、そして私が『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチに憧れてアクションを始めたので、その要素も取り入れてくださったんです。みんなの夢がギュッと詰まっていますし、すごく映画愛に溢れた作品になったのかなと思います。

――映像としてアクションをカッコよく見せるコツはありますか?

清野 同じリズムで動くと、どれだけ速くてもそう見えないので、同じテンポにしないようにすることは心がけています。一発一発にインパクトを残したいので、殴るにしても斬るにしても、必ず余韻をオーバーにつけています。あとはアクションマンのみなさんの受けがすごくて、自分の余韻+アクションマンの方のリアクションという化学反応で、ダイナミックなことが起きているように見えたらいいなと思っています。

――撮影期間が短い中で、キャストやスタッフとのコミュニケーションで心がけたことはありますか?

清野 みなさん、向いている方向が一緒だったので、特別に何かしたということはなかったです。夢中で走りきって、みんなで作り上げたという感覚でした。自分でも満足のいく素敵な作品になったなと思います。すごく楽しかったです。

――後輩役の高橋文哉さんとのテンポ感もすごく面白かったです。

清野 あんなにいい人がいるんだって思うぐらい、本当に優しい男性でした。すごく疲れていると思うのに、「お疲れさまでした。これだけ言いたかったんで」と私の撮影が終わるのを待ってくださっていて。すごく素敵な俳優さんでした。

――ゾンビに追いかけられるのが夢とおっしゃっていましたが、もともとゾンビはお好きなんですか?

清野 大好きです! 『バイオハザード』で好きになって、ずっと追いかけられたいと思っていたのは『ウォーキング・デッド』のゾンビですね。全部のシーズンを見ていて、あの仲間に加わりたくて。ゾンビ役でもいいからどこかで出られないかというくらい、あのゾンビたちに追いかけられたいし、頭を突き刺したいです(笑)。常に「もし電柱の影からゾンビが出てきたらどう刺そう」とか、イメトレをしています。