Contents

松本穂香は芯のある女優さん

――『DIVOC-12』はソニー・ピクチャーズによるクリエイター支援プロジェクトによって作られた作品ですが、お話を聞いたときにどういう印象を受けましたか?

小関 コロナに立ち向かいながら、若い才能にチャンスを与えて支援するという試みが素敵だなと思いましたし、この作品のテーマ、届けたいメッセージに共感しました。僕自身にとっても、上田(慎一郎)監督とご一緒できるのが大きくて。『カメ止め(カメラを止めるな!)』(17)を拝見したときに、単館映画から始まって口コミで広がっていくという世間の広がり方、物語の構成など、いろいろなものを含めて現場での結束力がすごいんだろうなと感じたんです。どんな過程で『カメ止め』を作ったのだろうか、どういう風にもの作りをする監督なんだろうかという興味があったので、現場でご一緒できるのが嬉しかったです。

――小関さんが出演した『ユメミの半生』は、日本初となるバーチャルプロダクション技術を使って撮影したそうですね。

小関 今回は最新技術を使ったことによって、現場を移動せずに同じ場所で、様々なシチュエーションを完結させるという面白さがありました。新しい技術を使った最初の作品ということで、現場で調整しながらの撮影だったので、時間はかかった方だと思いますが、これが標準になったら、短い時間でぎゅっと集中して撮れるなと感じました。

――実際にお芝居をする場所の背景にも、本編で使われている映像が投影されているんですか?

小関 そうです。大きな板の中にたくさんLEDが組み込まれていて、ものすごく近づいたらそれが分かるんですけど、引いてみると映像に馴染むんです。ブルーバックなどと違うので、映像をイメージしやすかったです。

――上田監督の演出はいかがでしたか?

小関 僕はもの作りが大好きなので、出演するというよりも、同じ作品に携われるという感覚が大きいんです。なので、台本を読ませていただいた上でアイデアも投げさせてもらいたいと思っていて。もし上田監督が厳しい方で、「いやいや君はそう考えるかもしれないけど」いうスタンスだったら怖いな……と思っていました(笑)。実際はとても素敵な方で、アイデアも聞いてくださるし、聞き入れた上で、さらに大きなアイデアを持ってきてくださるんです。

――柔軟に対応してくださるんですね。

小関 脚本自体も上田監督が書かれているので、僕が最初にアイデアを提案させていただいた際に、脚本のこだわりを教えていただきました。その上で僕が「では、これはどうですか?」と投げた後に、「ちょっと一回かみ砕いてみます」と言ってくださって、また新たなアイデアが現場で発案されるんです。柔軟に一人ひとりの意見に耳を傾けて、チームワークを大切にされる監督でした。

――『ユメミの半生』にはサイレント映画の時代にまで遡って、様々な名画のオマージュが数多く詰め込まれています。台本にはどの程度まで書かれていたのでしょうか?

小関 台本はシンプルに状況とセリフだけが書かれていたのですが、「このシーンは、この名作をオマージュしています」というような参考資料もあって、そこから話し合ってすり合わせていく感じでした。

――小関さんから上田監督にどのような提案をされましたか?

小関 いくつかあるのですが、今パッと思い出したのは、冒頭に出てくる単館映画館のロビーにいる男の子にとって、僕が演じているテツオにはどんな意味合いがあるのかなって深読みして考えてみたんです。テツオは主人公のユメミが男の子に語る登場人物なので、作品の中で対峙することはありません。なので、テツオは男の子にとって、理想の男性像かもしれない。そういったお話を上田監督にさせていただいて、しぐさなどの見せ方を提案させていただきました。

――主人公ユメミを演じた松本穂香さんは、映画『みをつくし料理帖』(20)でも共演されていますが、改めて印象をお聞かせください。

小関 すごく芯のある女優さんだなと感じました。『ユメミの半生』は、いろいろな名作をオマージュしているので、セリフ回しがオーバーになるときもありますし、そもそもシチュエーション自体がおかしい。本番は集中してやっていますが、素に戻った瞬間、ちょっと笑っちゃう自分がいたんです。ところが穂香ちゃんはクスリともしない。それを間近で見て一つモードが切り替わりました。

仕事と学校の両立で効率的な時間の使い方ができるようになった

――小関さんは小さい頃から芸能界で活動されていますが、学校と仕事の両立で悩んだことはありますか?

小関 あります。高校3年生のとき、『FROGS』で舞台初主演を務めさせていただきました。演出家が岸谷五朗さんで、役者としても大先輩で、僕が経験している苦悩や壁を何十年も前に経験されています。そういうことを踏まえた上で、稽古でダメ出しをされる。次は頑張ろうと稽古に臨んで、その課題はクリアできても、次のゴールが待っている。その連鎖の中、追い詰められたときに、「どうして自分はできないんだろう。今まで精一杯やってきてたけど、120%ではなかったのかな」と思ったんです。勉強もちゃんとしたいし、お芝居もちゃんとしたい。いい具合に力を抜くっていうのができないタイプなのですが、でも実際には50%50%で、どちらかに120%でやることができなくて。そう考えたときにすごく苦しくて、今まで自分は本当の意味の両立ができていたのだろうかと悩みました。それで進路について真剣に考えて、どちらも全力でやりたいけど、自分にとって重要なのはお芝居で、そこに集中しようと決めた瞬間がありました。

――それまでは高校卒業後は別の進路を考えていたのでしょうか?

小関 そうですね。勉強が好きだったので、行きたい大学もありました。そのために勉強レベルを一つ上げて、それに向かって頑張ろうという気持ちでした。でも『FROGS』の稽古中に今お話しした葛藤があって、大学進学は辞めました。自分がやりたいと思っているものは、たぶん両立の中にないだろうなって思ったんです。

――小さい頃からお仕事をされてきて良かったなと思うことは何ですか?

小関 勉強だけをしていると、勉強に飽きて、休憩時間にゲームをしたり、アニメやドラマ、映画を観たり、マンガを読んだりしますよね。その休憩時間が、僕にとってはお仕事だったんです。勉強するべき時間、仕事に集中する時間、寝なきゃいけない時間、スタッフの方とコミュニケーションを取る時間という風に、集中すべきことが四六時中ある感じだったので、自然と時間を効率的に使えるようになったと思います。ただ、お仕事をしていたために、経験できなかった部分もたくさんあると思っていて。最近は逆に無駄な時間さえも有意義に、楽しめるようになってきました。なので、学生時代と考え方は変わってきていますね。

――最後に改めて『ユメミの半生』の見どころを教えてください。

小関 頑張りたいという気持ちやエネルギーはたくさんあるのに、頑張り方が分からない人は多いと思います。僕自身、方法が分かれば、そこに向かってエネルギーをぶち込めるのに、動きたいけど動けないもどかしさみたいな気持ちが十代の頃はありました。『ユメミの半生』には、そんな人たちの背中を押してくれるメッセージが込められているので、ぜひユメミの自由奔放な半生に注目して観てください!

Information

『DIVOC-12』
絶賛公開中!

監督:藤井道人 上田慎一郎 三島有紀子
   志自岐希生 林田浩川 ふくだみゆき 中元雄 山嵜晋平 齋藤栄美
   廣賢一郎 エバンズ未夜子 加藤拓人
製作・配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
© 2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

『ユメミの半生』
出演:松本穂香 小関裕太 石川春翔 カトウシンスケ 水沢朋美 濱津隆之 塚本晋也

監督・脚本・編集:上田慎一郎

とあるミニシアターのロビー。映画の上映開始を待つ中学生のカケルは、壁に貼られた「閉館のお知らせ」を見つめている。と、そこに見知らぬ女性スタッフ・ユメミが現れる。「聞いてるよ。常連に映画監督志望の中学生がいるって」。ユメミはカケルの隣に座り、波乱万丈だという自分の半生を語り始める。その半生の回想は白黒のサイレント映像から始まり、やがてそこに音がつき、色が加わっていき……。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

小関裕太

俳優

1995年6月8日生まれ。東京都出身。2006~2008年、「天才てれびくんMAX」(NHK)のテレビ戦士として活躍するなど、子役として俳優活動をスタートさせる。主な出演作品。【舞台】「FROGS」(13)、ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」【ドラマ】NHK「半分、青い。」(18)、TX「来世ではちゃんとします」(20)。TX「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」(21)【映画】『覆面系ノイズ』(17)、『曇天に笑う』(18)、『わたしに××しなさい!』(18/W主演)、『春待つ僕ら』(18)、『シグナル100』(20)、『ライアー×ライアー』(21)。現在、スペースシャワーTV「BOOMBOOMBOOM ch.」(MC)、TBS系「王様のブランチ」にもレギュラー出演中。2022年2月にはミュージカル「The View Upstairs-君と見た、あの日-」への出演を控える。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:Satoshi Yoshimoto, Hair&Make:Mariko Sasaki