アメリカ人のプロデューサーは情にほだされない

――園子温監督のハリウッドデビュー作『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』が、ついに公開されます。海外進出は昔からの夢だったということですが、そこに懸ける想いを教えてください。

園 ハリウッドはやっぱり映画界の中心に存在しているんですよね。だから構造的には野球選手が最終的にメジャーリーグを目指したり、サッカー選手が日本から飛び出していくのと同じ。「ハリウッドに一度はチャレンジしてみたい」という気持ちは、映画監督だったら誰でも夢として持つものじゃないかな。日本人野球選手のメジャー進出に関して言うと、野茂英雄選手が壁をブチ壊したというか道を切り拓いた部分が大きかったと思う。野茂選手の挑戦がなかったら、今のように日本人が向こうで当たり前に活躍するようにはなっていなかったはずです。

映画界では「日本人監督のハリウッド進出」という意味では、まだ野茂選手に相当する人がいないんですよね。その「前例がないことをやる」という部分が今回の作品は一番大変でした。僕は自分が商業映画の監督になったときからハリウッドで作品を撮りたいと思っていたし、特にこの15年くらいはその気持ちが強くなっていました。それで何度もハリウッドに行ってプロモーションしたり、オーディションを受けたりといろいろやったんだけど、全部うまくいかなくて……。結局、こんなに時間がかかってしまった。でも、やっぱり諦めたくなかった。この「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」は本当に自分にとって「念願」なんです。

――海外進出をするうえで、具体的にはどんな苦労があったのでしょうか?

園 いや~、もう何もかも!僕が英語をベラベラしゃべることができるならまだしも、そういうわけでもないですし。僕は勉強しても勉強しても英語が上手にならなくて……。もちろん英語ができたところで苦労はするんだろうけど。

――なぜこれまで日本人の映画監督はハリウッドへ進出できなかったのでしょうか?

園 それは非常にシンプルな話。向こうにはものすごく優秀な映画監督が無数にいるわけだから、要するにお呼びじゃないんですよ。「わざわざ来てもらわなくても結構ですよ」ということ。日本で優秀だと言われている監督でも、アメリカに行ったら「この程度だったらいくらでもいます」と言われかねない。

大体、日本映画のキャッチコピーで「ハリウッドばりの」とか謳われることがあるじゃないですか。「ばり」ということは、本場を超えられないということですからね。「ハリウッドばりの面白さ」じゃなくて「ハリウッドよりも面白い」にならないと向こうからすると意味がないんです。

――『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』の撮影は日本で行われたんですよね。

園 もともとはメキシコで撮る予定だったんです。だけど、2年半前に僕が心筋梗塞で倒れて。それでニコラス・ケイジが僕のことを心配し、「メキシコじゃなくて日本で撮ろうよ」と言ってきたんです。その気持ちはありがたかったけど、正直言って僕は少し抵抗があった。だって10数年待ったハリウッドデビューなのに、今までと同じように日本で撮影というのもねぇ……。最初に僕が決めていたのは、スタッフもキャストも全員日本人以外の座組でやろうということ。ところが日本で撮るということは、ほぼ全員が日本人になる。これじゃ日本映画を撮るのと変わらないだろうっていう話ですよ。

だけど、途中から考え方を変えたんです。これはアメリカ映画だし、海外の作品。だから逆に日本を舞台にしたほうが、向こうの観客からするとフレッシュに感じるんじゃないか。ハリウッドで当たり前のものを撮るよりも、日本で撮るほうが目立つことができるんじゃないかなって。それこそ「ハリウッドばりの」じゃなくて、「ハリウッドではできない」という逆転の発想です。とにかく大事なのは目立つこと。目立たなければ、アメリカでは沈没しちゃいますから。

――海外向けということで、やはり撮る際の意識も変わってきましたか。

園 日本映画だったら、この作品は撮っていなかったと思います。海外の人たちが思い描く日本のイメージってあるじゃないですか。つまり「侍」とか「桜」とか「富士山」とか、あとは「パソコン」とかのハイテク。もっとも今はパソコンも日本のものというイメージも薄くなった気もしますが、とにかくそういった類のものですよね。そういった日本のイメージをめちゃくちゃにしたような映画を作ってみたいというのは、昔からずっと考えていたことではあるんです。『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』はパラレルワールドの世界観です。江戸時代っぽいのに登場する人物が携帯を持っていたり、車が走っていたりする。「もし明治維新が起こらず、そのままずっと現代に至ったら、きっとこんな日本になっているだろう」という設定なんですね。

――制作を進めるうえで、勝手が違うことはありましたか?

園 アメリカ人のプロデューサーは情にほだされないですよね。ある意味、冷酷。日本のプロデューサーだともう少し柔軟な対応をしてくれるけど、そういう甘えられる部分は一切ない。ハリウッドってやはり残酷なんだなと思いました。「〇日までに撮り上げろ」と言われて、そこで撮り終わっていなかったら本当に終わっちゃう。「あと2日かければ、もっといい作品になるのに」とか訴えても、「そんなことは知ったこっちゃない」という感じでね。「金がかかるからやめろ」って、それだけの話ですよ。とは言っても、いろいろなケースはあるでしょうし、「ハリウッドはこうである」なんて、僕なんて1作だけで偉そうに断言してはいけないだろうし。