オール秋田ロケで行われた「宝探し」のような撮影

CMディレクターの成田洋一監督が、出身地の秋田で撮った初めての劇映画『光を追いかけて』。9月23日に秋田で先行公開されるや話題を呼び、10月1日から全国で公開。翌2日の土曜日に東京のグランドシネマサンシャイン池袋で舞台挨拶が行われた。

映画の舞台は、秋田県のとある町。過疎化の進む美しい田園を背景に、傷つきやすい思春期の少年少女と、悩みを抱える大人たちの日々が描かれる。

作品の上映直後、主演の少年・彰役の中川翼と少女・真希役の長澤樹──ともに15歳の二人に続いて、彼らのクラスの担任教師役の生駒里奈、真希のおじを演じた柳葉敏郎、最後に成田洋一監督が舞台に登壇し、盛大な拍手で迎えられた。

まずは成田監督が「5年前にこの映画を作ろうと思い、ようやくこのたび全国で公開となりました。感無量です」とお辞儀。

『光を追いかけて』は、2019年の9月に秋田県の井川町で撮影が行われた。2 年前のオール秋田ロケの日々を、中川は「ふだんとは全く違う環境で1カ月間、撮影させてもらって、田んぼが広がる景色をはじめ全部が新鮮で、宝探しをしている気分で過ごしていました」と振り返った。

▲中川翼

中川が「美しい夕日が印象に残っている」と回想すると、同じシーンで共演した長澤は「見渡すかぎり自然が広がる中、夕日がこんなに綺麗に見られる場所ってそうそうないよなと思って見てました、広大な田んぼに寝転がったのも気持ちよかった。全身で田んぼを感じる経験ができて幸せでした」と語った。

▲長澤樹

中川、長澤の主演コンビ以外に登壇した3人は、全員が秋田の出身だ。

生駒は「秋田が題材になった作品に携われてすごく嬉しかったです。2人(中川、長澤)にとってはすごく新鮮で綺麗な景色だと思うんですけど、私は小さい時から見ていたし、自分だったらスルーしてしまうような景色の町を、成田監督は素晴らしさに気づいて切り取って作品にしました」と感無量の様子。「私は実家から、お母さんに送ってもらって撮影現場に通ったんですけど、仕事を終えて家に帰ることが、こんなに嬉しいことだったんだなと気づいて、これも素敵な体験でした」と笑みをこぼした。

▲生駒里奈

現在も秋田で暮らす柳葉は、「あらためて、自分が住んでいる場所の良さをこの作品を通して感じさせてもらい、昔を振り返りながら作品に携われた。監督ありがとうございました」と思いを伝え、先ほどの長澤の発言を受けて「(少年時代は)ほぼ毎日、田んぼに寝転がっては怒られてました」と観客の笑いを誘った。

▲柳葉敏郎

生駒は、10歳下の中川と長澤について「2人の姿を映像を通して見て、すごく感動して泣けちゃいました。なぜかというと、キラキラしていたから。私もまだ頑張っていかなきゃいけない歳なので、本気で芝居している2人の頑張りに励まされ、力をもらいました」と目を輝かせる。

そんな中、成田監督が「巨大なトラックが来たんですよ、真っ赤な。何だろうと思ったら、柳葉さんが呼んだんです」と撮影現場でのエピソードを明かした。そのトラックの正体は、柳葉が親しくしている店舗に声をかけ、本場の「稲庭うどん」を現場に差し入れてくれたという。

▲成田洋一監督

「(稲庭うどんは)秋田の名物ですからね。少しでも秋田の味を味わっていただきたいと思って」と言う柳葉に、中川は「本当に美味しかったので、秋田から帰る際に買って帰ったんですけど、やっぱり秋田の大自然の中で食べる稲庭うどんとは全然違いましたね」と語り、長澤は「心も身体も温まって幸せでした」と感謝の意を述べた。

生駒だけは、スケジュールの関係で差し入れの稲庭うどんにありつけなかったとこぼすと、柳葉は「今度遊びに来い!いつでも食べに連れてってやるから」と兄貴のように頼もしい笑顔を浮かべた。