「顔だけ先生」の撮影現場は笑い声が絶えない

――景井さんにとって初の連続ドラマ出演となる「顔だけ先生」が始まります。ドラマの内容を紹介していただけますか?

景井 先生と生徒の関係を描く学園ドラマって、生徒に何らかの問題があって、先生が真摯に向き合うというイメージがあったんです。でも「顔だけ先生」は、先生が全く生徒に興味がないというか、しっかりと向き合わないんです。非常勤の先生なんですけど、自分の好きなことだけをやるタイプで、生徒が先生に振り回されるんです。問題を抱えている生徒も、先生に振り回されることで、いい方向に進んで行くという、ちょっと変わっていてとても面白いドラマです。

――これまで舞台やショートドラマの出演経験はありますが、今回のオファーがあったときの感想はいかがでしたか?

景井 地上波の連続ドラマのレギュラー出演は夢だったので、嬉しい気持ちはあったんですけど、すぐに実感が湧かなかったです。

――台本を読んで、景井さん演じる小野寺今日子にどんな印象を持ちましたか?

景井 まず役柄を見て、「JK社長?」って(笑)。そこからイメージしたのは、高校生で起業しているんだから、大人びた一面があるのかなと。ところが実際に台本を読んでみると、意外とはっちゃけているところもあるキャラクターで、難しそうな役柄だなと思いました。

――はっちゃけていながら、俯瞰で物事を見るクールな部分もあるキャラクターなんですよね。景井さん自身、今日子に似ているところはありますか?

景井 私自身、「表情があまり変わらないね」って言われることが多くて。人見知りなので仲の良い人以外には、あまり感情が表情に出ないんです。今日子ちゃんもそういうところがあるので、演じながら似ているなって思います。それがクールに見られるんだと思います。俯瞰で物事を見るという点についても、普段の行動を振り返ると、他人の目から自分はどう映っているのかなと考えることが多いので、ちょっと通じるところはあります。

――役作りで苦労した点は?

景井 JK社長なのでビジネス系の言葉が頻繁に出てきて、言い慣れなくて覚えるのが大変です。難しい言葉に気を取られると、気持ちがセリフに乗らなくなるので、慣れるまでは苦労しました。あと他の生徒役の方々と一緒にお芝居をするので、現場で見て自分の温度感を決めていかなきゃいけないところもあります。台本を読んだ時点で「このぐらい冷静なテンションでいこう」って考えるんですけど、作り込んでしまうとみんなのテンションと違ったときに今日子ちゃんがクールというよりも地味めな子に見えちゃうんです。そういうことが現場で何度かあったので、ある程度は役作りしていきますけど、いかに現場で柔軟に対応できるかがポイントだなと思いました。

――恋愛要素もドラマにはあるそうですね。

景井 今日子ちゃんは蟹江凛空(三浦獠太)君から好意を寄せられているんですけど、友達以上恋人未満みたいな関係なんです。二人の関係がどうなっていくかは、まだ分からないので、すごく楽しみです。

――非常勤講師の遠藤一誠を演じる神尾楓珠さんの印象を教えてください。

景井 役柄やルックスのイメージで、クールでツンとしている方かなと思っていたんです。でも、すごく喋りやすくて、気さくでよく笑っていらっしゃるんです。冗談をポンポン言って場を和ませてくれますし、明るい方ですね。

――ドラマには同世代の役者さんがたくさん出ていますね。

景井 演技経験が豊富な子もいれば、私のように演技経験の少ない子もいるんですが、みんな堂々と演技をされているので、自分も頑張らなきゃなと刺激を受けています。今まで私が一番年下という現場が多かったんですけど、今回は女子生徒の中では私が一番年上なんです。現役の高校生もいるので、それがすごく新鮮で。休憩になると、お互いに写真を撮り合っていて、どこかしらでシャッター音が聞こえますし、私も「一緒に撮りましょうよ」と声をかけてもらえるのも新鮮でした。年下とはいえ、それほど年齢差はないので、みんなすぐに打ち解けましたし、ずっと笑い声が絶えないです。

――本当に学校のような雰囲気なんですね。

景井 本当にそんな感じですごく楽しいです。