グループの彩りと一体感を存分に見せつけた日向坂46のパフォーマンス

©︎Wonline

HOT STAGEで、開演を告げる『Overture』に乗せたメンバー紹介のオープニングVTRからスタートした日向坂46のステージ。映像ではデビュー当時からのMVもダイジェストで流れ、結成からの歴史を感じさせる。

活動休止中の小坂菜緒を除く22名で登場したメンバーは、前身のけやき坂46から歌い継がれるライブのキラーチューン『NO WAR in the future』で、客席との一体感を早くも作り上げる。

その後、横一列に並び挨拶。キャプテンの佐々木久美は「このTIFのステージは、私たち、日向坂46に改名される前のけやき坂46の時代から出演させていただいて。思い出のあるステージ」と思いを伝えた。

笑顔を浮かべて「みなさん、私たちと楽しむ準備できていますか?」と渡邉美穂が第一声を発したのは、加藤史帆がセンターを務めるシングル表題曲『君しか勝たん』。デビューシングル表題曲の『キュン』では持ち前の“ハッピーオーラ”を感じさせるパフォーマンスを見せた。

空気を変えたのはライブの定番曲である『キツネ』。曲の冒頭ではイントロに併せて、松田好花が「さあ、みなさん。ここからラストスパートですけどまだまだ盛り上がる準備はできていますか?」と煽り、河田陽菜が「そんなんじゃ足りないぞ。もっともっと盛り上がっていきましょう!」と、さらにたたみかける。

再びのMCを挟み、披露されたのは金村美玖が初センターを務めることもファンの間で話題になったシングル表題曲の『ってか』。ここまでの流れとは一変、エモーショナルなメロディに乗せて真剣なまなざしを浮かべるメンバーのパフォーマンスに客席の心はグッと引き寄せられる。

全5曲。メンバー個々の彩りを感じさせるステージングを終えたグループは、感謝を伝えてステージを締めくくった。