Contents

NGT48としての思い出が詰まった写真集

今年10月5日にファースト写真集『これからの足跡』を発売した“おぎゆか”こと荻野由佳が、10月9日(土)に都内で発売記念イベントを行った。会場には約1000人のファンが駆けつけ、変わらぬ人気の高さがうかがえた。

落ち着いたトーンのワンピースに、ブーツ、ベレー帽と秋らしい装いで登場したおぎゆかは、コロナ禍でファンとの交流も難しい中、イベントが開催できることに感謝の気持ちを込めて写真集を渡していった。後半ではヒョウ柄のブラウスに衣装を変えて、大人っぽい一面を見せた。

この写真集は、NGT48の拠点である新潟市(新潟県内)と都内の2か所で撮影が行われた。新潟では、荻野の思い出の場所である萬代橋や訪れてみたかった温泉などでロケを行い、プライベートさながらの素の表情も垣間見える。東京では、セクシーな一面も披露するなど、これまでとは違う“おぎゆか”を発見できる内容となっている。

また、2018年5月からスタートした月刊誌『JUNON』での連載など、彼女の登場記事を再掲載、約3年を振り返りこれまでの感謝も伝えている。

私が歩んでいく新たな足跡を見てほしい

以下、おぎゆか本人からコメント。

――今回の発売イベントでは、応援してくださっているみなさんに直接写真集をお渡ししました。

荻野 はい!久しぶりにみなさんとお会いできるイベントを開催できたことが本当にうれしく思います。新潟での撮影では、レッスンの帰りに通った場所や、悔しくて泣きながら通った萬代橋、雪遊びの思い出、いっぱい汗をかいた後に食べたお寿司など、いろいろな思い出が蘇ってきました!私のNGT48としての思い出が詰まった一冊になったかなと思います。

――お気に入りの写真について教えてください。まずは、愛犬と一緒に写っているショット。

荻野 私をいつも癒やしてくれて、活動を大きく支えてくれたと言っても過言ではない、愛犬こさぶろうと卒業記念である写真集で一緒に思い出を作れたことが本当にうれしいです!

――新潟の雪をバックにしたショットも美しいですね。

荻野 新潟での撮影で、雪を見ると自然といろいろなことが蘇ってきました! NGT48の荻野由佳として積もった雪を見るのは最後。この時が見納めだったので、特別なショットです。

――10月30日(土)に開催予定のNGT 48単独コンサートと「荻野由佳卒業コンサート〜私をアイドルにしてくれてありがとう〜」で、グループでの活動にピリオドを打ちます。NGT48を卒業された後の目標はありますか?

荻野 私は要領が悪くて同時にふたつ以上のことを上手にできないタイプなので(笑)。まずは、10月30日に開催予定のNGT48単独コンサートと卒業コンサートを全力でやり遂げて、それから急いで自分の今後についてきちんと考えたいと思っています。周りの方への感謝を忘れず、まっすぐ進んでいく姿を見せられたらと思います。これからも、私が歩んでいく新たな足跡を見ていただけるとうれしいです!

Information

「荻野由佳ファースト写真集 これからの足跡」
■定価/本体2,000円+税10%
■撮影/大靍 円(昭和基地¥50)
■発売日/2021年10月5日(火)
■体裁/B5判128ページ
■発行/株式会社主婦と生活社

荻野由佳

1999年2月16日生まれ。埼玉県出身。2015年、NGT48に加入。2017年に「世界はどこまで青空なのか?」で初のセンターを務め、2018年にはAKB48選抜総選挙で自身最高位となる4位に。2021年7月、NGT48を卒業することを発表。10月30日(土)には、NGT 48単独コンサートと「荻野由佳卒業コンサート〜私をアイドルにしてくれてありがとう〜」が開催される。