豪華声優陣が集結した新感覚のアニメーション

Netflixが10月12日に全世界独占配信を開始した、Netflix映画『ブライト:サムライソウル』。

本作はウィル・スミス主演のハリウッド大作実写映画『ブライト』のスピンオフアニメとなる。

幕末の日本を舞台に、浪人のイゾウ、オークのライデン、エルフの少女・ソーニャの3人が運命的に出会い、最凶の敵と対峙して試練を乗り越えていく物語だ。

監督は、テレビアニメ『四月は君の嘘』『クジラの子らは砂上に歌う』や、2021年公開の劇場オリジナルアニメ『サイダーのように言葉が湧き上がる』を手掛けた気鋭のイシグロキョウヘイ。

キャストには、イゾウ役に声優初挑戦となる狂言師の野村裕基、ライデン役に平川大輔、ソーニャ役に若山詩音。また野村と同じく声優初挑戦の世界的アーティスト・MIYAVIや、実力派声優の坂本真綾、津田健次郎、茶風林、宮野真守、鈴村健一ら、豪華な面々が集結した。

ビジュアル面でも、イシグロキョウヘイ監督がこだわった新版画からインスピレーションを得た映像表現と3DCGの技術と重なり合った新感覚のアニメーションとしても注目されている。