少女マンガはキュンキュンする言葉が詰まっている

――『私の正しいお兄ちゃん』で、ついに初のヒロインデビューですね。

山谷 ずっとヒロインの子をサポートしたり、逆に邪魔したり、どちらかというと傍観者の立場が多かったので、ヒロインから見る景色ってどうなんだろうという興味がありましたし、憧れでもありました。今回そのチャンスをいただけて本当に嬉しかったです。

――プレッシャーはありましたか?

山谷 何事に関しても、あまりプレッシャーを感じないタイプなんです。普段から役の大小を考えずにお芝居するように心がけています。今回のお話をいただいたときも、いつも通り誠実に役と向き合って、楽しんでお芝居をできたらいいなと思いました。

――コミックが原作ですが、原作のビジュアルは意識しましたか?

山谷 私自身、マンガやアニメが大好きなので、やっぱり実写化で一番気になるのは似てるか似てないかです。自分のイメージと違う人に演じられたら、ちょっと頭を抱えちゃう気持ちはすごく分かります。ただ今回、原作者のモリエサトシさんにお会いしたとき、「すごくビジュアルが似てる」と言っていただけたので、自信に繋がりました。比較的、今回のドラマは、原作に忠実に台本が作られています。その中でも、設定や場所が変わっている部分もあって、そこは文章で表現されているので、どうお芝居で表現したらいいのかを楽しみました。

――ドラマは正統派の恋愛ドラマという感じで幕を開け、1話から少女マンガらしいところもあれば、シリアスシーンもあり盛りだくさんですが、演じてみていかがでしたか?

山谷 私自身もすごくときめかせていただきました。少女マンガって自分が言われたい言葉が詰まっていて、演じながら自分に言われているような感覚でキュンキュンしました。このドラマのような恋愛経験はないですけど、高校生のときにあったらよかっただろうなと思いました(笑)。

――セリフ以外でキュンキュンするポイントはありましたか?

山谷 私の演じる理世と、古川雄大さんが演じる海利の距離がぐっと縮まって、2人が幸せに包まれた瞬間です。実際の撮影でも、ちょうど古川さんといろいろなお話ができるようになっていた時期だったので、その距離の縮まり方がいい意味で反映されていて、おそらく素で笑っている2人が映っています。そういうところも注目していただけたらなと。

――理世はか弱そうに見えて、芯に強い部分を持ったヒロインですが、山谷さん自身は演じてみて、どんな印象を持ちましたか?

山谷 一見すると明るくて純粋で真っ直ぐで、逞しく生きている子だなという風に見えます。でも役作りをしていくうちに、強く見せているだけで、今にも切れそうな糸を守るために一生懸命生きてきた子なんだなと印象が変わりました。だからこそ親近感が湧くというか、辛いことを乗り越えて今がある子なんです。恵まれた環境の中で育っていないからこそ、海利の抱えているものに気づけて、それを支えようと寄り添えたんだろうなと。そんな理世が大好きですし、海利との出会いに運命的なものを感じました。

――古川雄大さんの印象はいかがでしたか?

山谷 お会いする前のイメージは明るい方なのかなと思っていたんですが、実際にお会いすると温厚で物静かな方という印象でした。初日は気をつかって積極的に話しかけてくださったんですけど、私自身、根が人見知りなので、同じ匂いを感じて(笑)。なので、初日以外は無理して距離を縮めようとすることはなかったですし、それぞれのペースでお芝居の話などをするうちに打ち解けることができました。まさに海利と理世のように、ゆっくりとコミュニケーションを取ることができて、それが演技にも出ていると思います。打ち解けると、古川さんはたくさんお話される方で面白いんです。クランクインしたときとクランクアップしたときの印象は180度違いました。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

山谷 十代のときに出演したことのある少女マンガ原作のドラマは、部活の延長みたいな感じの現場が多かったのでキャッキャしていたイメージがありました。今回は私も歳を重ねましたし、ちょっと大人のラブストーリーということで、いい意味で緊張感がありました。集中するところは集中して、休憩中はみんなでアイスを食べるなどメリハリがあって、居心地のいい現場でした。みんなで力を合わせて、どれだけ見ている人をキュンキュンさせられるかなど、作品のことを第一に考えて過ごせた場所だったので、クランクアップのときは寂しかったです。

――河原瑶監督からキュンキュンさせるための特別な演出みたいなものはあったんですか?

山谷 河原監督はラブストーリーをたくさん撮られていて、本当にラブストーリーの達人みたいな方なんです。手の位置ひとつとっても繊細な指示があります。古川さんに動作を教えるとき、河原監督が直々にやってくださったんですけど、女性なのにあまりにもスマートでキュンとしてしまいました。それを見て、古川さんも「もっと頑張らないと」って仰っていて、河原監督をお手本に熱心に研究していました。このドラマは手の寄りのシーンが多くて、どういうふうに指を絡めるか、どのタイミングで手を離すかなど、河原監督の細かいこだわりを感じました。