Contents

少女マンガはキュンキュンする言葉が詰まっている

――『私の正しいお兄ちゃん』で、ついに初のヒロインデビューですね。

山谷 ずっとヒロインの子をサポートしたり、逆に邪魔したり、どちらかというと傍観者の立場が多かったので、ヒロインから見る景色ってどうなんだろうという興味がありましたし、憧れでもありました。今回そのチャンスをいただけて本当に嬉しかったです。

――プレッシャーはありましたか?

山谷 何事に関しても、あまりプレッシャーを感じないタイプなんです。普段から役の大小を考えずにお芝居するように心がけています。今回のお話をいただいたときも、いつも通り誠実に役と向き合って、楽しんでお芝居をできたらいいなと思いました。

――コミックが原作ですが、原作のビジュアルは意識しましたか?

山谷 私自身、マンガやアニメが大好きなので、やっぱり実写化で一番気になるのは似てるか似てないかです。自分のイメージと違う人に演じられたら、ちょっと頭を抱えちゃう気持ちはすごく分かります。ただ今回、原作者のモリエサトシさんにお会いしたとき、「すごくビジュアルが似てる」と言っていただけたので、自信に繋がりました。比較的、今回のドラマは、原作に忠実に台本が作られています。その中でも、設定や場所が変わっている部分もあって、そこは文章で表現されているので、どうお芝居で表現したらいいのかを楽しみました。

――ドラマは正統派の恋愛ドラマという感じで幕を開け、1話から少女マンガらしいところもあれば、シリアスシーンもあり盛りだくさんですが、演じてみていかがでしたか?

山谷 私自身もすごくときめかせていただきました。少女マンガって自分が言われたい言葉が詰まっていて、演じながら自分に言われているような感覚でキュンキュンしました。このドラマのような恋愛経験はないですけど、高校生のときにあったらよかっただろうなと思いました(笑)。

――セリフ以外でキュンキュンするポイントはありましたか?

山谷 私の演じる理世と、古川雄大さんが演じる海利の距離がぐっと縮まって、2人が幸せに包まれた瞬間です。実際の撮影でも、ちょうど古川さんといろいろなお話ができるようになっていた時期だったので、その距離の縮まり方がいい意味で反映されていて、おそらく素で笑っている2人が映っています。そういうところも注目していただけたらなと。

――理世はか弱そうに見えて、芯に強い部分を持ったヒロインですが、山谷さん自身は演じてみて、どんな印象を持ちましたか?

山谷 一見すると明るくて純粋で真っ直ぐで、逞しく生きている子だなという風に見えます。でも役作りをしていくうちに、強く見せているだけで、今にも切れそうな糸を守るために一生懸命生きてきた子なんだなと印象が変わりました。だからこそ親近感が湧くというか、辛いことを乗り越えて今がある子なんです。恵まれた環境の中で育っていないからこそ、海利の抱えているものに気づけて、それを支えようと寄り添えたんだろうなと。そんな理世が大好きですし、海利との出会いに運命的なものを感じました。

――古川雄大さんの印象はいかがでしたか?

山谷 お会いする前のイメージは明るい方なのかなと思っていたんですが、実際にお会いすると温厚で物静かな方という印象でした。初日は気をつかって積極的に話しかけてくださったんですけど、私自身、根が人見知りなので、同じ匂いを感じて(笑)。なので、初日以外は無理して距離を縮めようとすることはなかったですし、それぞれのペースでお芝居の話などをするうちに打ち解けることができました。まさに海利と理世のように、ゆっくりとコミュニケーションを取ることができて、それが演技にも出ていると思います。打ち解けると、古川さんはたくさんお話される方で面白いんです。クランクインしたときとクランクアップしたときの印象は180度違いました。

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

山谷 十代のときに出演したことのある少女マンガ原作のドラマは、部活の延長みたいな感じの現場が多かったのでキャッキャしていたイメージがありました。今回は私も歳を重ねましたし、ちょっと大人のラブストーリーということで、いい意味で緊張感がありました。集中するところは集中して、休憩中はみんなでアイスを食べるなどメリハリがあって、居心地のいい現場でした。みんなで力を合わせて、どれだけ見ている人をキュンキュンさせられるかなど、作品のことを第一に考えて過ごせた場所だったので、クランクアップのときは寂しかったです。

――河原瑶監督からキュンキュンさせるための特別な演出みたいなものはあったんですか?

山谷 河原監督はラブストーリーをたくさん撮られていて、本当にラブストーリーの達人みたいな方なんです。手の位置ひとつとっても繊細な指示があります。古川さんに動作を教えるとき、河原監督が直々にやってくださったんですけど、女性なのにあまりにもスマートでキュンとしてしまいました。それを見て、古川さんも「もっと頑張らないと」って仰っていて、河原監督をお手本に熱心に研究していました。このドラマは手の寄りのシーンが多くて、どういうふうに指を絡めるか、どのタイミングで手を離すかなど、河原監督の細かいこだわりを感じました。

映画『告白』の出演でお芝居を続けていこうと思った

――山谷さんのキャリアについてお伺いします。2007年にエイベックス主催の「俳優・タレント・モデルオーディション」に合格したのが芸能界入りのきっかけだったそうですが、どうして応募しようと思ったんですか?

山谷 小さい頃からテレビを見るのが好きだったんですけど、テレビの仕組みが分からなかったので、すべて生放送だと思っていました。「どうしてさっきまでバラエティに出ていた人が、CMになると一瞬で違う姿になっているんだろう」と不思議で(笑)。その謎を解くためには、自分もテレビに出ればいいんだと思って、小学5年生のときに「将来やりたいことは何か?」を話しているときに、私は「テレビに出たい」って言ったんです。その一言を覚えていてくれた担任の先生が、「エイベックスの全国オーディションが仙台にも来るよ」って教えてくれたんです。

――担任の先生の勧めだったんですか!

山谷 そうなんです。どうせ受からないだろうと思って受けたら合格で、正直本気じゃないまま始めました。なんとなくモデルさんはキレイな服を着た可愛い子がやっているという印象があったので、モデル志望にしましたが、当時は身長が小さかったので、自然とお芝居の方に進むことになりました。自分からお芝居を続けていこうと意識したのは、中島哲也監督の映画『告白』(2010年)に出演したときです。

――『告白』は中学校が舞台で、同世代の役者さんも数多く出演されていました。

山谷 私自身、中学1年生だったんですけど、スタッフさんも先輩の役者さんも対等に接してくださって。ダメなところは本気で怒って、向き合ってくれるという環境が自分の肌に合っていました。ものづくりに年齢は関係ないんだと思って、大人の方々と話すのが楽しかったです。それを機に、たくさん映画やドラマを観るようになりましたし、本も読むようになって、今は当たり前にしていることを始めたのが、そのときでした。

――早い段階で役者というお仕事の面白さを感じていたんですね。

山谷 テレビに疑問を抱いていたときと同じで、好奇心が旺盛なので、どうやってオーディションは決まるんだろう、どうやって映画は公開されるんだろうって、今も知りたいことが多いですし、だから続いているんだと思います。

成人式に参加して仕事を続けるかどうか考えた

――学生時代は地元から東京に通っていたんですか?

山谷 高校までは地元から通っていました。芸能系の高校に入るという選択肢もあったんですが、友達が同業だけになることに抵抗があって、地元の一般校を選びました。

――どうして抵抗があったのでしょうか?

山谷 もちろん同業だからこそ話せることもありますが、高校時代に一般の感覚を得たいなという気持ちがありました。芸能活動を受け入れてくれた高校に入学させていただきました。

――振り返ってみていかがですか?

山谷 卒業後に改めて感じることが多いのですが、大人になればなるほど、選択は間違ってなかったなと思います。高校生活は楽しかったですし、特殊なお仕事をしていても、みんな特別扱いしないで普通に接してくれて、今でも仲良くしてくれる子も多いです。卒業後も、私が出演する舞台を観に来てくれたり。高校時代の同級生は「面白かった」「感動した」ってダイレクトな感情を届けてくれるので、かけがえのない存在です。

――高校時代から数多くの映画やドラマに出演されていますが、卒業後は女優でやっていこうと思われていたのでしょうか?

山谷 高校3年生のときはコンスタントにお仕事が決まっていて、進路について悩むこともなく、「この仕事を続けていくんだろうな」と流れに身を任せていた感じはありました。こうなりたいとかもなかったですし、その時点では10年先とかまでは考えてなくて。ただ目の前のことを一生懸命にやってたいら、時間が過ぎていて、気づけば2年経っていたんです。

――2年後に転機があったんですか?

山谷 二十歳のとき、極端に仕事がなくなったんです。スーパー戦隊シリーズの『手裏剣戦隊ニンニンジャー』が終わった直後です。地元の友達には専門学校を卒業して就職をしたり、結婚した子もいて。中でも成人式が大きかったです。地元に帰って、みんなと久しぶりに会ったときに、就職したり、子どもがいたり、結婚したり。それを目の当たりにして、「あれ?このままで大丈夫かな」って立ち止まる瞬間があって。ちょうど二十歳だし、このお仕事を続けるかどうかを考えて、辞める選択肢も考えていました。最後に、この役のオーディションを受けて落ちたら辞めようと心に決めて挑んだのが映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(2018年)でした。

――二十歳でそこまで自分を追い込むのも、かなり早い選択です。

山谷 何かを新しく始めるには、若いうちじゃないと追いつかないと思ったんです。小学6年生からこのお仕事しかやってこなかったので、知らないことも多いですし、やりたいことがあっても、お仕事を言い訳にやらなかったことが多かったんです。だから、ほかのお仕事をやっても楽しいのかもしれないから、これで最後にしようと思って受けた『コード・ブルー』のオーディションに合格したんです。

――『コード・ブルー』では、末期がんの患者・富澤未知を演じるために丸刈りにしたのも話題になりました。

山谷 オーディションの時点で、この役は本気で獲りに行くし、髪も剃らないといけないと強い決意で臨みました。

――芸能界引退の決意で臨んだ『コード・ブルー』に出た後は、順調にお仕事は入ってきたんですか?

山谷 あまり変わらなかったんです。ただ、その頃から吹っ切れて、この仕事が自分に合っているんだなと感じるようになりました。それまでは人を信じてないところがあって、自分ひとりで頑張っているような感覚だったんですけど、人に頼ってもいいのかなと思うようになりました。『コード・ブルー』のセリフに「想いをちゃんと伝えて」というのがあって、ちゃんと言葉にしないと人には伝わらないと思うことが多かったです。誤解されないように気持ちを伝えるにはどうしたらいいんだろうと考えるようになって、いろいろな本も読むようになりました。『コード・ブルー』に再スタートを切るきっかけをもらったと思います。

――そうした経験を経て、『私の正しいお兄ちゃん』のヒロイン役を掴んだ訳ですね。

山谷 当たり前のことを普通に楽しんできた延長で、巡ってきたご縁なんだろうなと思います。今の状況を目の当たりにして、大役をいただいたんだなって実感しています。だから、こういうインタビューでちゃんと気持ちを伝えて、作品を観たいと思ってもらわないといけないなと。最初のお話に戻りますけど、高校時代、ヒロインの子をサポートしたり、恋の邪魔をしたりする役が多かったときは、ヒロイン役をやっている方が羨ましかったんです。でも、こうしてヒロインを務めさせていただき、真ん中に立つことの大変さを学ばせてもらいました。

――最後に進路を考えるティーンにメッセージをお願いします。

山谷 ちょうど私の妹も就活の時期で、すごく悩んでいます。大人になると「どうせ」とか諦める言葉を使うことが増えますし、ある程度は先読みができちゃったりします。そういう大人の人たちを目の当たりにしてると、なんか切なくなるんですよ。おそらく目の前のことだけを見ていると、結果に繋がるまでは、誰にも認めてもらえない気持ちになりやすいんですよね。ただ後になって、小さなことでも結果が出たときは、頑張っていた姿や努力している姿を見てくれていた人がいたんだと知ることも多いんです。だから長い目で見て、たとえ人にバカにされるかもしれない夢や目標でも、一つひとつを大切にして毎日を過ごしていけば、いつか報われるときが来るはずです。

Information

FODオリジナルドラマ
『私の正しいお兄ちゃん』
FODにて2021年10月15日(金)0時配信
(全8話)
■原作:モリエサトシ「私の正しいお兄ちゃん」(講談社「BE・LOVE」所載)
■主題歌:古川雄大 タイトル未定(シンコーミュージック・エンタテイメント)
■出演:古川雄大、山谷花純、堀井新太、ダンディ坂野、喜多乃愛、佐津川愛美、橋本マナミ、長谷川純、飯田基祐 ほか
■脚本:加藤綾子、井上テテ、阿部沙耶佳、河原瑶(テレパック)
■プロデュース:田淵麻子(フジテレビジョン)
■プロデューサー:河原瑶(テレパック)、三本千晶(テレパック)
■監督:河原瑶(テレパック)
■制作協力:テレパック
■制作著作:フジテレビジョン
©︎モリエサトシ・講談社/フジテレビジョン

大学生の理世は、アルバイト先で、ずっと会っていない兄に面影の似た海利という青年に出会う。眠れないという海利に肩を貸すうち、理世は、海利に惹かれていき……。しかし、海利のアパートで見てしまった日記には「人を殺した罪からは逃れられない」という文章が。海利は本当に人を殺したのか。そして、行き場のなくなった理世の恋の行方は。次々と明るみに出る真実!愛すること、憎むこと、本当の幸せとは?

公式サイト

山谷花純

女優

1996年12月26日生まれ。宮城県仙台市出身。みやぎ絆大使。2007年、エイベックス主催のオーディションに合格、翌年ドラマ「CHANGE」でデビュー。ドラマ『あまちゃん』『手裏剣戦隊ニンニンジャー』『トットちゃん!』、映画『シンデレラゲーム』、舞台『ヘンリー八世』『終わりよければすべてよし』などに出演。18年、映画『劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』では末期がん患者役に丸刈りで臨み注目される。その後ドラマ『リーガルV〜元弁護士・小島遊翔子〜』『トレース〜科捜研の男〜』『エ・キ・ス・ト・ラ!!!』Amazon Original『誰かが、見ている』、映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』『とんかつDJアゲ太郎』『耳を腐らせるほどの愛』などに出演、今後の活躍が期待される若手女優。主演映画『フェイクプラスティックプラネット』がマドリード国際映画祭2019最優秀外国語映画主演女優賞を受賞。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi