日本に生まれ育った経験を詰め込んだパーソナルな内容

――どのような経緯で『WHOLE/ホール』の制作は始まったのでしょうか。

川添ビイラル(以下、ビイラル) 弟(川添ウスマン)が脚本を書いたんですけど、書き始める1年ぐらい前から「ハーフやアイデンティティーを扱った題材の映画を撮りたい」と言ってて。その話をする中で、確かに自分たちハーフが共感、感動できるような題材を扱っている映画ってあまりないことに気付きまして。それなら私たちが撮るしかないんじゃないかとスタートしました。

――ウスマンさんは、どうして脚本を書こうと思ったのでしょうか。

川添ウスマン(以下、ウスマン) 兄は昔から「映画を作りたい」と言ってまして、僕もそれをフォローしたいと思っていたんです。ただ、それまで一緒に映画を作ったことはなかったので、どういったものを作ったらいいのかを考えていました。そのときに、普段から抱えていた不満を映画化したいと思いついて、書き始める前に、まずは兄に相談しました。それは面白そうだということで賛同してくれて、2年ぐらいかけて脚本を書きました。

――かなり時間をかけて執筆したんですね。

ウスマン 仕事しながら書いたというのもあるんですけど、今まで日本に生まれ育った経験を詰め込んだパーソナルな内容なので、ルーツを探りながらの作業でした。なので時間もかかりましたね。

――シリアス一辺倒になりがちな題材を、関西人特有のコテコテなギャグを織り交ぜたことで、そこまでウェットにならないところが印象的でした。

ウスマン 関西生まれ関西育ちなので、コメディは大事というか。どれだけシリアスな映画でも、コミカルなワンシーンを絶対に入れたいと思っていました。なので、これまでの日本映画にないような、関西らしいやりとりを強調させることは意識しましたね。僕のような見た目の人が関西弁で話している姿は、なかなか一般的には見られないと思うので、それを画にすると面白いなと思ったんです。

――役者さん同士のやりとりが生々しくて、アドリブ的な要素も多いのかなと感じました。

ウスマン けっこうアドリブはありましたね。台本にも、いろんなギャグは書いてあったんですけど、関西生まれの俳優さんもいたので、アドリブが上手いんですよ。普通に面白い方たちばかりだったので、台本を無視して事前に話し合い、アドリブでやったシーンもあります。

――ウスマンさん演じる主人公の森誠が、仕事仲間と他愛もない話をするシーンは、本物のストリートにいるようなリアリティがありました。あの役者さんたちは、この撮影で初めて会った方たちですか?

ウスマン そうです。撮影に入る前に、かなりリハーサルをしたんですよ。と言っても台本通りリハーサルをするのではなく、区民センターとかに集まって、しょうもない話をして距離を縮めました。やっぱりテンポって大事じゃないですか。関西の方はお笑いに厳しいので、慣れない関西弁で話したり、その空気感をちゃんと見せられなかったりしたら、その時点でリアルさがなくなります。なので、その空気感は大事にしました。

――当初からウスマンさんは自分で森誠を演じようと考えていたんですか?

ウスマン 最初は考えていなかったです。脚本を書いて、兄に渡すまでが自分の役割だと思っていました。ただ、もう一人の主人公・春樹役の(サンディー)海君は、すぐに見つかったんですけど、誠役を演じられる俳優さんが僕の中でいなかったんです。先ほどもお話した通り、僕のパーソナルな経験が入っているので、だったら「俺がやるぞ!」ということで主演も兼ねました。

――これが初演技とは思えないほど自然な演技でした。

ウスマン もちろん演技は難しかったんですけど、ぶっちゃけ自分自身を演じたという感じなのでナチュラルにできたと思います。

――春樹役のサンディー海さんはどういう流れで決まったのでしょうか?

ウスマン 脚本を書く前に、どうしても主役は2人欲しかったので、まずは見た目、身長、しぐさなど、春樹のプロフィールを設定したんです。それにマッチした俳優さんを探しまして、何人かに当たってみたんですけど、なかなかいなくて。最終的に「ハーフ 俳優」でネット検索して、いろいろなエージェンシーのプロフィール写真を見ていく中で、海君を見つけたんです。一目で「あ、春樹っぽいな」と思って、映像も一緒に上がっていたので観たら、しぐさや動きも春樹なんですよ。絶対この人に演じてほしいと思って、Facebookで検索したら、たまたま共通の友達がいたので、連絡を取ってもらったんです。

――すごい偶然ですね!

ウスマン しかも海君は名古屋のインターナショナルスクール、僕は神戸のインターナショナルスクールに通っていたので、絶対どこかですれ違っているんです。後で分かったんですけど、過去にサッカーで対決したこともありました。まあ、僕らの方が強かったんですけど(笑)。

サンディー海(以下、海) それは認めます(笑)。

――春樹は繊細なキャラクターですけど、それが海さんのイメージに合致したということでしょうか。

ウスマン そうですね。「内向的で静かで、何かを伝えたいけど伝えられない」という感じのキャラクターを考えていました。ネットで観た映像が、わちゃわちゃした駅に海君がボーっと立っていて、迷子のような演技をしていたんです。それを観て、これだと思いました。

――ビイラル監督は、海さんをどう思いましたか?

ビイラル 弟と同じなんですけど、海の映像を観たときに「彼だ!」と思いましたし、彼以外に春樹役を想像できなくなりました。

ウスマン 当時、僕は神戸に住んでいたんですけど、海と一回会って話したいなと思って、東京で顔合わせをしたんです。そしたら会った瞬間に仲良くなって、2時間ぐらいしょうもない話をしました。その日はイメージ写真だけ撮って解散したんですけど、すぐに兄に電話して「春樹役は海やわ」って伝えました。