その場で感じたリアルな感情通りに演じた

——今泉力哉監督映画作品の出演は『パンとバスと2度目のハツコイ』『mellow』に続き3度目になりますが、今回の『かそけきサンカヨウ』では初主演になります。

志田 以前から今泉力哉監督の作品で主演することが目標でした。まさかこんなに早く叶えていただけるとは思わなくて、すごく嬉しかったです。

——撮影現場はどんな雰囲気だったのでしょうか?

志田 温かい撮影現場はたくさんありますけど、その中でも特に温かいですし、丁寧な現場だなと今泉作品に参加するたびに思います。

——アドリブかと思うぐらい自然なセリフが今泉作品の特徴でもありますが、今回の映画でもそれを強く感じました。

志田 セリフは決まっていますが、たまに今泉監督が相手役の役者さんに耳打ちをするようなこともあります。そうすると、「アドリブで来るのかな?」って身構えてしまいます。今泉監督は、そういう私たちの生の反応を撮りたいのかなと思います。

——言葉に頼らず、表情で見せる場面が多いですよね。

志田 表情のお芝居についてはもっと勉強しなければいけないと思っていたので、自分の表情がどのように撮られているか意識して撮影に臨みました。自分の芝居を見るときは、表情ばかり見てしまいます。この映画をご覧いただく方にも、細かい表情の変化などを大きいスクリーンで見て何か気づいていただけたら嬉しいです。

——脚本を読んだときの感想を教えてください。

志田 台本を読む前に原作を読み、素敵な作品だと思いました。映画の台本では、さらに深く、丁寧に描かれていて、この世界の中で生きられるんだという楽しみと、こんなに素敵な作品の役をいただいたからには、お芝居をもっと頑張ろうと思いました。

——冒頭から昭和っぽいレトロな雰囲気に包まれている映画だなと感じました。

志田 昔のものって魅力的です。普段から昔ながらの喫茶店にも行きます。音楽は自分が生まれる少し前の楽曲を聴くのが好きです。だから撮影中も何となく落ち着くというか、すごく素敵だなって思いました。

——ストーリーが進むにつれて、人間関係がどんどん変化していきますが、演じる上で難しかったことはありますか?

志田 一緒に暮らしている父が再婚して、その再婚相手の子どもと初めて会って、少しずつ家族になっていくという、実生活で経験したことのないシーンが多かったです。また同級生の陸くんとの関係性もどんどん変化していきます。その部分を表現するのは難しかったんですけど、あまり考えこまず、その場で感じたリアルな感情通りに演じました。

——妹となる再婚相手の娘・ひなたとの絡みも、いろいろな感情が伝わってきてリアルでした。ひなた役を演じた鈴木咲さんとの共演はいかがでしたか?

志田 咲ちゃんは今6歳なのですが、その年齢の子と接する機会がなかったので、映画そのままに戸惑う面もありました。でも休憩時間に咲ちゃんが「お姉ちゃん、お姉ちゃん」って慕ってくれたので、徐々に距離感が縮んでいった気がします。

——距離が縮まっていくというのは、ストーリーの展開と共通するものがありますね。

志田 そうですね、どんどん近づいていきました。

——映画の冒頭は中学3年生という設定ですが、実際の年齢よりも下の学生を演じるのはいかがでしたか?

志田 そこまで抵抗はありませんでしたが、さすがに中学生役は少し不安でした(笑)。でも、同級生役のみんなと一緒にいたら、「自然とこういう感じだよな」と、自分の中学時代を思い出しました。みんなで話したりくだらないことで笑ったりして、なんとなく時間が流れていく、みたいなのは、すごくリアルで懐かしくなりました。