Contents

生まれる前から続くシリーズだからこそのプレッシャー

――作品出演のオファーを受けたときのお気持ちを教えてください。

畠中 オーディションの結果は純粋にすごくうれしかったです。「宇宙戦艦ヤマト」シリーズは僕の生まれる前の旧シリーズからものすごく歴史のある長い作品。しかも僕が演じる新クルーの土門は旧シリーズにも出ていたキャラクターですし、どういう風にもう一度土門像をつくりあげていったらいいのかというプレッシャーは感じました。

――過去の作品を見返しましたか?

畠中 『宇宙戦艦ヤマト2199』から『宇宙戦艦ヤマト2202』、『ヤマトという時代』といった、新シリーズはチェックしましたが、旧作は敢えて見ないようにしていました。そのときの土門と、今回描かれる土門は全く違う人物だとオーディション資料を読んでいるときに感じたので、以前の土門をなぞる様に演じることはしたくなかったんです。

――今回出演が決まってから初めて『宇宙戦艦ヤマト』をご覧になったということで、観る前はどういうイメージを持っていましたか?

畠中 『宇宙戦艦ヤマト』は、1970年代からスタートしていて、アニメに革新的な影響を及ぼしていて、アニメの歴史に残る作品だということは知っていました。『機動戦士ガンダム』よりは固くないイメージがあったものの、宇宙戦争ものというか、SFだし、簡単には踏み込めない距離感、重みを感じていましたね。

――実際にご覧になっていかがでしたか?

畠中 新シリーズを見る限り、テーマ性は時代を超えて少しずつ変われども、軸になるところはきっと同じだと感じました。かなり“骨太”だなと。重要な選択を前に「あなたはどちらを選ぶ?どういう風に何かを愛していく?」など、大人になって考えてもまだまだ答えがでない問題を提示してくれるし、そこに真正面からぶつかっていく作品ですごいなと思いました。1970年代は大人も子どもも一緒に観ていたわけで。「ヤマトすげーな」って純粋に思いました。

――そうですよね、子どもから大人まで観ていたんですものね。アニメ作品を楽しめながら、そういった問いかけをしてくれるすごい作品だなと思います。

畠中 正直、今までヤマトを好きだった人たちからしたら僕みたいな新参者っていうのは『宇宙戦艦ヤマト』のことをたいして知らないわけです。でも、初心者で細かいところは拾えていないのかもしれないけど、根幹にしているテーマが普遍的なものだから、胸を打ったり熱くなったりできて。観ておかなければいけない作品だなと思いました。実際僕もすごく影響を受けました。

「常に揺れていて、定まっていない」ところが土門と似ている

――土門を演じるうえで心がけたことはありますか?

畠中 シリーズ構成・脚本の福井晴敏さんや、安田監督や音響監督からも指摘があったんですけど、「あまり作りすぎない」っていうのが前提でした。土門の揺れ感を大事にしているのだと思いました。なので、撮り終わった後に「テスト(での声を)使ったよ」、というシーンもあります。この現場は“生感”のようなものをすごく重視してもらった感じはありました。

――土門竜介は新しくて等身大の若者だという印象をうけました。畠中さんが思う土門竜介の魅力と、ご自身に共通する点を教えてください。

畠中 彼の魅力は「揺れている」ところです。彼が背負っているものは非常に重くて。父親が亡くなり、父親の最期の顔が脳裏にこびりついていて。そのきっかけになった「ヤマト」というものに対してすごく複雑な感情を抱いていたと思います。でも「ヤマト」がなかったら地球は滅びていたわけだし、助けられた部分はいっぱいあって。土門が「ヤマト」に乗り込むときの気持ちって僕とは相当かけ離れたところにあります。でも、僕と共通しているのは、それが分からないから探しに来たっていうところ。分からないという不安定さの中で、もがきながらも何かを見つけていこうという熱いガッツみたいなものは共感できるものがありました。そういう意味でいうと、僕と土門が似ている部分は、常に揺れていて、定まってなくて、でも素直にその気持ちを出すところじゃないかと思いました。

――土門は一見、頭脳明晰だし計算高そうですが、実は抜けているところもあって。彼が同期に愛されている描写が素敵です。

畠中 いい仲間に恵まれて、いい生き方をしているなと思います。みんなに心配されていたりとか、ぶん殴ってでも止めてくれる人がいたりとか。危なっかしい奴なんですけど、本気でまっすぐ正直に生きてきたのかなと感じました。だからこそ不器用だし、周りを見ずに猪突猛進になってしまう。でも自分を持っていて、その意思に従っているからこそ、みんな共感してるんじゃないかと思います。

――新クルーのシーンは「仲間っていいな」って思わせてくれる場面が多かったですよね。畠中さんは土門以外で好きな新クルーはいますか?

畠中 坂本(茂)です。男としてあこがれる部分があるというか。小学生みたいな感想なんですけど、スリルを楽しむ男感というか、口だけじゃなくて行動でも示しちゃう、飄々としつつも決めてくるところは決めてくる感じが好きです。

――新クルー以外で惹かれたキャラクターはいますか?

畠中 真田(士郎)さんです。演説がよかったんです。『宇宙戦艦ヤマト2199』でも、自己犠牲で人を助けるなど、彼の気持ちって表面には出てこないけれども、人間くさいところがいっぱいあって。映画ではそこが繊細に描かれていて好きなので、もっと真田さんのことを知りたいなと思いました。

『宇宙戦艦ヤマト2205』はヤマトを見始めるチャンス

――収録は別だったと思いますが、小野大輔さんや山寺宏一さんなど先輩方と同じ作品で共演されました。

畠中 コロナ禍じゃなかったら全員で一緒に録りたかったというのが一番なんですけど、逆に先輩たちと離れて録ったからこそ、ある種の孤独な気持ちが、今の土門とマッチするところもあったりしたのでよかったとも思います。後編では土門個人の内面の孤独な闘いも描かれていて、それは自分で答えを見つけていかなければいけないところなので。

――本作は土門竜介が古代進に抱いている複雑な感情が軸になっていると思います。畠中さんにとっての古代進的な先輩として重要な存在はいますか?

畠中 古代は絶対的なヒーローじゃないのが魅力的ですよね。特に新シリーズだと古代進の人間的な紆余曲折がすごく描かれてきたじゃないですか。だから古代進って身近な存在だなって思わせてくれた部分があって。僕にとってどんなに完璧だと思う先輩でも、コロナ禍以前に飲みに行ったときに、「俺だって苦しいよ」って言いながら飲んでいる姿を見て、「先輩も人間なんだな」と思うことがありました。古代進を見ていると、ちょっと弱い姿を見せた先輩たちの姿が脳裏に浮かんできますね。

――『宇宙戦艦ヤマト』をよく知らないと、古代進って「すごく強くてカッコいいリーダーなんだ」と見えがちですよね。でも実際には葛藤も悩みもたくさん抱えていて。

畠中 そう思います。「『宇宙戦艦ヤマト』って結局何なんだ?」という人は結構いると思うんです。でも、映画館で『宇宙戦艦ヤマト』を体感したときに、胸が熱くなる経験ができると思います。僕自身も全く知らない状態から入り、今は『宇宙戦艦ヤマト』の熱がすごく好きなので、みなさんにぜひ感じてもらえたらなと心から思います。『宇宙戦艦ヤマト2205』って、ある意味ヤマトを始めるチャンスだとも思ったんです。全く『宇宙戦艦ヤマト』を知らない人でも、新クルーと同じ視点で物語に入っていける。それにしっかりと映画本編の前の時間に振り返りもあるし、すごく丁寧な映画なので、今こそ新クルーの人たちと一緒にヤマトに乗ってほしいです。

――それから過去作を観ても楽しめそうですね!

畠中 特に『ヤマトという時代』を観てもらいたいですね。観終わってからでも“くる”ものがあると思うので。もちろんこの映画を観ても十分楽しめるのですが、過去作を観ると「なんでこんな表情してたのかな」「この時こういう思いがあふれてきたのかな」という、深みが出ると思うので、本作を楽しんだ後はぜひご覧いただきたいです。

年齢も時代も飛び越えられるのが声優の魅力

――ここからは、畠中さんご自身のことについてお聞きします。畠中さんにとって、人生を変えるきっかけになったものは何でしょうか?

畠中 人生が変わったなというのは、初めて声の芝居と出会ったときだと思います。小学5、6年生で初めて受けたオーディションがきっかけです。両親が役者なので、ぬるっとこの世界に入ってきた部分もあります。「役者やりたい!」って言い続けていたら、なっていたというか。

――やはり声優は魅力的なお仕事ですか?

畠中 最初はよく分からないままやっていた部分が大きいんですけど、『宇宙戦艦ヤマト』みたいな世界観に連れて行ってくれるのってアニメならではだと思います。宇宙にも別の空間にも行けるし、年齢も時代も飛び越えられるのは声優の魅力なんじゃないかなと思います。

――畠中さんはどんな学生でしたか?

畠中 今考えると何も考えてなかったなあという感じですね(笑)。高校1年生のときからアニメ『遊☆戯☆王』の仕事をやらせてもらっていたんですけど。あまり仕事の重みも分かっていない状態でした。バスケ部に所属していて、学校行事も思いきり参加していたし、学校生活を謳歌していました。応援団もやっていたので、『遊☆戯☆王』の収録でも叫ぶし、応援団でも叫ぶという感じでした。今、その頃の自分に会ったら「お前、喉を大切にしろ!この野郎」って、ひっぱたきたいくらい(笑)。でも高校生活は本当に楽しかったです。今高校生の皆さんは、こういうご時世ではありますが、できる限り、その時間を楽しんでほしいなと思います。

――学校行事も応援団も、そしてレギュラーのお仕事もしてという、すごく多忙な高校生ですね!

畠中 高校時代は事務所に入っていなくてフリーで仕事をしていたんです。『遊☆戯☆王』のレギュラーが1つだったので、関連してCMとかバラエティとか、そういう稼働はありましたけど、基本は放課後に仕事を入れてもらって、授業にも収録にも参加できていました。

――事務所に所属したきっかけを教えてください。

畠中 大学生になって、自分で授業を組み立てながら仕事をしていくのはキツイなっていうのと、「賢プロ」(畠中さんの所属事務所)会長の内海賢二さんがご存命のときに、「声の仕事をやるんだったら賢プロね」と言ってくださっていたご縁もあり、所属させてもらいました。スケジュールを管理してもらうというのはありがたかったです。

悩んだ時間が経験として役立つ日が来る

――声優さんを目指す読者に、アドバイスをいただけますか?

畠中 僕もまだ皆さんにそんなことを話せるような立場じゃないんですが……高校生活は謳歌しておいた方がいいと個人的には思います。芝居のときの引き出しとして、「あ!こういう感覚って自分も経験したことあるな」ってどんな作品でも、どんな世界観でもあると思うんです。例えば、『宇宙戦艦ヤマト2205』の土門竜介と僕は立場も生きている環境も全然違いますけど、彼の揺れる気持ちは理解出来たりします。そういう経験があるかないかの引き出しは多分10代の頃とか、学生時代に構成されていくのかな、と。一番多感で色々なことを感じるし、先生に色々言われたり、親にチクチク言われながら悩んだりする時間って、そのときは辛くても、経験として役立つ日が来ると思うんです。

――その時代に触れた作品とか読んだ本とか、ずっと覚えていたり、大切にしていますものね。

畠中 そう思います。本や映画を観て面白くないな、分かんないなっていう気持ちも、そのままとっておくと、何年か先にその作品に再会したときに、ものさしになってくれるというか。それでより自分を知れたりもするんですよね。僕も、小津安二郎監督の『東京物語』(53)を大学生のときに観て、静かすぎて、正直寝ながら見ていた部分があったんです。でも最近になって観直したら、めちゃくちゃ刺さるなって。すごく胸が締めつけられる、良い映画だったんだなって気づけたんです。

――一度観た経験があったからこそ、今になって違う感想を得ることができたのですね。

畠中 本当にそうなんです。あの独特のローアングルも、今観るとその視点が懐かしいというか、「幼少期の視点なのかな?」など、色々考えたりとか。役者の無表情の中にある切ない感じとか、たくさん気づかされました。大学の時に出会っておかないと、もう一回『東京物語』を観ようと思わなかったので、大事な出会いだったんだなと思います。学生のときに無駄なことは何一つないと思うので、できるだけ多くの経験をすることが、夢につながる大切なことなのかなと感じています。

Information

『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-』
2021年10月8日(金)劇場上映

◆スタッフ
原作:西﨑義展/製作総指揮・著作総監修:西﨑彰司/監督:安田賢司/シリーズ構成・脚本:福井晴敏/脚本:岡 秀樹
キャラクターデザイン:結城信輝/メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志・明貴美加/音楽:宮川彬良

◆キャスト
古代 進:小野大輔/森 雪:桑島法子/真田志郎:大塚芳忠/アベルト・デスラー:山寺宏一/スターシャ:井上喜久子/デーダー:天田益男
土門竜介:畠中 祐/徳川太助: 岡本信彦/京塚みや子: 村中 知/坂東平次:羽多野 渉/坂本 茂:伊東健人

畠中佑

声優

声優・アーティスト。1994年生まれ。2006年に映画『ナルニア国物語』の一般公募オーデイションに合格し、 エドマンド・ペベンシー役の吹替えで声優デビュー。その後、多数の吹き替え・アニメ作品に出演中。 キャラクターソング等での歌唱力の高さに定評があり、 2017年7月に1stシングル『STAND UP』で、ランティスよりアーティストデビュー。 2019年3月27日には1stアルバム『FIGHTER』をリリースし同年7月27日には豊洲PITにて初のワンマンライブとなる「TASUKU HATANAKA 1st LIVE -FIGHTER-」を開催。 その後もTVアニメ『憂国のモリアーティ』や、自身もウルトラマンゼットの声を担当した特撮ドラマ『ウルトラマンZ』の主題歌を担当するなど、声優としてもアーティストとしても活躍中。

Photographer:Toshimasa Takeda,Interviewer:Kozue Nakamura