SMエンターテインメントの沼にハマる

――この連載ではK-POPに造詣の深い佐藤まりあさんに、これまでハマったK-POPアーティストの魅力を聞いていこうと思います。第1回目は、佐藤さんとK-POPの出会いから教えてください。

佐藤 最初は日本の音楽番組に出ていた東方神起を観て、そのかっこよさに惹かれました。そのときは学校の友達と、「曲かっこいいよね」「メンバーの誰が好き?」と話す程度のライトなファンでした。

――日本のアイドルには興味はありましたか?

佐藤 男女ともにアイドルは好きでしたけど、応援の仕方が分からなかったのでハマるという感じではなかったです。あと東方神起のことをアイドルとして意識して見てなかったですね。東方神起をきっかけに、彼らの所属するSMエンターテインメントの動画をYouTubeで観て、SHINee(シャイニー)、Super Junior(スーパージュニア)、少女時代などの存在を知って、徐々にSMエンターテインメント以外のアーティストも聴くようになって、K-POPの沼にハマっていきました。

――東方神起のどこに惹かれたのでしょうか?

佐藤 曲のかっこよさはもちろん、とにかく歌が上手い!当時は5人で活動していましたが、メンバーの誰が歌っても上手いですし、どんなマイクリレーも完璧でした。歌が上手いだけでもすごいのに、ダンスしながらの生歌で、ライブでのアレンジの加え方もカッコよくて。図々しい言い方になってしまうかもしれないですけど、一応、私も同じ職業に就いているので分かるんですけど、やっぱり生歌だとぶれるし、高い音は辛い。でも東方神起は、それを楽々とやってしまう。陰ではたくさんの努力があったんでしょうけど、お客さんの前では完璧な姿を見せるんです。そんなグループを過去に観たことがなかったので新鮮でした。

――推しメンはいましたか?

佐藤 あえて挙げるならユチョンさんですけど、みんな好きでした。歌声がそれぞれ違っていて、誰がメインというより、全員がメインボーカルを取れるところやコーラスも魅力的で東京ドーム公演の頃は完全にハマっていました。人生で初めて買ったCDシングルも東方神起の「BREAK OUT!」(2010年1月27日リリース)なんです。5人の作品としては最後のほうなんですけど。東方神起に出会わなかったら、こんなにK-POPにハマることはなかったと思います。東方神起を機に、いろんなアイドルが韓国にいることを知りました。

――その後、いろいろなアーティストを聴くようになって、それでも東方神起は別格だと感じますか?

佐藤 ぶっちぎりで歌が上手いんじゃないかと思います。ポジションがラッパーのメンバーでも、ちゃんとバラードを歌える。本当にすごい!レジェンドです。