誰にも自分の中で踏み込まれたくない領域がある

――山田さんが主演を務めた映画『ひらいて』は芥川賞作家の綿矢りささんが原作で、首藤凜監督が「この映画を撮るために監督になった」と言うほど思い入れのある作品です。原作を読んだときの感想はいかがでしたか?

山田 映画のお話をいただいて、主人公の愛を演じると分かってから原作を読みましたが、まず思ったのが「愛が全然分からない!」(笑)。彼女の衝動みたいなものは理解できますし、「そういうのあるよね」って共感もあるんですけど、いざ自分で演じるとなると不安で。たくさん愛を理解しなきゃいけないなと思いました。

――愛は好きな人を奪うためには手段を選ばない、ある意味ヒール的な存在ですよね。

山田 そうですね。高校のスクールカーストでは高い位置にいるけど、本当は不安だし、保守的なところもあります。それも高校生らしいところで面白いなと思いました。

――どのような役作りを意識しましたか?

山田 ちょっとした目線の動かし方とか、一つひとつの動きに迷いがないような振る舞いを意識して演じました。まばたきをあまりしないようにしたり、目線をキョロキョロさせないで定めたり。廊下で他の生徒とすれ違うときも、あまり自分からよけない、みたいな。

――山田さんの目力が遺憾なく発揮されているなという印象ですが、視線の演技は難しそうですね。

山田 私は気が弱いというか、迷ったときにキョロキョロしちゃうクセがあるんです。普通に悩む子であればそれでいいんですけど、今回の愛はあまり弱さを見せたくなかったので、「視線をそらす時にはここを見るようにしよう」と決めて演じました。

――山田さん自身の普段の立ち居振る舞いで、愛と似ている部分はありますか?

山田 淡々と冷めている喋り方のトーンやテンションは、わりと普段の自分に近いかもしれないです。

――体を張った演技も多いですね。

山田 私、本当に運動をしないのでけっこうきつくて……。学校の窓から侵入するシーンでフェンスを越えられなくて、脚にサッシの痣ができました(笑)。結局、台を置いてもらって対応したんですけど、このシーン以外にも体を使った演技が多くて、かなり傷だらけでした。身体の動きからも、愛の暴力性や勢いを感じさせたかったですし、運動している愛がかっこ悪かったら嫌だなって思いながら演技していました。

――原作を読んだときは「愛が分からなかった」と仰っていましたが、台本を読み込んだり、実際に演じたりしていく中で、愛をだんだん理解できるようになりましたか?

山田 好きな人を奪いたいって気持ちは、みんな持っていると思うし、私自身も持っています。でも愛はそれを行動に移せるという点で普通とは違っていて、そこが分からなかったんです。だから、分からない部分を理解するよりも、途中からは根本的な部分に目を向けることを大事にしました。愛自身は「こうだからこうした」みたいに、理論的に行動している訳でもないので、演じる上でも考え過ぎないようにしたんです。

――『ひらいて』の登場人物の中で、ご自身に近いキャラクターは誰ですか?

山田 たとえかな。私も、愛みたいに来られたらちょっと怖いってなっちゃいそうですし、誰でも自分の中で踏み込まれたくない領域があるじゃないですか。私にも、そういうものはあります。たとえほど第三者のような感じにはなれないですけど、似てる部分はあると思います。