メンズとレディースという概念がないブランドが増えている

――2021年秋冬のファッションの傾向を教えてください。

船橋 いろいろなセレクトショップ(『W magazine 9月号』では〈ビームス〉、〈ラブレス〉、〈フリークスストア〉、〈ジャーナルスタンダード〉、〈ストゥディオス〉、〈ランチキ〉をピックアップ)のコレクションを見ていたら、今季はアメカジが多いですね。また、全体的にファッションがユニセックス志向になってきていて、メンズとかレディースという概念がないブランドがどんどん増えている気がします。クロスオーバーしているんですよね。メンズのアイテムをレディースの子が、レディースのアイテムをメンズの子が着られるようになってきているので、ファッションの幅が広がっていると思います。

――アメカジはこれまでも流行時期がありましたが、どのあたりの年代を指すんでしょう?

船橋 年代というよりは、どこのブランドも「アメリカってこういう感じだよね」という、ふわっとした感じなんです。ちょっと前までは「1970年代のオーセンティックなデニムパンツの〇〇で、柄が××で」みたいなに言っていましたが、今はシルエットはヨーロッパ風で、ダメージの入り方がアメリカといったアイテムも、アメリカンテイストと言われます。いわゆる昔のデニムにスウェットがアメカジスタイルというわけではなく、全体的に見て「アメリカ」というキーワードが、ブームなのかなと思います。いわゆる「ザ・アメリカ」というスタイルで楽しむよりも、うまく自分のスタイルにミックスさせたような感じです。楽しみ方は人それぞれでいいんじゃないかなと思います。

――レディースでのアメリカ系の人気はどういうものですか?

船橋 メンズにも近いのですが、わりとダメージっぽいアイテムも多くて、それだけで「アメリカっぽいね」みたいな感じで言われたりしています。ただ、メンズと比べてレディースは素材もデザインもふわっとしているので、例えばシースルー、シアーっぽい素材をボックス型(アメカジトップスの代表的シルエット)にしてみたり。ひとつのアイテムの中に、さまざまな要素を全部ミックスさせているというか。そういうものが多いと思いますが、「流行のものはコレ!」っていう感じではない気がします。