ダブルアンコールを終えてファンとの“再会”を熱く誓い合う


観客からの鳴り止まぬ手拍子を受けて、ステージへ戻ってきた内田。アンコールの1曲目『NEW WORLD』ではきらびやかなスポットライトの光を受けながらロングトーンを響かせ、軽快なステップを踏む。

客席への感謝を伝え「ここが内田雄馬の生きる意味だと、みんなで楽しいことをする時間が、自分にとっての糧だと」とライブへの思いを吐露した内田。「内田雄馬はずっとここにいるの。あなたがいてくれるなら、僕はずっとここに立ち続けていけるので。だからまた何か、何もなくてもいいや、いつでも遊びに来てください!」と力強く語りかけた。

さらに、ステージでは、9thシングルの制作決定、11月29日サービス開始のファンクラブ「Beside YU(ビサイド ユー)」発足(入会受付中)も発表。観客たちは盛大な拍手で喜びを表現していた。

終演時間も迫る中、次に披露したのは『スタートライン』。さわやかで軽快なリズムに乗って、ステージの中央から左右へと軽やかに走る内田。その表情は、この日一番と思えるほど楽しげで明るい。

うちダンサーズのサポートを受けながら『向かうべき場所』を歌い上げると、再び場内が暗転。拍手を受けダブルアンコールで戻ってきた内田は『Wonderful World』を披露し、イントロでは「ありがとう!みんなと会えてすげぇうれしかったです! ここは本当に素晴らしい世界だ。みんな、これからもよろしく頼むぜ!」とメッセージを届けた。

全19曲を披露して、マイクに頼らずみずからの声で「ありがとうございました!」と思いっきり叫んだ内田。客席へ向けて何度も感謝を伝えながら、すべての観客に向けて精一杯手を振り続ける。最後、限られた時間を惜しみながらも「絶対、また会おうね」「約束です!」と伝え、ファンとの再会を誓い合った。

Information

内田雄馬オフィシャルファンクラブ「Beside YU」の入会受付中!

お申し込み

内田雄馬2nd Album「Equal」発売中!

CD情報

ストリーミング

内田雄馬

声優/アーティスト

9月21日生まれ。東京都出身。声優として『BANANA FISH』『ぐらんぶる』など数々の人気作で主演を務め、2019年に「第13回声優アワード」で主演男優賞を受賞。現在も『呪術廻戦』伏黒恵役、『BORUTO-ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』カワキ役などの話題作に出演し続け役者として高い評価を受けている。アーティストとしては、2018年5月30日にデビュー。伸びやかなヴォーカルとキレのあるダンスを武器に音楽活動でも幅広い表現力を発揮し、各方面から注目を集める。シングル、アルバムのリリースやワンマン・ライブツアーの開催など精力的に活動中。

Reporter:Shuhei Kaneko