Contents

自分のことしか考えていない主人公に共鳴

――首藤監督は、今回映画化した綿矢りささんの小説『ひらいて』を高校3年生のとき、17歳の冬に読まれたそうですが、その前から綿矢さんの作品は読まれていましたか?

首藤 読んでいました。『蹴りたい背中』のように青春時代を描いた作品もあれば、女性が女性への気持ちを書いている作品もあって、どれも好きでした。中でも『ひらいて』は特別に感じるところがありました。私は中学・高校と女子校だったので、おそらく女の子に対する感情は共学の環境にいる方よりも特殊だったような気がします。そういう環境の中で読んだのですが、思ってもみない方向から人が人を受け入れる瞬間に感銘を受けました。

――主人公の愛に共感する部分もありましたか?

首藤 愛は自分のことしか考えていない主人公ですが、美雪の持つ“イノセンス”に強烈に惹かれてしまったり、美雪の彼氏であるたとえを「奪いたい」と暴力的に思ってしまうことに共鳴しました。

――『ひらいて』はスクールカーストが描かれていて、愛はスクールカースト上位、美雪はクラスで目立たない存在です。ご自身はいかがでしたか?

首藤 共学ではなかったので、オタクとかギャルはいても、あまりカーストというものはなかったかもしれません。各々好きにしているというか。私自身は、友達は多い方だったかもしれません。

――『ひらいて』を脚本化する上でどのようなことを心がけましたか?

首藤 2年半という長い期間にわたって脚本を書いていました。最初は愛と美雪の視点に分けて、中盤で転換するという話にするなど、いろいろな試行錯誤があったんです。その結果、愛を主体として語っていくのがいいだろうと思いました。原作では、愛の恋心や自意識がガーッと書かれているんですけど、私はそれに共感していたので、どうしても愛に力を入れて書いていたんです。でも脚本を見ていただく中で、愛に共感する人は少ないらしいってことに気づきまして(笑)。なるべく引いた視点で、見ていて面白い、だけど何を考えているの分からないみたいな感じで、愛を面白人間として描こうと思いました。でも、どこかに愛に共感してほしいという気持ちもあります。美雪と愛の手紙をモノローグとして交互に入れるというアイデアを思いついてからは、なんとなくそれが脚本の軸になって書けたような気がします。

――思い入れのある原作を脚本・映画化する上でプレッシャーはありましたか?

首藤 ありました。同じく綿矢さんが原作の映画『勝手にふるえてろ』(17年)を見たときは、しばらく「傑作だー」と思って脚本が書けなくなって、余計に時間がかかりましたね。

現場では山田杏奈と静かな戦いをしていた感覚

――愛を演じた山田杏奈さんに取材した際、首藤監督は撮影中に具体的な指示を出すというよりも、考えを促すような感じだったと仰っていました。

首藤 山田さんは経歴も長いですし、真面目な方。監督がやりたいことを、ちゃんと聞き取ってやってくださるタイプの女優さんだと思いました。私から指示をして山田さんが近づける形じゃないほうが面白いと思って、なるべく「どう思う?」と問いかけるようにしました。なのでご本人は悩んだと思います。

――山田さんを主演に選ぶ上で決め手を教えてください。

首藤 10代の方に演じてほしいというのがありました。この話を俯瞰してしまう20代の女優さんよりも、たとえ愛のことが分からなくても、分からないまま演じていただいた方が、きっと面白い表情が撮れるんじゃないかと思ったんです。あとは、絶対に撮りたかった愛と美雪のベッドシーンを必ずやっていただける方。その点も山田さんは承諾してくださいました。

――初めて会ったときの山田さんはどんな印象でしたか?

首藤 眼差しが印象的な方。素直に気持ちが顔に出ちゃうところがあるんですけど、そこも可愛いんです。余談ですが、クランクイン前にみんなでPCR検査をしたとき、検査が終わった山田さんが、みんなから「大丈夫だった?」って声をかけられていました。「私、すぐに唾液出るんで、すぐに取れました!」って自慢げに答えていて、それが面白かったです(笑)。本人は無自覚だと思いますが、そういうところも愛っぽいなと思いました。

――『ひらいて』は全体的に静かなトーンですが、先ほどお話に出たベッドシーンや自転車のシーンなど随所に山田さんが躍動するシーンがあって、すごく印象に残りました。

首藤 すごく思い入れがあったベッドシーンは、最後のほうに撮影したんですが、山田さんと芋生(悠)さんの関係性が出来上がっていたので、すんなり動いてくださりました。あと脚本には自転車に乗るシーンがいっぱいあったんですけど、いざ現場に入ったら、山田さんがほとんど自転車に乗れなかったんです。でも「乗れるようになると思います!」って前向きで。実際すぐに上手くなって、そこも面白かったです(笑)。

――美雪役に芋生さんをキャスティングした理由は?

首藤 以前から芋生さんは不思議な引力がある女優さんだなと感じていて、お会いしたいと思っていました。オーディションに来てくださったときは、とてもうれしかったです。オーディション当日はすごく暗い雰囲気でびっくりしました。後で聞いたら、そのときに演じていた役が暗い役だったらしくて、それが尾を引いていたみたいです。

――たとえ役の作間龍斗さんは、どういう経緯で起用されたのでしょうか?

首藤 たとえ君の役は、あんまり喋らないので存在感のある方。かつ愛が「私だけが見つけた男の子」って思える人がいいなと思っていました。いろいろ調べていくうちに「三井のリハウス」のCMに作間さんが出てらっしゃって。ほとんどセリフはなかったんですけど、雰囲気のある方だなと思いました。HiHi Jetsの映像も観たんですけど、ジャニーズの中でも異質さを感じて、ぜひお会いしたいと思ったんです。実際の作間さんはおどけたりする明るい方なんですけど、時折見せる表情が独特で、たとえ君役にピッタリだなと思いました。

――現場の雰囲気作りをする上で意識されたことはありますか?

首藤 私は仕切れるようなタイプじゃないんですけど、現場の雰囲気は良かったです。たぶん私が委縮しないように、優しいスタッフさんを集めてくださったんだと思います。全スタッフが集まる最初の打ち合わせでは、私以外全員プロの方なので「笑っちゃう」みたいな感じだったんですけど(笑)。それだけ演出に集中させていただける現場で、ずっと私は山田さんと静かな戦いをしていた感覚でした。

――ご自身で編集もされていますが、こだわりを教えてください。

首藤 本当は別の方に編集をやってほしかったんです(笑)。ただ私の所属するテレビマンユニオンは、ドキュメンタリーやテレビのディレクターが所属している会社で、その世界ではディレクターが編集まで手掛けるという不文律があるんです。それでプロデューサーの杉田浩光に「やってみたらいい」と口車に乗せられました。編集は地獄のような作業でしたけど、半年ぐらい時間をかけて、じっくり考えられたのでやってよかったです。

――念願だった原作の映画化が実現しましたが、今後映画にしたいテーマはありますか?

首藤 初めて『ひらいて』を読んだときに、男一人女二人という構図が埋め込まれてしまった部分があります。そういう三角関係を見ているのも、そこで生まれてくる新しい関係性も大好きなんですよ。映画を通して、そういう構図で何か新しい関係を見せたいなと思います。

――最後に改めてティーン読者に向けて『ひらいて』の見どころを聞かせてください。

首藤 10代特有の恥ずかしいところがいっぱい出てきますし、ちょっと痛い気持ちになりますが、「自分に似てる」「あの子に似てる」と共感する部分もあると思いますので、ぜひ劇場で観て欲しいです。

Information

『ひらいて』
絶賛公開中!

山田杏奈
作間龍斗(HiHi Jets/ジャニーズ Jr.) 芋生悠
山本浩司 河井青葉 木下あかり
板谷由夏 田中美佐子 萩原聖人

監督・脚本・編集:首藤凜
原作:綿矢りさ『ひらいて』(新潮文庫刊)
音楽:岩代太郎 主題歌:大森靖子「ひらいて」(avex trax)
プロデューサー:杉田浩光 中村優子 富田朋子
制作プロダクション:テレビマンユニオン 製作:「ひらいて」製作委員会
配給:ショウゲート
©綿矢りさ・新潮社/「ひらいて」製作委員会
PG12

高校3年生の木村愛(山田杏奈)は、クラスでも目立つ華やかな存在。常に友人に囲まれ男子にも不自由しない愛が、その姿を見ただけで胸を苦しくさせるほど恋焦がれているのは、同じクラスの西村たとえ(作間龍斗)。だが彼には誰にも知られていない“秘密の恋人”=新藤美雪(芋生悠)がいた。2人の揺るがない絆を知った愛は、美雪に急接近。いびつでエキセントリックな三角関係は、思いもよらない方向へ走り始める。

公式サイト

公式Instagram

公式Twitter

首藤 凜

映画監督

1995 年、東京生まれ。早稲田大学映画研究会にて映画制作をはじめる。2018 年、テレビマンユニオンに参加。『また一緒に寝ようね』がぴあフィルムフェスティバル 2016 で映画ファン賞と審査員特別賞を受賞。初の長編映画『なっちゃんはまだ新宿』は MOOSIC LAB2017 で準グランプリ、女優賞、ベストミュージシャン賞の三冠に輝き、劇場公開された。その後、山戸結希監督プロデュースのオムニバス映画『21 世紀の女の子/I wanna be your cat』(19)に参加。ドラマ『竹内涼真の撮休』(20/廣木隆一監督作)、『欲しがり奈々ちゃん~ひとくち、ちょうだい~』(21/城定秀夫監督作)では脚本を担当している。

Photographer:Yuta Kono,Interviewer:Takahiro Iguchi