戸松さんとのアフレコは、なにか壁があるような感じでした

――『ソードアート・オンライン』(以下:SAO)シリーズ最新作の完成おめでとうございます。今作をご覧になっての素直な感想をお願いします。

松岡 僕は原作も読んでいるので、新作が『プログレッシブ』と聞いた時も驚きはなかったのですが、一視聴者として純粋に嬉しかったです。今作は全編にわたってアスナの視点から、どんな家庭環境で育ち、どういった学校生活を送って、なぜSAOの世界にログインすることになったのか、皆さんが知りたかったことが全て詰まっていて、一ファンとしても非常に興味深い作品でした。しかもアスナの親友・ミトという新キャラクターが登場します。《アインクラッド》編(第1シーズン)の第1・2話と比較すると、ミトという存在により、アスナのキャラや気持ちが深く浮き彫りになってくるので、ファンの方ならきっと満足いただけると思います。

――キリトの運命と交差するまでに、アスナには相当なドラマが待ち受けていました。

松岡 今回台本をいただいてから、あえてアスナとミトの掛け合いのパートを全部読み飛ばしました。SAOの世界が実際に存在しているとして、キリトからすればアスナが自分と出会うまでは、どこで何をしていて、どんな友だちがいて、どのような経験をしたか知る由がないわけです。となると、キリトがアスナと出会った瞬間にどう振る舞い、どう話すかを考えると、出会う以前の知識は入れない方がいいと思ったんです。アスナとミトとのやり取りや関係値を見てしまうと、キリトとの出会いのシーンで、少し感情が入りすぎる気がして。

――確かに知りえない情報を知っていると、変な力が入ってしまう気がします。

松岡 キリトとアスナとの出会いって偶然みたいなもので、アスナのことを知りすぎていると逆に変な意識が働いて、“よそよそしさ”がしっかりと出せないと思いました。「この人とどんな風に話して、どんな運命をたどるのか?」、それがわかるのはエスパーぐらいです。登場人物は「実際に生きている人間である」という感覚を、どの作品でも大事にしているので、自然な距離感が出せるように、あえてアスナがキリトと出会うまでの話には触れないようにしました。

――アスナと初対面を果たした時のキリトの“ナイーブさ”は見事でした。

松岡 話す時もアスナの顔を一切見ないとか、剣を納めるのが上手くいかないとか、人付き合いが全くダメな部分があらゆる挙動に表れていました。これまでの流れを見てこなかったことで、個人としてはアスナとの最初の問答した場面では、すごく寂しくなりました。作品を重ね、今では将来を約束しあう二人なのに、最新作では原点の話とはいえものすごい距離を感じてしまう。アスナ役の戸松(遥)さんのお芝居もあってか、最初の二人の会話は、とてつもない壁を感じました。

――アフレコの空気感も今までとは違っていましたか?

松岡 今回、僕は戸松さんと二人だけの収録でしたが、マイクの前に立つと空気がピリついて、なにか壁があるような感じでした。ただ、そこで寂しさのような感情が個人で生まれてしまうと、それはもうキリトではなく、演じる松岡禎丞になるので、マイクの前では、その中の世界をありのままに表現することに集中していました。