Contents

戸松さんとのアフレコは、なにか壁があるような感じでした

――『ソードアート・オンライン』(以下:SAO)シリーズ最新作の完成おめでとうございます。今作をご覧になっての素直な感想をお願いします。

松岡 僕は原作も読んでいるので、新作が『プログレッシブ』と聞いた時も驚きはなかったのですが、一視聴者として純粋に嬉しかったです。今作は全編にわたってアスナの視点から、どんな家庭環境で育ち、どういった学校生活を送って、なぜSAOの世界にログインすることになったのか、皆さんが知りたかったことが全て詰まっていて、一ファンとしても非常に興味深い作品でした。しかもアスナの親友・ミトという新キャラクターが登場します。《アインクラッド》編(第1シーズン)の第1・2話と比較すると、ミトという存在により、アスナのキャラや気持ちが深く浮き彫りになってくるので、ファンの方ならきっと満足いただけると思います。

――キリトの運命と交差するまでに、アスナには相当なドラマが待ち受けていました。

松岡 今回台本をいただいてから、あえてアスナとミトの掛け合いのパートを全部読み飛ばしました。SAOの世界が実際に存在しているとして、キリトからすればアスナが自分と出会うまでは、どこで何をしていて、どんな友だちがいて、どのような経験をしたか知る由がないわけです。となると、キリトがアスナと出会った瞬間にどう振る舞い、どう話すかを考えると、出会う以前の知識は入れない方がいいと思ったんです。アスナとミトとのやり取りや関係値を見てしまうと、キリトとの出会いのシーンで、少し感情が入りすぎる気がして。

――確かに知りえない情報を知っていると、変な力が入ってしまう気がします。

松岡 キリトとアスナとの出会いって偶然みたいなもので、アスナのことを知りすぎていると逆に変な意識が働いて、“よそよそしさ”がしっかりと出せないと思いました。「この人とどんな風に話して、どんな運命をたどるのか?」、それがわかるのはエスパーぐらいです。登場人物は「実際に生きている人間である」という感覚を、どの作品でも大事にしているので、自然な距離感が出せるように、あえてアスナがキリトと出会うまでの話には触れないようにしました。

――アスナと初対面を果たした時のキリトの“ナイーブさ”は見事でした。

松岡 話す時もアスナの顔を一切見ないとか、剣を納めるのが上手くいかないとか、人付き合いが全くダメな部分があらゆる挙動に表れていました。これまでの流れを見てこなかったことで、個人としてはアスナとの最初の問答した場面では、すごく寂しくなりました。作品を重ね、今では将来を約束しあう二人なのに、最新作では原点の話とはいえものすごい距離を感じてしまう。アスナ役の戸松(遥)さんのお芝居もあってか、最初の二人の会話は、とてつもない壁を感じました。

――アフレコの空気感も今までとは違っていましたか?

松岡 今回、僕は戸松さんと二人だけの収録でしたが、マイクの前に立つと空気がピリついて、なにか壁があるような感じでした。ただ、そこで寂しさのような感情が個人で生まれてしまうと、それはもうキリトではなく、演じる松岡禎丞になるので、マイクの前では、その中の世界をありのままに表現することに集中していました。

家から出たくなくなるほどのプレッシャーの中で挑んだ収録

――9年ぶりに14歳のキリトを演じてみていかがでした?

松岡 『SAO』第1シーズンの放送は2012年。僕はデビュー4年目でした。あれから現場での経験値も重ねたことで、当時と比べると質も技術も何もかも雲泥の差で。あの当時の僕はと言えば、とにかく芝居することに必死でした。ですが、今回のキリトは14歳のキリトなので、その時の自分を再現するべきなのかと、色々考えました。もし、9年前の僕を真似ることがベストなら、当時の音声を使うのと変わらなくなってしまいます。とは言っても、あの当時に演じた「14歳のキリトの声や演技」は忘れたくない、しかし真似するのはやはり違う……というジレンマがテスト直前までありました。いくら自分なりの「当時の14歳のキリトの声」を家で考えても、最終的に音響監督さんをはじめとした現場判断があるので、あまり悩みすぎても仕方がないのです。正直テスト初日は、「家の玄関から出たくない、行きたくない」レベルの緊張のまま現場に向かいました(苦笑)。

――松岡さんほどの実力を持ち、しかもキャリアを積んだ方でも、相当なプレッシャーだったんですね。

松岡 どの収録も前日になると眠れなくなるほどの緊張に襲われます。それは今も昔も変わりません。いざテストが始まり、「よし行くぞ」と、力を入れてバーン!と臨みます。「何か言われるのかな?」と不安に思っていたら、第1シリーズから音響監督を務めている岩波美和さんから「その声の出し方、きつくない?」と聞かれたんです。たぶん当時のキリトを演じている時の声色や、当時の自分をリスペクトするように一音ずつはっきりと発音していて。その発声法が岩浪さんからしたら、僕が無理しているように聞こえたのだと思います。そうしたら、「今の自分で、当時のキリトを演じればいいんだよ」と背中を押していただいて。それ以降はディレクションはなく、スムーズに進んでいきました。途中からはどんどんエンジンがかかってきて、気づいたら戸松さんに向かって「だんだん楽しくなってきました!」と言っていました。

――9年という長きに渡って演じてきたキリトという存在に、特別な想いはあるかと思います。

松岡 そうですね。僕の方が圧倒的に歳上とはいえ、キリトとは『SAO』の新作やコラボなど、収録のたびに一緒に歳を重ねてきて。なんというか、肉親みたいな感じです。収録の時も「じゃあ行くか?」と僕が言ったら、キリトも「じゃあ、行こう!」となるみたいな、ある意味で相棒のような関係。本当に日常的にそのまま演じています。逆にこっちが収録のたびにテンション上がってしまうと、これまで共に自然に歩んできてくれたキリトに申し訳ないのかなと思っています。

――新作が出るたびに歴史が進んできた『SAO』は、『プログレッシブ』で過去を掘り下げることでさらに世界を拡張しました。今や世界的な人気作になった作品に携わり続けられる喜びや感動を感じる瞬間はどのような時でしょうか?

松岡 『SAO』は一人ひとりが自分の能力を使い、チームで作っている作品で。すごくありきたりかもしれませんが、視聴者の方から「良かった」、「心にきた」、こういった喜びの反応をいただいた瞬間が一番の励みになります。例えばイベントや番組で新作発表の特報が流れたりしますよね。その瞬間、の盛り上がり方のすごさ。中でも2017年ごろにイベントで《アリシゼーション編》制作決定を発表した瞬間、会場は「待っていたよ!!」という悲鳴に近い歓声が湧いて。あの光景を見て、あまりのすごさにブルブルって武者震いしながら、思わず口元が緩くなりました。登壇者の我々は、その情報が出ると全員知っているわけです。それでも映像が流れ、ファンの方が驚き、歓声が湧いた瞬間、僕たちも「おぉ!!」と感動してしまうのです。『SAO』に新たな動きがあるたびに、僕たち演者、スタッフさん、全員も「待っていたよ」という気持ちになれる作品です。

「いつか」と思っている人のところにチャンスはやってこない

――今作のキリトと同い年の中学2年生のときは、どのような少年でしたか?

松岡 将来的な夢のヴィジョンで迷い始めていた時期でした。ちょうどその頃に友だちが貸してくれたアニメを観て、とある声優さんに衝撃を受け、完全に“やられて”しまって。そこで声優という仕事にすごく興味が湧いてきたんです。一方で、その頃は『頭文字D』やゲームの『グランツーリスモ』に熱中していて、将来は自動車の整備士に就こうと思っていました。この二つの夢が僕の中で常にバランスを取り合っていて、整備士の方に気持ちが傾いたとしても、どこか声優への想いが拭えず。中学3年生になり進路相談で先生に相談しました。この時は今でも鮮明に覚えています。「声優という職業を目指してみたいんです」と希望を持って言ってみたところ、「なれるわけないよ。何考えているの?」と、メチャクチャ辛辣な言葉で見事大否定されてしまって(苦笑)。正直このことが尾を引いて、高校3年生の進路を決める日まで「やりたい。けれど、なれるわけない」と、葛藤していました。ですが、そこで折れることはなく、自分の性格上、何かしら思うことがあれば必ず試してみたくなるんです。どんなに「無理」と人に言われても、僕が「行けるかな?」と思えば続けますし、その逆もしかり。とにかく自分の気持ちを大切にしたい人間なんです。

――葛藤を乗り越え、本格的に声優の道へ進もうと思ったきっかけは?

松岡 高校3年生のときに担任の先生との進路相談で、声優に挑戦するか悩んでいると相談したんです。正直ここでも否定されてしまうのではと怖くなり、言うかどうか躊躇したのですが、思い切って言ってみました。担任の先生は「いいね、挑戦してみなよ。ただダラダラするのはよくないから期限を決めて、自分なりに納得がいくまで一度やってみるのはどうだろう」と、背中を押してくださったんです。本当にこの一言に救われて、声優への道へと舵を切る勇気が湧いてきました。ただ、両親に相談したところ、親父からは中学の先生と同じように「なれるわけないだろ!」と大反対を食らってしまい(苦笑)。この一言にはさすがに折れかけました。母は「期限は4年、その期間に声優になれなかったら帰ってきなさい」と、背中を押してくれました。ちょうど母の友人に自動車関連の仕事をやっている方がいて、高校卒業後はそちらで働く予定だったんです。もし、声優になれなかったら、もう一度その方に真摯に頭を下げて、自動車関連の仕事に進めばいいと言われたことで、その4年の期間は必死に頑張り続けようと心に誓いました。

――夢を抱いても一歩踏み出せずに悩んでいる方には、松岡さんのこのお話はすごく刺さると思います。

松岡 未知の世界に一歩踏み出す瞬間って怖いもの。それでも、しっかりと少しでも息抜きしながら一歩ずつ前に進んでいけば、結果的に夢が破れたとしても、その経験は人生の糧として残って、必ず後の人生へと活かせるはずなんです。決して失敗することは無駄なことじゃない。キリトが『ユイの心』(第1シーズン・第12話)という回で「疑って後悔するよりは、信じて後悔しようぜ!行こう、きっとなんとかなるさ」という、すごく良いセリフを言うんです。このセリフを僕の言葉で言い直すなら「やらないで後悔するより、やって後悔しようぜ!」(笑)。たとえ後悔しても、その後に悔しい気持ちが前に進む原動力になると思うんです。とにかく「自分には」と思っている人ほど、前へ踏み出してほしいです。「いつか」と思っている人のもとにチャンスは訪れません。待っていても大丈夫なことって宝くじぐらい。自分の未来のために、まずはその一歩を踏んでみてください。ただ、やるならば怠けるのではなく、ちゃんとやることが必須。自分の未来のために真剣に向き合うことは大切ですからね。

Information

劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』
2021年10月30日(土)公開

原作・ストーリー原案:川原 礫(「電撃文庫」刊)
原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec
監督:河野亜矢子
キャラクターデザイン・総作画監督:戸谷賢都
アクションディレクター・モンスターデザイン:甲斐泰之
サブキャラクターデザイン:秋月 彩・石川智美・渡邊敬介
プロップデザイン:東島久志
美術監督:伊藤友沙
美術設定:平澤晃弘
色彩設計:中野尚美
撮影監督:大島由貴
CGディレクター:織田健吾・中島 宏
2Dワークス:宮原洋平・関 香織
編集:廣瀬清志
音楽:梶浦由記
音響監督:岩浪美和
音響効果:小山恭正
音響制作:ソニルード
プロデュース:EGG FIRM・ストレートエッジ
制作:A-1 Pictures
配給:アニプレックス
製作:SAO-P Project

【CAST】
キリト:松岡禎丞
アスナ / 結城明日奈:戸松 遥
ミト / 兎沢深澄:水瀬いのり
クライン:平田広明
エギル:安元洋貴
シリカ:日高里菜
ディアベル:檜山修之
キバオウ:関 智一
茅場晶彦:山寺宏一

【音楽】
「往け」 LiSA(SACRA MUSIC)
作詞:LiSA /作曲:Ayase /編曲:江口 亮

©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project

あの日、《ナーヴギア》を偶然被ってしまった《結城明日奈》は、本来ネットゲームとは無縁に生きる中学三年生の少女だった。ゲームマスターは告げた。《これはゲームであっても遊びではない。》ゲームの中での死は、そのまま現実の死につながっている。それを聞いた全プレイヤーが混乱し、ゲーム内は阿鼻叫喚が渦巻いた。そのうちの一人であったアスナだが、彼女は世界のルールも分からないまま頂の見えない鋼鉄の浮遊城《アインクラッド》の攻略へと踏み出す。死と隣り合わせの世界を生き抜く中で、アスナに訪れる運命的な《出会い》。そして、《別れ》――。《目の前の現実》に翻弄されるが、懸命に戦う彼女の前に現れたのは、孤高の剣士・キリトだった――。

公式サイト

松岡禎丞(まつおか よしつぐ)

声優

1986年9月17日生まれ。北海道帯広市出身。高校卒業後、日本ナレーション演技研究所に入所。2009年にアイムエンタープライズのオーディションに合格。同年『東のエデン』のAKX20000役でデビューを果たす。2011年、『神様のメモ帳』の藤島鳴海役で初主演を果し、第6回声優アワード新人男優賞受賞。2012年に『ソードアート・オンライン』のキリト役に抜擢。以後、『鬼滅の刃』嘴平伊之助役、『呪術廻戦』究極メカ丸役、『食戟のソーマ』幸平創真役、『五等分の花嫁』上杉風太郎役など、数々の作品への出演に加え、ラジオ「松岡ハンバーグ」パーソナリティ、テレビ・CMのナレーションと幅広く活躍中。2016年には第10回声優アワードで主演男優賞を受賞。

Photographer:Hirokazu Nishimura,Interviewer:Syunsuke Taguchi