ガチでお笑い好きが集結した白熱の会場

TBSラジオ系列で放送されている『マイナビLaughter Night』は、オーディション形式で新世代のスターを発掘するお笑い番組。月間チャンピオンが集まって年間チャンピオンを決める「チャンピオンLIVE」も今年で7回目を迎える。

これまでの歴代優勝者は第1回(2015年)がニューヨーク、第2回(2016年)と第3回(2017年)が空気階段、第4回(2018年)がやさしいズ、第5回(2019年)が真空ジェシカ、第6回(2020年)がオズワルド。

第2回と第3回の優勝者・空気階段は、先日の『キング・オブ・コント2021』で優勝したこともあって、大会の注目度は上がり続けている。この日もVTRで空気階段が登場し、マイナビLaughter Nightへの思いを語った。

今回、参戦したのは出演順に、演芸おんせん、TCクラクション、そいつどいつ、キュウ、スーパーニュウニュウ、サスペンダーズ、金の国、令和ロマン、ナイチンゲールダンス、ママタルト、シシガシラの11組。

ゲストMCを務めたのは南海キャンディーズ・山里亮太。進行はTBS アナウンサーの若林有子。山里はステージに登場したシシガシラ・脇田浩幸やママタルト・大鶴肥満を引き合いに出しながら「今日ここに来てくれたのは芸人を顔で選んでいるのではなく、ガチでお笑いが好きな人たち」と話した。

トップバッターに立ったのは演芸おんせん。2人による息の合ったテンポのいい漫才で幕を開けた本戦は、5分間の持ち時間の中でそれぞれが存分に持ち味を発揮。コロナ禍で「お笑いライブなのに歓声が上げられない」という逆風をものともせず、会場のボルテージを上げていく。「不安定な人ばかりで最高!」とMCの山里が叫んだように、キュウやスーパーニュウニュウなどのシュールなネタが受けたのも本大会の特徴だった。