Contents

モデル活動を始めた頃は遊び感覚だった

――9月4日に開催されたTGC(「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション 2021 AUTUMN/WINTER」)にみちょぱさんも出演されました。今回もオンライン開催でしたが、どんな印象を持ちましたか?

みちょぱ オンライン開催になって4回目ですけど、すごくバージョンアップしていますよね。控室にいたとき、配信をリアルタイムで見ていたんですけど、CGやXRを使ったファッションショーもあって、「ここまできたか!」って驚きました。もちろん早くお客さんを入れてやりたいですけど、オンラインでここまでできちゃうのはすごいですよね。

――そもそもファッションにはいつ頃から興味を持ちましたか?

みちょぱ 小学3〜4年生ぐらいかな。小さい頃から可愛い洋服を見つけたら、親に「これ買って」とか言ってましたけど、「こういうのが着たい!」という自分の価値観みたいなのが定まったのはそれぐらいだと思います。

――周りの友達よりもファッションに興味を持つのが早かったですか?

みちょぱ そうですね。ファッションもそうですけど、メイクを始めたのも早くて。小学5年生の時にはギャルに憧れてメイクをしていました。

――ギャルのどういう部分に惹かれたんですか?

みちょぱ 友達のお姉ちゃんがギャルで。その時は白肌が流行っていたので、白肌に金髪で目元真っ黒、みたいな。その友達の家に行ったら、お姉ちゃんがギャルの友達と集まってワチャワチャ騒いでいたり、音楽を聴いたりしていて楽しそうなんですよ。あとお姉ちゃんの部屋の、扉の隙間からチラッと見えるゼブラ柄の布団カバーだったり、香水の匂いだったりが大人に見えて、すごく刺激的でした。

――みちょぱさん自身、中学3年生のときに渋谷を拠点にギャルサーを設立されますが、何かきっかけはあったんですか?

みちょぱ たまたま地元の先輩でギャルサーに入っている人がいて、「妹分サークルを作りたい」って相談を受けて、「じゃあ一緒にやろう」とやり始めました。そのときに総代表を務めたんです。

――人をまとめるのは得意なほうだったんですか?

みちょぱ 妹分サークルを作ろうと言った先輩から、「お前がやれ」と言われて始めたんですけど、もともと体育祭とかでも引っ張る側のタイプだったので、そこは苦じゃなかったですね。もちろん大変な部分も多かったですけど。

――同じ時期に読モとして『Popteen』にも出るようになります。

みちょぱ ギャルサーに入って2、3カ月ぐらいで、知人を通じて『JC Popteen』(※『Popteen』の別冊)の撮影に呼ばれて、それをきっかけにギャルサーは辞めちゃいました。

――もともとモデルに憧れはありましたか?

みちょぱ 目立ちたがり屋だったのでファッション誌に載れたらラッキーって気持ちはありましたけど、自分から応募したりは一切なかったです。ギャルサー時代、スナップで何度か掲載されたこともありましたが、あくまで見る側で、モデルになるなんて考えたこともなかったです。『JC Popteen』に呼ばれた時も最初は同じような感覚で、中学生だとバイトもできないので、お小遣いみたいな感じでギャラがもらえたし、遊び感覚でやっていました。

――読モ時代から、読者人気は高かったですよね。

みちょぱ 初めて『JC Popteen』に出た半年後ぐらいに、本誌のほうで私を含めて女子中学生6人の連載企画が始まって。それまで『Popteen』ではやっていなかった、アンケートの人気記事を誌面に載せるようになりました。それで、いつも1位2位を争っているうちに、Twitterのフォロワー数がどんどん増えていきました。

母親の何気ない一言がきっかけでモデルの仕事に目覚めた

――最初は遊び感覚と仰っていましたが、いつ頃からプロ意識が芽生えたのでしょうか。

みちょぱ 中学3年生の夏前ぐらいに初めて『JC Popteen』に出たんですが、3カ月ぐらいで辞めたくなっちゃったんです。普通に友達と遊びたいって思って。それで、撮影をバックレたりとか、めちゃくちゃやってたんです。大人になってから、当時の編集部の人としゃべると「ホント嫌いだった」って言われるぐらい生意気で、自由でした(笑)。

――今のみちょぱさんからは想像もつかないですね。

みちょぱ 当たり前なんですけど、そんな感じだったので段々と撮影に呼ばれなくなって。このまま終わりかなと思っていた時に母親から「また3カ月坊主で辞めたんだ」って言われたんです。それまで部活や習い事も3カ月で辞めることが多くて、そう言われてもしょうがないんですけど、そのときは自分の中でカチンときて、それで逆にスイッチが入りました。

――お母さんの何気ない一言が発火点になったんですね。

みちょぱ それまではカメラマンさんにポージングの指示をされても、「素人なんだから分かるはずないじゃん!」って内心キレていたんです。でもガチで仕事をするようになってからは、ちゃんと指示にも従うし、先輩が撮影をしていたら参考のために見るし、他の雑誌もチェックするようになりました。私服企画もあるので、これまで以上に私服にもこだわって。そうするうちに周りの目が変わって、自分の意識も変わって、ファンの方も増えていきました。それが嬉しくて、「もっともっと!」って頑張るようになりました。

――短期間でみちょぱさんの意識が変化して、編集部も驚いたでしょうね。

みちょぱ そんな私を見て、編集部員の人も、いろいろアドバイスをくれるようになりましたし、良かった時は褒めてくれて、距離が近くなりました。2014年には専属モデルになって、より一緒に『Popteen』を作り上げていこうという意識が強くなりました。イベントでファンと交流する機会も増えて、2015年1月号で初めて単独表紙をやらせてもらいました。

――ギャルサーで総代表を務めた経験は、仕事にも活きていますか?

みちょぱ 『Popteen』でモデルを始めた当初は最年少だったんですけど、どんどん先輩になって年下の後輩モデルが増えて。『Popteen』自体もモデルの年齢層が下がって、中学1年生の子もいたんです。ギャルサーで学んできたことが活かせて、後輩とも仲良くなれたのかなと思います。今でも連絡をくれる後輩がたくさんいるので嬉しいです。

――下の世代と接することは得意だったんですか?

みちょぱ ギャルサーに入るまでは、先輩とばかり行動していたので、最初は後輩との接し方が分からなかったです。変に気を遣わず、思うがままにしゃべりかけたら、寄ってきてくれる子が多かったんですよ。見た目的に怖いって思われがちなので、私のほうからしゃべりかけるだけで心を開いてくれるんです。ギャルサーでは後輩と仲良くしつつも、ちゃんと怒るところは怒って。それで上手く関係が作れたので、後輩と絡む勉強になりました。

――見た目と接したときのギャップは大事ですよね。

みちょぱ そのために、この見た目にしている訳じゃないですけど(笑)。お箸を正しく持てたり、普通に敬語を使ったりするだけで、「すごい」って言われるんです。最初がマイナスから入るんで、普通の人と同じことをするだけで、どんどんプラスになっていく。もし普通にできなくても、「見た目通りだな」ってマイナスにはならないんですよ。ギャップ得です!

めちゃくちゃ面倒くさがりで、めちゃくちゃポジティブ人間

――高校時代から仕事に軸足を置いていたんですか?

みちょぱ そうですね。もともと学校があまり好きじゃなかったんです。団体行動は嫌いじゃないんですけど、校則みたいなルールがあると無理になっちゃうというか。そういうのが全然ダメで、好きなことをやらせてくれ!みたいな。だからこそ仕事のほうに力を入れられるのが楽しかったし、なおかつ正当に学校を休む理由にもなりました。

――高校時代からバラエティー番組でも活躍されています。

みちょぱ モデルを始めた時と一緒で、バラエティーも積極的にやりたいって気持ちはなかったんです。ちょうど藤田ニコルがおバカキャラでブレイクし始めたぐらいの時期で、それを近くで見ていて、めちゃくちゃ忙しそうで大変そうだなと思っていました。私も勉強はできないし、バカなんですけど、それはバレないほうがいいなと思っていて。ニコルはそういう系で行ったけど、私はいいやみたいな気持ちもあって、余計にバラエティーに積極的ではなかったんです。だから私の場合、急にバラエティーにたくさん出てブレイクした訳ではなく、気づいたらいるみたいな感じでした。

――バラエティーもモデル同様、結果が出たことで、どんどんのめり込んでいったのでしょうか?

みちょぱ そうかもしれないですね。最初の頃は、そこそこ受け答えはできているけど、面白いことは特に何も言ってなくて、とりあえず場をこなしているだけみたいな感じでした。ただ、どの番組がきっかけかは分からないんですけど、徐々にバラエティーに呼んでもらえる機会が増えて、やりがいを感じ始めました。

――みちょぱさんは芸人さんからの信頼も厚いですが、どうやって場の空気を読めるようになったんですか?

みちょぱ 「慣れ」なのかな。いっぱい場数を踏んでいると、こういう時はこうしたらいいんだというのが自然と身についてくるんです。いまだに正解は分からないですけどね。ただ、今の時代、芸人さんとまでは言わないけど、それに近いものは女性タレントさんも求められるじゃないですか。ニコニコ笑っているだけでは呼ばれなくなるし。かといって私は指示通りに動きたくなくて、自由にやらせて欲しいタイプなので、自分のリアルのままやっています。無理していないからこそ、ずっと楽しくやっていけてるのは大きいかも。

――スタジオに錚々たる役者さんや芸人さんなどが多数揃っていても緊張しないんですか?

みちょぱ しないですね。楽しもう!という気持ちのほうが強いです。あと私は都合の良い考え方ができるんですよ。たとえば「別に面白いことを言わなくても、芸人さんじゃないからいい」みたいに開き直れるんです。だから、「今日の番組はしゃべれなかったな」と思っても、「ま、いっか」ってポジティブに考えられます。

――バラエティーの最前線にいて、そのポジティブさは素晴らしいですね。

みちょぱ 私はめちゃくちゃ面倒くさがりで、めちゃくちゃポジティブ人間なんです。それが裏目に出ることもあると思いますが、自分ではその性格が好きで。バラエティーで結果を残そうと出演者同士でバチバチするのも面倒だなと思うので、そんなときは全然引きますし、そっちのほうが精神的にも楽です。

自分が嫌なことはストレスを溜めてまでやりたくない

――今年4月から「スッキリ」(日本テレビ)の木曜コメンテーターを務め、その前から「サンデージャポン」(TBSテレビ)でもスタジオコメンテーターとして出演されています。

みちょぱ 「サンジャポ」はお笑い要素が強いのでまだいいんですけど、「スッキリ」に関しては、「しっかりしないと!」っていう気持ちは強いです。加藤(浩次)さんはCM中はいつもの加藤さんなんですけど、本番は緊張感がありますし、ちゃんとニュースを取り扱わなきゃいけないプレッシャーもあります。あの時間帯の視聴者層は、私のファンの子とかじゃなくて、主婦の方がメインなので、下手なことは言えません。発言には気をつけてますね。

――芸能界の仕事一本でやっていこうと決断したのはいつ頃ですか?

みちょぱ 『Popteen』の専属モデルの頃くらいです。モデルの仕事でちゃんと生活もできるようになっていたので、仕事への意識は強かったです。ただ、今でも、もし呼ばれなくなったら呼ばれなくなったで、新しいことを始めようぐらいの感覚なんです。もちろん自分なりの努力はしていますけど、ずっとこのままのポジションでいられるかなんて誰にも分からないし、ストレスを溜めてまで自分が嫌なことはやりたくないんですよね。

――現在、新たに挑戦したいことはありますか?

みちょぱ 「子どもが欲しい」「ママになりたい」みたいな人生設計はありますけど、仕事としては特にこれをやりたいみたいなのはないです。たとえば過去に『Popteen』で今年の目標を3つ挙げてくださいみたいなアンケートがあって、「自分に合うカラコンが欲しい」と思っていたから、それを書いたら周りが応援してくれて。「カラコンを作るんだったら、つけまも作りましょう」みたいな感じで、どんどん私プロデュースの話が進んでいったんです。そういう感じで、今の気持ちを大切にして動きたいので、あまり今後の目標は立てないんです。ただ、やりたくない仕事はあって、女優は絶対にやりたくないんです。

――どうしてですか?

みちょぱ 単純に苦手だから(笑)。でも、もしかしたら5年後ぐらいにやりたいって思うかもしれないし、その時々の感情を優先したいです。

――最後に、進路について考えているティーン読者にメッセージをお願いします。

みちょぱ 「将来の夢がなくて悩んでいます」って子は私の周りにもけっこういるし、ちょいちょい相談も来たりします。でも、そんなにすぐ決めなくてもいいんじゃない?って思うんです。とりあえず大学に行けば、そこで何かやりたいことが見つかるかもしれないし、見つからなかったら方向性を変えればいいし。お金や時間はかかるかもしれないけど、あんまり無理してやりたいことを探して欲しくない!やっぱり好きなことをやっていたほうがストレスも溜まらないですからね。

池田美優

モデル

1998年10月30日生まれ。静岡県出身。2014年~2018年まで『Popteen』の専属モデルを務め、10代の女性から絶大な支持を集める。「TOKYO GIRLS COLLECTION」や「Girls Award」など多数のファッションショーに出演。バラエティー番組を始め、幅広く活躍。レギュラーに「突然ですが占ってもいいですか?」(フジテレビ)、「スッキリ」(日本テレビ/木曜コメンテーター)、「#みちょパラ」(ニッポン放送)。

Photographer:GENKI(IIZUMI OFFICE),Interviewer:Takahiro Iguchi, Stylist:EVI FUJII, Hair&Make:AI ICHIOKA

<衣装協力>
レザーライダース:¥225,500/DIESEL
ワンピース:¥46,200/DIESEL
ロングブーツ:¥24,200/YELLO
ピアス:¥4,920/マチルダローズ

シャツ:¥8,800/Ungrid
デニムサロペット:¥31,900/DOUBLE STANDARD CLOTHING
ピアス:¥3,700/マチルダローズ
ブーツ:¥22,000/YELLO

問い合わせ先
DIESEL JAPAN:0120-55-1978
YELLO:03-6804-8415
マチルダローズ:https://www.matildarose-online.com/
Ungrid:03-5447-6531
DOUBLE STANDARD CLOTHING:03-5413-4141