疑問を投げかけファンと一緒に考える独自のコミュニケーション

イトー・ムセンシティ部、ネオ・トゥリーズ、チャントモンキー、トギーの4名からなるBiS。ご存知の通り、BiSというグループの歴史は長い。

第1期BiSが結成されたのは2010年11月のこと。数々の破天荒なエピソードを残し、第1期BiSは2014年7月に解散。第2期BiSは、2016年7月に再始動し2019年5月に解散、同年6月から現在の第3期BiSがスタート。

2021年は1月から2月にかけての全国ツアー「KiLLiNG IDOLS TOUR」、6月から9月にかけての全国ツアー「ENDLESS SUMMER BiS TOUR」を開催。7月末には、延期となっていた東北ツアー「ARABAKI×BiS GIP! -GREAT iDOL PURiTANS-」を開催し、ヒダカトオル(THE STARBEMS)、津田紀昭(KEMURI、THE REDEMPTION)、RONZI(BRAHMAN、OAU)という豪華メンバーを迎え「BiS with ARABAKI 20th CENTURY STUPiD BOYS」として出演した。

攻めの姿勢で前進するBiSにとって、グループ最大規模の中野サンプラザワンマンは、約2年間に渡って4人で走り続けてきたBiSのひとつの集大成的なライブとなる。

開演前に、この日37歳の誕生日をむかえたWACK代表取締役でBiSマネージャーの渡辺淳之介がステージで挨拶。「誕生日とかどうでもいいんですが、今日だけはすごくすごく特別な記念の日になるんだなって思ってます。初めての中野サンプラザ、フルキャパでのワンマンライブ、2000人の研究員(※BiSファンの呼称)!今日2021年10月23日が、BiSが武道館に近づく第一歩、記念すべき日になりました。この2000人の研究員とBiSとで、絶対に忘れられない日にすることをBiS一同約束します!」と声を上げ、満員の研究員から拍手が起こった。

今回のライブは、タイトルに「BiS STiLL STONE AGE」とあるように石器時代がコンセプト。オープニング映像が流れ、会場は紀元前3万年にタイムスリップ。「ウオー!!」という雄叫びとともに原始人テイストの衣装の4人が石の壁をぶち破りステージに登場し、キャッチーなパンクチューン「LET’S GO どうも」でライブがスタートする。

メンバーは、広いステージを大きく使って、研究員に力いっぱいの歌とダンスを届けていく。研究員は、ペンライトやハンドクラップでメンバーのパワーに応えた。疾走感溢れる「STUPiD」で組体操のタワーが中野サンプラザに建立され、ハードな「FOR ME」で会場のテンションは強烈な熱気となった。

「初めまして、私たち新生アイドル研究会BiSです!!」と声を上げたメンバーは、自己紹介から「よろしくお願いします!!」と生声で挨拶。すぐさまライブに戻ると、英詞のピアノロックナンバー「HiDE iN SEW」を披露する。爽やかなメロディで今を生きる思いを訴える「I ain’t weak maybe..」、スクリームが炸裂するスカコアチューン「DESTROY」と、次々と楽曲を披露していく。

「COLD CAKE」では、繊細なメロディで怒りや迷いを語るように吐き出し、サビで一気に高速ビートに乗って前向きな思いを爆発させる。緩急をつけた4人の歌は、観客の心をがっしりと掴んだ。

そして、メロディックパンクチューン「BASKET BOX」をドロップ。善と悪が交錯する世の中へのフラストレーションを、4人は渾身のボーカルで訴えた。ライブで楽しく盛り上がるだけでなく、疑問を投げかけファンと一緒に考えるというコミュニケーションは、BiSと研究員の絆をさらに深める要因になっているように思えた。