撮影から3年を経ての公開に感無量

EXILE NAOTOが長編映画単独初主演を飾った話題の映画『DANCING MARY ダンシング・マリー』。解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリー(坂東希)の霊から、「恋人のジョニー(吉村界人)を探してほしい」と頼まれた、しがない市役所職員の藤本研二(EXILE NAOTO)と霊能力を持つ女子高生の麻田雪子(山田愛奈)。2人の恋を成就させるために時空を超えて奮闘するストーリーだ。

脚本・編集もSABU監督が手掛けた本作は、スペインの「シッチェス・カタロニア国際映画祭2019」でワールドプレミア上映が行われた。その後、世界の数々の映画祭で上映されて賞にも輝き、撮影から3年を経て、ようやく日本での初上映にこぎつけた。

この日は会場となる東京・ヒューマントラストシネマ渋谷で、EXILE NAOTO、共演の山田愛奈、石橋凌、SABU監督が完成披露上映前に登壇した。

本作のエグゼクティブプロデューサーでもあるEXILE NAOTOは、「この映画の情報が解禁されて公開に至るまで、かなりの時間が空いてしまいましたけど、やっとここにたどり着くことができました」と喜びを噛みしめ、「ありがたいことに、海外の映画祭に出品させてもらって、賞を受賞させていただいたり、皆さんの期待をあおるような情報はあったんですけど、やっと今日、初めて披露できるということで、長くお待たせいたしました」と挨拶。

山田は「3年という長い月日が経ったので、私も今こうしてこの場に立って、会場に来てくださった皆さん一人ひとりの顔を見て、やっと日本でも上映されるんだなという実感が徐々に湧いてきました」と声を弾ませると、EXILE NAOTOが「撮影当時19歳だった山田愛奈さんが23歳になりました。久々に会ったら大人になってました」と月日の流れを表す。

これを受けて石橋も「当時60……」と年齢から話に入りつつ言い淀み、客席の笑いを呼ぶと、すかさずEXILE NAOTOが、「石橋さん、お変わりないです!」とフォロー。

石橋はあらためて、「3年間という時間が過ぎましたけども、コロナ禍で悶々としてきた時期にポルトガルや、ブラジル、イタリアの映画祭で続いて受賞したことを聞きまして、それが非常に自分にとっても力強い励みになりました。SABU監督が映画の本質にこだわって、海外をいつも意識して物作りをされている賜物だと思います」と感慨深げに語った。

3年前の撮影で心に残っているエピソードについて、EXILE NAOTOは「初主演映画ということで緊張感と、しっかりと務めなきゃなという責任感など、いろんな思いが混じって撮影に入らせていただき、監督に身を委ねました。印象的だったのは、北九州で撮影が始まって2日目くらいですかね、けっこう長いセリフを喋るシーンがあったんです。それが終わった瞬間に、監督が『僕の思っていた役のイメージとぴったりだ』と言っていただいたことを糧に頑張れました」と、SABU監督に感謝を述べた。