満場の拍手に主演のムロツヨシが感無量

公開して1カ月が経ったムロツヨシ主演の映画『マイ・ダディ』。映画のヒットを受けて10月23日に、池袋HUMAXシネマズで舞台挨拶が行われた。

司会進行は本作の出演者でもある永野宗典で、ムロたっての願いで引き受けたという。永野に紹介される形で、ムロツヨシ、毎熊克哉、奈緒、金井純一監督が登壇し、満場の拍手で迎えられた。

まずは本作のストーリーを紹介する。最愛の妻を亡くした牧師・御堂一男。アルバイトをしながら娘のひかりを男手ひとつで育てていたある日、ひかりが白血病と診断されてしまう。しかし、一男はドナーとしての適合性がなかった。さらに、ひかりが実の娘ではないという事実が判明する。一男は、激しく葛藤しながらも、娘を救うために彼女の実の父親を探し出すことを決意する──。

愛する娘を救おうと奔走する、お人好しで誠実な主人公の一男を演じるのは、今年45歳を迎えたムロツヨシ。意外にもこれが映画初主演作となる。

娘・ひかり役は第8回「東宝シンデレラ」オーディションのファイナリストである新星・中田乃愛。一男の妻であり、ひかりの母・江津子役には奈緒。さらに、毎熊克哉、臼田あさ美、永野宗典、「平成ノブシコブシ」の徳井健太、小栗旬、光石研ら個性豊かな俳優陣も集結。

監督および共同脚本を務めたのは、『ゆるせない、逢いたい』『さよならケーキとふしぎなランプ』などを手掛けた金井純一監督だ。

9月の公開初日の舞台挨拶は、観客を半分に減らしておこなわれたが、今回は感染対策を施したうえで満席での開催だ。

この光景に感動しきりのムロは、「泣きそう!」と喜びを隠せない。そして「皆さん劇場に足を運んでくださって本当にありがとうございます。感無量でございます!」と挨拶。

奈緒は「公開から1カ月、またこうやって皆さんのお顔を見ることができて、そして今回は満席をいただいて本当に嬉しく思っています」と声を弾ませる。

メジャーデビューを夢見るストリートミュージシャン・ヒロ役の毎熊克哉は「こういう満席の状態で喋るのは久しぶりで……」と、嬉しさで言葉が続かない。

金井監督は、かつてこの池袋HUMAXシネマズで映写のアルバイトをしていたことを打ち明け、「ヒューマックスでも一番広い場所を満席にするというのは大変なことなので、とても嬉しいです。いつもあっち側(映写室)から見ていたんですけど、まさか舞台で皆さんの前に立てるとは思っておらず、ここで泣いたらニュースとして取り上げてもらえるかなと思ったんてすが、緊張して涙が出てこなくて」と会場の笑いを誘う。

ムロは感慨深げに「この作品は、監督が見た夢がきっかけでストーリーができて脚本を書いて、でも(コロナ禍で)クランクインが伸びて、去年の12月に完成して、今年の9月23日に公開できました。で、その1カ月後に、この作品を産んだ監督に満席を見せられた。監督、おめでとうございます」と祝福。場内が拍手に包まれる中、ムロは「過去の自分があそこ(映写室)から見てますよ」と監督を讃えた。

これを受けて金井監督は、「もうちょっとで泣けそうです」と微笑み、「映画って大変なことが多いんですけど、続けてきたよかったと思っているし、夢が叶うということを経験できて、一生忘れません。ありがとうございます」とお辞儀で応えた。