現代音楽のリスペクトに溢れた新しい青春映画

「10万分の1秒の音響映画祭」はその名の通り、映画にとって要である〈音〉にこだわり、音響専門家が10万分の1秒単位まで徹底的に調整を重ねた映画祭。スピーカーの位置関係によって生じる僅かな音のズレを極限まで解消し、滲みのない真の音響体験を堪能できるのがウリだ。

本映画祭では邦画、洋画、ジャパンアニメなど、様々なジャンルの作品がラインナップされており、オープニング作品として音楽をテーマにした話題の映画『ミュジコフィリア』がプレミア上映された。

舞台挨拶の模様をお伝えする前に、映画『ミュジコフィリア』について紹介する。原作は、『漫画アクション』(双葉社)に2011年から2012年にかけて連載された漫画。作者のさそうあきらは、文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を2度も受賞した実績を誇り、本作はさそうによる音楽への深い愛情と造詣に裏打ちされた〈音楽シリーズ三部作〉の完結作として現在も高い人気を誇る。

主人公の漆原朔は京都の芸術大学に通う学生だが、実は高名な作曲家である貴志野龍を父に持ち、若き天才作曲家として注目を集める大学院生、大成とは異母兄弟という関係だった。

天性の音楽の才能を持ちながらも、父と兄のコンプレックスから音楽に対して憎しみを抱いて生きていた朔だが、ひょんなことから「現代音楽研究会」に巻き込まれてしまう。

同じく天性と言える音感を持つ新入生の浪花凪をはじめ、様々な個性豊かな人物たちとの出会いを経て、朔は音楽と人生に正面から向き合い始める。そして現代音楽の世界に身を投じ、自分の音楽を創り上げていくのだが――。

まさに「10万分の1秒の音響映画祭」のオープニングを飾るのに相応しい、音楽をテーマにした作品。原作・映画と共に現代音楽のリスペクトに溢れており、豊かな音楽世界を楽しめる仕掛けとなっている。

さらに映画化にあたり、京都市の全面協力によってオール京都ロケが敢行された。

本作は重要文化財である泉湧寺に初めてカメラが入るなど、京都ならではの貴重な撮影を実現させた一方で、いま現在の「等身大の京都」を描くことにも力点を置いた、今までになかった新しい青春映画だ。

脚本・プロデュースは『太秦ライムライト』(14年)で知られ、実際に京都大学在学中にミュージカル劇団を旗揚げした大野裕之。

監督は映画『時をかける少女』(10年)、ドラマ『人質の朗読会』(14年)で知られ、京都出身の谷口正晃。