近況報告でプライベートが垣間見えたメンバーたち

客席へ手を振りながらステージへ登場した愛来、市川優月、小島はな、鈴木萌花は元気よくタイトルコール。第三回公演はコロナ禍の影響で何度か延期されていて、7月以来で約3ヶ月ぶりの開催となり、メンバーは「久しぶり」としみじみ話す。

MCの山本昇から近況を聞かれた小島は「ツイッターでも書いたんですけど…」と前置きしつつ「昨日、間違えて歯磨き粉じゃなくて洗顔フォームで歯を洗ってしまいました」と報告。すると市川が「あるあるなのは一万歩譲って分かるとして」「深夜に寝てるときに電話かけてくる」と暴露し、小島は「すみません。迷惑かけて」と苦笑いしながら返した。

鈴木は「最近、脱ママ化を目指してます」と吐露。「『自分でやる!』ととにかくママに言って、何でもかんでも自分でやるのを目指してます」と話すと、小島が「19歳が言うこと?」とツッコミ。愛来は「家族にご飯をごちそうできました」と語り、感染症対策のため声の出せない客席からは大きな拍手が上がった。

本編が開始すると「今朝も上野公園界隈を走ってまいりました」とマラソンランナーでタレントの谷川真理が登場。1994年のパリ国際マラソン出場の経歴が紹介され「みなさんまだ生まれてなかった」と谷川が話すと、「一番はやくても2002年生まれですから」と愛来が返す。

谷川からのお題は「ライブパフォーマンスを落とさず 最後まで駆け抜けろ! 現代アイドル スタミナUP術!!」。長時間のライブステージでは「スタミナが必須」とあり、スタミナの正体に迫り、息切れすることない体力をつけようとする趣旨でイベントは進行した。

2020年末に行われた「アメフラっシ大感謝祭」で60分間ノンストップライブを敢行したことを振り返り「本当に辛かった」と語ったのは市川。メンバーの中でも最もスタミナがない愛来は、「本当スタミナなくて。熱さにも弱いし、すぐ息切れするし。苦労しています」とつぶやいた。