昔からアニメを観てきたので初声優も違和感なく素直にできた

――声優初挑戦ですが、出演が決まった時はどう思いましたか?

工藤 もともとアニメや漫画が大好きで、小さい頃からずっと見ていました。いつか声の仕事にも挑戦したいと思っていたので、お話をいただいた時は感激しました。初めての体験だったのでやることも新鮮で楽しく、吉浦康裕監督とも細かくいろんなお話をさせていただきました。

――本作は「AI」のシオン(CV:土屋太鳳)を中心に、高校生の友情や絆が描かれていく物語です。

工藤 現実にAIが生み出された理由の一つとして、僕らの生活をよりよくするためということがありますが、シオンはその垣根をちょっと超えているというか、機械と人間が本当に通じ合っている。AIに対して正直、怖いと思うこともあるけど、すべてが怖いわけではなく、そこで生まれるものも大切にしていきたい。そういうことが作品を通して僕の中で響きました。

――工藤さんは劇中でサトミ(CV:福原遥)の幼馴染であるトウマを演じています。このキャラクターに対してはどういった印象を持ちましたか?

工藤 トウマは性格や見た目でいうと、オドオドしているように描かれていますが、芯はしっかりしていて、自分の好きなものに対してはまっすぐです。僕自身はストレートに受け止めることができました。

――ご自身と共通するところもありましたか?

工藤 一つのことにのめり込む性格は似ています。極めないと嫌なタイプなので没頭してしまう傾向があって。そういう部分は共通しているのかなと思いました。

――声優ならではの演技などはありましたか?

工藤 アニメは喋るタイミング、長さが決められています。リップシンクまではいかなくても、抑揚のつけ方や、どこを抑えめに言うのかなど、声で感情を全て表さないといけないので、その難しさはありました。

――実際に声をあてるとき、大切にしていたことはありますか?

工藤 トウマのオドオドした感じや、逆に興奮した時の感情を表すために声を高くしたんです。あとは息の吐き方。息をまっすぐに当てると強い意志が出過ぎてしまうので、少し抜きながら喋ったり、声を震わせてビブラートを利かせたり、そういったことに気をつけながら演じました。