色褪せない思い出は世代を問わず共通している

――映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』の原作は作家・燃え殻氏のデビュー作で、半自伝的小説です。燃え殻氏は1973年生まれと、伊藤さんよりも二回り近く上の世代ですが、原作をどう読みましたか?

伊藤 初々しいウブな感じだったり、色褪せない思い出みたいなものは、世代を問わず共通しているんだろうなと思いました。もちろん時代は違いますが、感覚としては共通するものが多かったです。

――映画で描かれている90年代のカルチャーに馴染みはありましたか?

伊藤 カルチャーとしては全然知らなかったです。ただ巡り巡って、今のオシャレが昔流行ったものだったりもするので、今見ても80年代や90年代は可愛いなと感じるものも多いですし、特に渋谷系や原宿系は奇抜に見えてそれだけじゃない、普遍的な面白さがあります。

――渋谷と原宿が主な舞台ですが、当時の風景や空気が見事に蘇っています。

伊藤 私も幼稚園の頃から原宿のダンススクールに通っていたので、小さい頃から見慣れた街並みでした。大勢の人が見てきた景色が、同じ場所でも違うというのがすごくいいなと思いましたし、歴史を感じました。

――伊藤さんが演じた加藤かおりは、映画や音楽をこよなく愛し、ファッションは時代に流されず自分の世界観をしっかりと持った女性です。伊藤さん自身と共通する部分はありますか?

伊藤 ものや人から受けた影響に対して、素直に感動して動くところは、意外と共通しているのかなと思います。

――主人公とは文通で知り合います。文通は初々しくて、かなり気恥ずかしい内容ですが、似たような経験はありますか?

伊藤 ノートに相合傘を書いてたなとか、ちょっと恥ずかしい過去はあります(笑)。

――かおりは平凡な日々を過ごしながらも、「普通」であることに嫌悪感を示します。

伊藤 私も若い頃は、人と被るのが嫌だというのはありました。特に高校生の頃は、見たことないような洋服屋で服を買ったりしていました。ただ今は普通っていいなって思うんです。普通が嫌という感覚は、若い頃に特有の「ないものねだり」なんだろうなと。