Contents

どんなものにも柔軟に変化できる超特急を表現したアルバム

――待望の4thアルバム『Dance Dance Dance』ですが、新衣装はカイさんがデザインに携わったんですよね。

カイ 今回のアルバムがいろんな国のダンスミュージックを取り入れたものになるので、僕たちが日本からワールドワイドに広がっていくというイメージがありました。だから、和装をベースに生地なども日本らしいものを使い、そこに海外のアイテムや素材、形を取り入れたんです。あとはジャンルレス、ボーダーレスというテーマも含まれていて、様々な種類の曲を取り入れるとともに、性別の壁も乗り越えて、どんなものにも柔軟に変化できる超特急が表現できたらいいなという思いを込めました。

――なぜ、世界のダンスミュージックをコンセプトにしたのでしょうか?

タカシ 今は、世界中で身動きがとりにくい状況が続いていて、気持ちも落ち込んでしまいがちだと思います。僕らにとっても3年ぶりのアルバムということもあり、出すからにはそれなりの意味がないといけない。そこで、僕たちを応援してくださっている8号車(※ファンの愛称)のみんなはもちろん、観て聴いてくれる全世界の人が笑顔になれるような、そんなアルバムにしたいということで、いろんな国の曲を取り入れてみることにしたんです。

――アルバム収録曲として先行配信中の、リリックが日本語と英語、そして韓国語という新曲「같이 가자(カチカジャ)」は、韓国の「1 MILLION DANCE STUDIO」で活動している日本人ダンサーのYUMEKIさんによる振り付けです。

ユーキ 「같이 가자」は、「高校生ダンスプロジェクト」の課題曲になることも決まっていたので、高校生と一緒に踊れるという点と、サビにはキャッチーさを出してもらいたいということは伝えていて。あとは、YUMEKIくんから出てくるエナジーやスタイルをフルに活かしてもらうようお願いしました。

――お話に出た高校生向けダンスプロジェクト「超特急とDance Dance Dance~世界をダンスで笑顔に~」は現在エントリー受付中(※11月10日締め切り)ですが、どういった経緯で開催することになったんですか?

ユーキ コロナ禍でコンテストや発表会がなかなか開催できなくなっている状況は悲しくて、高校生と一緒になって何か楽しいことができないかと考えたんです。ダンスも今は必修科目になっている学校もあると聞いたので、この機会を通じて高校生と一つの作品でつながり、面白い化学反応を起こせたらと思っています。

――本プロジェクトの優勝者は超特急と共演ができるということで、どんな化学反応が起きるか楽しみです。また、先日配信開始した「Добрый день(ドーブリジェン)」はロシア民謡などを取り入れたダンスナンバーとなっており、こちらも超特急の新たな一面を感じさせる楽曲に仕上がっています。

タカシ 「Добрый день」はダンサー4人での楽曲で、僕は参加していないのですが、レコーディングでは多国籍な楽曲を歌いました。必然的にいろんな言語や楽器に短期間で触れたのですが、とはいえ国によってタイプが全く違うので、歌い方や表現の仕方は変えようという意識がありました。超特急は毎回いろんなジャンルの曲を表現するので、その都度変化を起こそうという気持ちは持っているんですけど、今回はちょっと違う感覚もあって。どのようにビートに乗り、いかに音を大切にできるか、そういったことを考えていましたね。

メンバーが冬に必ずすることとは?

――そろそろ本格的な冬に入っていく時期ではありますが、みなさんは冬になると必ずすることはありますか?

ユーキ 鍋!

カイ いいねー、何鍋を食べたい?

ユーキ キムチ鍋かな。

ユーキ

カイ ユーキは辛いのはあんまり得意じゃないけど、キムチならそんなに辛くないもんね。俺は水炊きかな。

タカシ もつ鍋もいいね。

タクヤ このままだとみんな食べ物の話になっちゃうから(笑)。

カイ 僕は毎年1月に、家族で東京ディズニーランドに行くんです。それが今年は行けなかったので、来年こそは行けたらいいなと思っています。

カイ

タクヤ これを読んだカイ推しが、「行けば会える!」って来ちゃうかもよ(笑)。ちなみに1月の何週目くらい?

カイ だいたい3~4週目あたりかな。

タカシ じゃあ、8号車のみんなはそれを参考に(笑)。

――リョウガさんはどうですか?

リョウガ 以前、超特急の主演映画『サイドライン』(15)でお借りした深見神社という場所があって、そこに毎年初詣に行っていたんですけど、今年は行けていなくて。カイと被るんですけど、そこに行きたいって感じですかね。なんか、年齢を重ねるごとに季節に合った楽しみがどんどん薄れているんですよ(笑)。

リョウガ

――「夏だ、海だ!」「冬だ、スノボだ!」というような?

リョウガ そういう感情がどんどん消えていって、ちょっと悩んでいます。小さいころのときめきが錆びてきているので(笑)。

タクヤ 僕は洋服が好きなので、最低でも毎年一着はアウターを買おうと思ってるんです。

リョウガ これが高いんだ(笑)。

カイ 高いし、去年買ったものもまだまだ着られるよね。

タクヤ まだどこ(のブランド)にしようかは決めていないので、何を選ぶのか、未来の自分が楽しみです。

タクヤ

――毎年買われているということは、一年に一着ずつ増えていっているということですか?

タクヤ 友達にあげたりしてます。

リョウガ あれ、もらったことないんだけど?

タクヤ メンバーは友達じゃないんで(笑)。

ユーキ ひどい!(笑)。

タカシ 傷ついた(笑)。

リョウガ 一番あげるべきなのに(笑)。

タクヤ すいません(笑)。でも、服好きの人限定でフリマとかやってみたいなって思ってます。

カイ それ絶対行くよ!

―タカシさんは?

タカシ ムートンブーツを取り出します。

タカシ

リョウガ 確かに履いているイメージはあるけど(笑)。

ユーキ それを履いて山に狩りに行って……。

タカシ 冬はもう狩猟の時期なので(笑)。

――何を狩りに行くんですか(笑)。ちなみにそのブーツは毎年買われるんですか?

タカシ もったいないので、飽きるまでずっと同じものばかり履いてますね。

早く8号車の声が聴けるライブがしたい

――11月23日には、さいたまスーパーアリーナで結成10周年記念ライブが控えています。今回も演出はユーキさんが手がけるんですか?

リョウガ ユーキを中心にこれからですね。

ユーキ 10周年……。

タカシ びっくりしてもうた(笑)。

タクヤ 振り入れが大変です。

タカシ ニューアルバム自体、14曲中13曲が新曲ですからね。

――それと合わせてこれまでの10年間も一日に詰め込むわけですもんね。

ユーキ そうなんですよ。もうボロボロになっちゃう(笑)。

タクヤ でも、このライブを含めてこれから先も、同じセットリストで何日間続いたとしても、お客さんを沸かせられるようなグループになりたいです。大変だからとかじゃなく、基本はそうあるべきだと思います。僕たちも毎回全部を変えようとしているから。

ユーキ サービス精神が旺盛すぎて。

リョウガ 自分で言うなよ(笑)。

タクヤ それが僕たちの良さにもなっているんですけどね。

――10周年記念ライブを終えると、来年から11年目に突入します。超特急にとっては一つ区切りのタイミングでもあると思いますが、これからの目標はありますか?

タクヤ 僕が思っていた10年目はもう(東京)ドームでやっていたんです。なので、15年目までにはドームに立ちたい。

カイ 8号車がこれからも新鮮な気持ちで楽しんだり驚いたりできるよう、僕たちもいろんな面で共有し合っていきたいです。それがこれからのグループにとって一番いいことだと思っています。あとは、もうそろそろ早く8号車の声が聴けるライブがしたいです。

タカシ それと、音楽番組の視聴者じゃなくて出演者になりたい。今もありがたいことに少しずつ出させていただく機会はあるんですけど。

カイ お昼の時間でもいいし、夜のメインじゃなくてもいいんです。とにかく番組に出て、そこでしっかり実績を作る。

タカシ 家でテレビを観ているのはもういいなって思ってきちゃいました。

タクヤ そして2022年の上半期までに(YouTubeの)銀の盾ですね。

タカシ 超チューバー(超特急のYouTubeチャンネル)!

リョウガ 今は3.3万人だ。

ユーキ でも、いけそうな気がする。

タカシ 銀の盾、事務所に飾りたいな。

カイ それまでに達成できなかったら、メンバーが持っているシルバーアクセサリーを溶かして自作します!

タクヤ もらえないなら作っちゃえばいい!(笑)。

ユーキ それ面白そうじゃん!

タカシ 2022年上半期が近づき始めたら、みんなで溶接の免許取り始めるから(笑)。

リョウガ いや、準備するなよ!

タクヤ 逆に登録者数増えなさそうだけど(笑)。

カイ それが観たくてね(笑)。

ユーキ 「クロムハーツ持ってきましたー!」

カイ 「こっちは親の結婚指輪持ってきましたー!」それで「偽銀の盾作りましたー!」って(笑)。

――では、最後にティーンの読者に向けてメッセ―ジをお願いします!

ユーキ これは毎回恒例のじゃないですか?

リョウガ 恒例……ジャンケン?

カイ じゃあ勝った人だな!

タカシ 最初はグー、ジャンケンポイ!

(※ジャンケンの結果、タクヤが4連勝)

タクヤ いいのよ、勝たなくて!

リョウガ 言いたがってたもんね。

カイ こんな勝つ人初めて見た。

タクヤ 僕が学生生活から、今に至るまでを振り返ってみたんですけど、正直そんなに大変な人生を歩んでいなくて。高卒で大学に行かず、そこから仕事に切り替えてからは、何不自由なく生活ができているんです。ただ、超特急を10年やって思うことは、自分の好きなことをやり続けることに意味があることと、周りの人の協力がすごく大きいということ。僕の今があるのは、それこそメンバーはじめ、スタッフや家族が支えてくれたおかげなんです。だから、常日頃それに感謝しつつ思いやりの心を持ちながら、自分のやりたいことを目指していけば、いつか神様がいい方向へと導いてくれるんじゃないかなと思います。

リョウガ その通りだね。

カイ さすが、ジャンケン4連勝の男は違うよ!

Information

ニューアルバム『Dance Dance Dance』
 発売日:2021年11月10日(水)

■初回限定盤(CD+Blu-ray)
品番: ZXRC-2081 / 税込¥7,480(税抜¥6,800)

■通常盤(CD)
品番:ZXRC-2082 / 税込¥3,300(税抜¥3,000)

収録楽曲
같이 가자 / Yodelic Fire / Sonrisa / 荣光 / Добрый день / Magnifique
Chill out@JP / Cead Mile Failte / CARNAVAL / 大大大地 / Holtasoley
Dance Dance Dancing! / Te quiero mucho / You Don’t Care(※通常盤のみ収録)

[初回限定盤収録Blu-ray]
BULLET TRAIN ARENA TOUR 2021 SPRING「Hoopla!」
2021年6月6日ぴあアリーナMM公演収録

公式サイト

超特急

メインダンサー&バックボーカルグループ

2011年12月25日結成、2012年6月10日にシングル『TRAIN』でCDデビュー。12thシングル『超ネバギバDANCE』(2017年4月26日発売)では、オリコンウィークリーランキング&ビルボードTop100で初の1位を獲得。2021年7月配信楽曲「CARNAVAL」が1400万回再生突破。曲ごとにセンターが変わる高いエンタテイメント性、驚きに満ちた自在なダンスフォーメーション、そして<8号車>との一体感溢れるライブパフォーマンスが話題となり、単独公演のチケットは全公演秒速で完売。2021年11月23日(火)、結成10周年記念となるアニバーサリーライブ『BULLET TRAIN 10th Anniversary Super Special Live “DANCE DANCE DANCE”』を、超特急最大規模のさいたまスーパーアリーナ、2021年12月26日(日)大阪城ホールで行うことが決定している。

Photographer:Takaaki Tsukahara,Interviewer:Tetsu Takahashi