メンバーの意外な一面が垣間見えたMV撮影秘話

INIは、今年の春に放送されたサバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』を勝ち抜いた、木村柾哉、高塚大夢、田島将吾、藤牧京介、尾崎匠海、西洸人、松田迅、許豊凡、池崎理人、佐野雄大、後藤威尊という11人のメンバーで結成されたボーイズグループ。

INIには、僕(I)とあなた(I)が繋がる(Network)という意味がある。ファンの名称のMINI(ミニ)には、私(Me)とINIで一緒に思い出を作っていきたいという思いが込められている。

11人のメンバーは、6月13日の結成日から、グループの最初の目標であるCDデビューに向けてたゆまぬ努力を重ねてきた。11月3日は、まさにINIにとって新たな出発地点となる記念日。

生配信イベントの会場にINIが登場すると、「みなさんこんにちは! 僕たちがINIです!」と元気いっぱいに挨拶。MCを務めるリーダーの木村が「今日、11月3日、ついに僕らINIのデビューシングル『A』がリリースされました!」と声を上げる。

「今日は僕らの誕生日と言ってもいいと思いますが、この間、誕生日(10月30日)を迎えたメンバーがいます。僕らのかわいい末っ子猫ちゃん、おめでとう!」と語ると、にこやかに松田が「19歳になりました!個人としてもINIとしてもめちゃくちゃ成長して、世界に通用するグローバルボーイズグループになっていきたいと思います!」と19歳の抱負を口にした。

一人ひとり自己紹介を終えると、木村が「デビューシングル発売日を迎えて、みんなの気持ちはどうですか?」と問う。すると池﨑は、「ドキドキがすごいです。(髙塚)大夢くんと(田島)将吾くんと3人で神社に行って大成功をお祈りしました」と語った。

デビュー日のうれしさと緊張感の中、ここからはデビューシングルにまつわるコーナーに入っていく。

最初は、タイトルの「A」にかけて、「デビューシングルのえぇポイントアピール」のコーナーで、メンバーが我先にとアピール。

「『Rocketeer』のバチバチに揃ったみんなのダンスがえぇんじゃないでしょうか」(西)

「自分のパートの振りがお勧めポイント」(尾崎)、「曲だけじゃなく、DVDも付いていてめちゃくちゃ面白い内容になってます。ぜひ見ていただけたら、僕らを知らない人でも好きになってもらえると思います!」(後藤)

「『Brighter』の僕のパートでは、自分の気持ちをカメラに向けて、みなさんに伝えられるようにがんばったので見てください」(松田)

さらに池﨑は、ノリノリのラップで「激しさ 儚さ 恋心 いろんなジャンルがあるのが『A』のよいところ!」とアピールした。

次はシングルのリード曲「Rocketeer」のMVにまつわるコーナー。

木村が「MVの撮影秘話、ある人いますか?」と聞くと、松田が「『Rocketeer』のMV撮影最終日、僕に事件が起こりました。顔が浮腫みまくってヤバくて、速攻で汗かいて戻しました。原因はたぶんサイダーだと思います」と個人的な事件を発表。

木村は「衣装がキツくて、“ギャラクシー”って振りのときにビリッと破れて、そのせいで撮影を一旦中断して夕食タイムになりました」と笑った。

田島は「ロケットの船内の撮影のときに、髪の毛に赤いキラキラをつけたんです。あれ、髪の毛一本一本にヘアメイクさんが結んでくれたんですよ。でも取るとき大変で、すごく痛かったです」とエピソードを披露した。

続いてポイントダンスのレクチャーコーナーに突入。

ダンスが得意な木村、西、田島が前に出て、西が「Rocketeer」の猪ムーブ、田島が「Brighter」のサビの振りを画面越しのファンに向けてレクチャー。さらに西が「Rocketeer」の印象的なダンスブレイクを、「ホッハッ!で、ボンボン!って感じでやるんです」と擬音を交えながら解説。西に続けて、高塚、松田、許の3人がそれぞれ個性豊かなダンスを見せた。