書くことの難しさ楽しさを感じられた貴重な経験

GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカリスト・片寄涼太が、初めての著書『ラウンドトリップ 往復書簡』を10月29日に発売。それを記念して同日、都内で記者会見が行われた。

本書は、2020年7月から2021年4月にかけて『デイリー新潮』で連載された『片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)×作詞家・小竹正人 往復書簡』をまとめたものだ。

片寄をデビュー前から知る作詞家・小竹正人と、片寄が公私にわたって信頼を寄せる小竹が交わした合計40篇の手紙(書簡)が第1部で、第2部は2人の対談という構成。さらに、撮り下ろしグラビアが16ページあるファン垂涎の内容となっている。

今では戦友のような2人の出会いから現在までの回想があり、日常の発見や、ハマっているものなど、2人が素のままの自身を綴った。

「出版できてとてもうれしい気持ちです。僕自身、知らない自分に出会うことができた1冊です。多くの方に届くことを願っております」と片寄が挨拶し、質疑応答が始まった。

──初めての著書ですが、実際に原稿を書いてみてどうでしたか?

片寄 執筆というのは自身のブログを書く程度で、初挑戦だったのですが、最初は言葉が出てくるまで時間がかかったこともありました。でもだんだん慣れてきて、本を出すことになり、前書きはあっという間に書くことができました。書くことの難しさも感じられましたが、楽しみも感じられるすごく貴重な経験だったかなと思います。

──本書の中で特に気に入っている書簡があれば教えてください。

片寄 うーん、どれかな……。コーヒーを手渡したくなった警備員さんと出会った話は、自分自身がこういうことを思っていたんだなという発見がありました。

以下に片寄が語った書簡の一部を抜粋。

”ある冬の日の午前中に、行きつけのコーヒー屋さんに行きました。

いつものようにその店のバリスタさんがその場でドリップしてくれる、香りの素晴らしいホットドリップコーヒーを買って店を出ました。

コーヒー屋さんを出てふと向かいのビルのほうを見ると、そのビルの前にはひとりの警備員の方が立っていました。

「こんな寒い朝からご苦労さまです!」と心のなかで思うと同時に、「もしいきなりこの警備員さんに、この僕がいま持っているコーヒーを渡したらどうなるんだろう?」とふと思いました。

見ず知らずの人から、買いたてのコーヒーをいきなり渡されたら、自分ならかなり驚くだろう。職務中なので……と言って、受けとらない可能性のほうが高い。

ましてやこのコロナ禍で、見知らぬ人からもらったものを口にするなんてことは、全くもって〝ノーノーマル〟な話です。

ですが、もしかするとこんな小さな思いつきのなかに、新しい時代の価値観のヒントがあるのかもしれないな、なんて思ったのです。”(片寄)